ファンタジア・プレゼンワークショップが始まる!

 すでに、タスク宣言をしてきたプロジェクトが形になってきました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

  • Task151:デザイン思考を応用したプレゼンワークショップを開催する。

  •  ちょうど一ヶ月前に企画をスタートしました。

     当時は「デザイン思考をプレゼンワークショップに応用する」というあいまいなイメージしかありませんでした。

     あれから一ヶ月。Howdysメンバーと毎日のようにプレストを繰り返し、新たなワークショップスタイルが見えてきました。

     本日より告知を開始。2012年の望(のぞみ)ワークショップの新たな提案です。

  • ファンタジア・プレゼンWorkshop ~視点を変えるデザイン思考 第2弾

  • Fantasia
    2012年1月8日開催 9:30~17:00@とちぎ福祉プラザ

  • Scheme351:新たなものを創り出す力がファンタジア。それは過去の経験を手放すことで発揮される。

  • ゼロスタートから考える


     今回のワークショップコンテンツを考える上で、今までの経験を活かそうと思っていました。

     全5回実践してきた望(のぞみ)ワークショップ。それらの経験の延長線でスライドを使い回せば、ある程度のコンテンツはすぐに準備が可能です。

     でもなんか違う。

     過去の経験をひきずると、それまでの枠の中でしか変更がききません。

     今までは「プレゼンスキル」の単発的なノウハウをまとめてきました。

     今回は単発的なものではなく「デザイン思考」という軸の上に構成するもの。従来の枠の中で考えても、うまくあてはまりませんでした。

     そこで、まずはリセットしてみようと思いました。

    「今までの経験は一度、手放してみよう!」

     手放すことで、見えてくるものがある。

     それが、今回伝えたいこと。

     キーワードは「ファンタジア」です。

     2012年の新たなチャレンジです。ご期待ください。

     こちらの本からヒントを頂きました。プレゼンとは関係性が低いかもしれませんが、デザイン思考の本質を理解させてくれました。

    フォトリーNo.426

    ペルソナ作って、それからどうするの? ユーザー中心デザインで作るWebサイトペルソナ作って、それからどうするの? ユーザー中心デザインで作るWebサイト
    (2008/05/30)
    棚橋 弘季

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。
  • Scheme351:新たなものを創り出す力がファンタジア。それは過去の経験を手放すことで発揮される。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    そうか。これが誕生日なのか。 | Home | プロジェクト完了間際の決断

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する