すごい会議がテンションを一気にあげる!

 みなさん、2011年のお仕事は片付いたでしょうか。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 先日、こんなコンセプトを紹介しました。

  • Try351:CAFEサイクルを実践しよう。Howdys CAFEが楽しく学べる場を提供する。

  •  このチームメンバーで、2011年を締めくくる「すごい会議」を実践してきました。

     そして見えてきた2012年のすばらしいイメージ。

     限られた時間でしたが、参加メンバーの変身ぶりに驚くばかり。

     この写真のテンションを見れば、一目瞭然です。

    すごい会議でテンションアップ


     これから3回シリーズでレポートしてきたいと思います。

    1.すごい会議がテンションを一気にあげる!(今日の記事)

    2.Howdysのすごいルール

    3.Howdys CAFEの実践!


     すでにデザイン思考研究所の大隈さんがレポートを書いてくれています。

  • Design Thinking Lab  デザイン思考研究所

  • Task153:Howdysチームですごい会議を実践する。チームの成果を引き出すのは雰囲気から。11.12.28完了

  • 第3回Howdys Meeting


     今回は3回目となるHowdysメンバーが集うミーティングでした。予定しているアジェンダはけっこうたくさんありました。

    1.すごい会議の実践と戦略的フォーカスの立案

    2.メンバーのクライアントさんのペルソナ検討

    3.ファンタジア・プレゼンワークショップの企画


     メインコンテンツは年明けに予定しているワークショップの企画立案。でも、それを差し置いてもやっておきたいことがありました。

     それが「すごい会議」なんです。

     なぜならば・・・。

     このHowdysメンバーに、すごい会議の手法を取り込んだらきっとすごいことになるんじゃないかと感じたからです。

     私が初めて、見よう見まねで実践したすごい会議の記録がこちらです。

  • Task5:「すごい会議」の実践。08.10.03完了。参加者全員が本気で戦略的フォーカスを実現する。


  • すごい戦略的フォーカスが生まれた!


     「すごい会議」の特徴は、参加メンバーのチームワークを一気に作りだし、お互いのテンションを上げ続けることができるやり方です。

     そのあがり調子で、Howdysチームが2012年の12月に達成する目標作成に突入しました。

    ジーニャス・ボード

     この写真にあるのはチームメンバーの大隈さんが作ってくれた「ジーニャス・ボード」。携帯できるホワイトボードです。この製品化も目標のひとつ。今回、初めて使ってみました。ファシリテーターには必携のツールです。

     そしてできあがった戦略的フォーカスはこれ。

    「私たちは、2012年12月28日までに参加者が120%HAPPYになるHowdys CAFEを実践し、世界にファンタジア ムーブメントを起こす驚異のイノベーターとなる!」

     「世界」です。「驚異」です。

     こんなパワフルな言葉が入って、ものすごい勢いがついてきました。

     私もびっくりです。2012年はすごいムーブメントがやってくるようです。もはや止められません。この勢いは。

     戦略的フォーカスが立案できあと、ファンタジア・プレゼンワークショップの企画を残りの時間で推進。

     残念ながらクライアントさんのペルソナを検討する時間がなくなってしましました。そこでこちらは場所を移して行うことに。

     ちなみにこのすごい会議が終わったあとに、一番テンションがあがりまくっていた大隈さんがこんな一言をもらしてくれました。

    「実は、最初は気分がイマイチ乗ってなかったんですよね。」

     あのテンションの前はそんな気分だったとは。やはりすごい会議はすごかったです。

     次回は、すごい会議の手法を継続させるためのルールについて紹介します。

  • Task153:Howdysチームですごい会議を実践する。チームの成果を引き出すのは雰囲気から。11.12.28完了
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    Howdysのすごいルール | Home | そうか。これが誕生日なのか。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する