Howdysのすごいルール

 昨日に続き、Howdysすごい会議の2回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 前回はすごい会議で一気にチームワークができあがり、テンションが急上昇した成果を紹介しました。

 そのテンションはいつもの生活に戻ると、シュンっ!とテンションも元に戻ってしまいがち。

 今日はそんな問題をどう解決すべきか?について紹介します。

 そんな問題をすごい会議風に書くとこんな感じになります。

「どのようにしたら、すごい会議で急上昇したモチベーションを、限りなく維持することができるだろうか?」

1.すごい会議がテンションを一気にあげる!

2.Howdysのすごいルール(今日の記事)

3.Howdys CAFEの実践!


問題を問いに変換

 今日のスキーマです。

  • Scheme353:本人の行動を指摘してあがることが相手への思いやり。黙っているのは本当の仲間ではない。

  • すごいOSを使いこなす方法は?


     すごい会議では、パソコンのOSに相当する人のOSを入れ替えて会議を行います。それがすごいOS。

     こんな例があります。あるレンガ職人二人に質問をしました。

    「なにをしているんですか?」

     Aさんが忙しそうに答えました。

    「レンガを積んでいるんです。」

     一方、Bさんはニコニコしてこう答えました。

    「大聖堂を建てているんです。」

     Aさんは目の前の仕事に取り組んであたふたしている状態。見ているものは現在。これが普通のOS。

     Bさんは将来のすばらしい大聖堂をイメージしながら仕事に打ち込んでいます。見ているものは未来。これがすごいOSです。

     すごいOSは性能は高いけど、そのOSを使い続けるためには工夫が必要です。

     普通のOSを持っているひとと普通にコミュニケーションをしていたら元に戻ってしまいます。

     だから、すごいOSを使っている者同士のコミュニケーションを続ける工夫が重要となります。

    すごいルール


     そこでHowdysメンバーでは、今回学んだことを継続するために、「すごいルール」を設けてみました。

    1.限りなく楽しくやる

     すごい会議はチームの雰囲気を活性化させることで、成果を引き出します。なので限りなく楽しくやること。

    2.前置き禁止

     よく、こんな言い回しを聞きませんか?

    「**さんと同じなんだけど・・・。時間がなかったんですけど・・・。」

     これを前置きと呼びます。会議には全く不要なもの。

    3.セルフイメージを落とす発言禁止、あげる発言奨励!

     前置きの中には「遠慮」とか「謙遜」する言葉を使うことが多いと思います。

    「私では頼りないと思いますが・・・。」

     これはすごい会議ではNGです。チームの可能性を小さくしてしまいます。そこで、こんな風に返しましょう。

    「**さんは、誰よりもすばらしいよ!」

    4.相手の発言には必ず反応すること

     相手が発言したあと、みなさんはちゃんと反応していますか?

     「いいねぇ!」とか「すごい!」とか「よ!」とか。反応のない「シーン」は禁止。

    5.お互いのルール違反を指摘すること

     すごい会議を経験した人達は、言えない問題をずばっと言えるメンバーです。指摘してあげることが相手を思いやることになります。それを言わずにそっとしておくのは本当の仲間ではありません。

     このような普段やらない行動をチームメンバーで合意し、ルール化していくと、おのずとすごいOSが身についてきます。

     Howdysのみなさん、今後ともすごいルールを実践していきましょう!

     最後の項目を今日のスキーマとします。

  • Scheme353:本人の行動を指摘してあがることが相手への思いやり。黙っているのは本当の仲間ではない。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    Howdys CAFEの実践! | Home | すごい会議がテンションを一気にあげる!

    コメント

    よいお年を!

    今年一年、大変なことが次から次に起こりました。
    そのあおりを受けた人もたくさんいらっしゃいます。
    来年こそは明るい話がドミノ倒しのように流れていくことを願います。

    よい年をお迎えください。

    夢への道標 太パパ

    2011/12/31 (Sat) 09:48 | 太パパ #- | URL | 編集
    明るい話を流していきましょう!

    太パパさん、コメントありがとうございます。

    2011年は振り返ると、”災”に苦しめられた年でした。

    2012年は私達が明るい話題を提供していきましょう!

    よいお年を。

    2011/12/31 (Sat) 17:23 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する