「本を読む」ただそれだけのことじゃない

 今日はこちらの本の書評を書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 前回はこんなタイトルですでに紹介させてもらいました。

  • 「本を買う」ただそれだけのことじゃない

  •  そして今回は、その本の中身を紹介していきます。

     そこで、再び「本を読む」ただそれだけのことじゃないんです。と伝えたいんです。

    フォトリーNo.426

    売れっ子講師になる魅せ方・伝え方売れっ子講師になる魅せ方・伝え方
    (2011/12)
    岡村 周一

    商品詳細を見る

     著者、岡村さんのブログではAmazonキャンペーンが紹介されています。この機会に、ぜひ手にとって読んで下さい。

     タイトルには「講師」という言葉が入っていますが、講師をめざす方はもちろん、プレゼン、ブランディングに興味持っている方にはぜひ読んでもらいたいです。

  • 【最高総合25位】売れっ子講師になる魅せ方・伝え方 アマゾンキャンペーンのお知らせ

  •  今日のトライ宣言です。

  • Scheme347:新たな読書体験とは、第三者のストーリーではなく、友人と仲間と自分のストーリーである。

  • 今日のワクワクする出来事


     FaceBookで岡村さんの本のランキングが注目を集めています。私が確認したときは、amazon総合ランキング31位。なんと、その前を走るのは宇宙に衝撃を与えた伝説のイノベーター、スティーブジョブス氏じゃないですか。

    売れっ子講師


     私は発売日に近所の書店に行ったんですが入荷なし。さらにAMAZONで予約注文したのに届いたのは3日たってから。なのに、この健闘ぶりはスゴイです。

     今日は、この本を紹介するつもりだったんですが、それだけではない体験も含めて紹介します。

     岡村さんとはFC2ブログで知り合い、その後、書籍出版という明確な目標を掲げて、アメブロで新たなスタートを切りました。

     あれから2年、岡村さんの活躍はブログレポートを通して、様々な人脈を広げ、様々な人とコラボレーションすることで、ご自分のスキルの幅を広げてきました。その活躍ぶりが本書でも熱く語られています。

     セミナーのバリエーションも多岐に渡っているんですが、その中には「自分ブランドの構築」という太い軸があります。それが、表に出てなくとも伝わるコンテンツを提供できることは、本当のブランド力だと思いました。

     そして、今回の出版という出来事も応援する私達を巻き込んでワクワクするイベントにしてくれました。

     以前岡村さんの書評第一号では、こんなことを書きました。新たな読書体験と。

  • 「Web3.0時代の新しい読書」

  •  第二号である今回は、どんな体験と呼べばいいのか、言葉が見つかりません。

     この本には「あとがき」がありません。

     岡村さんの文章を引用します。

    「自分の想いを最後のページに書くのではなく、サポート頂いた皆様の名前を載せたいという想いからあとがきはカットしました。」

     些細な貢献しかできなかった私の名前も入れていただきました。

     もはや、他人事でなないんです。

     岡村さんという著者の本は、第三者のストーリーではなく、友人と仲間と自分のストーリーであるということを目の当たりにしました。読書だけでなく、その本ができるまで、岡村さんが目標を実現するまで共有するという、今までにない体験でした。

     きっと、応援している仲間はみんなそう感じているはず。

     もし、岡村さんのブログ、多ぁ望のブログで少しでも今までの取り組みを共有している方がいらっしゃいましたら、ぜひ手にとって読んでみてください。

     これから、いろんな出来事が引き寄せられてきます。

     例えば、

    ・雑誌に取り上げられる
    ・TV番組で取り上げられる
    ・岡村さんがメディアに登場する


     そのとき、また、ワクワクするイベントが生まれます。

     その前に、あなたも応援チームになりませんか? あなたも、応援団の気持ちが共有できるはずです。

  • Scheme347:新たな読書体験とは、第三者のストーリーではなく、友人と仲間と自分のストーリーである。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    当事者と第三者の目線、そしてペルソナ目線へ | Home | 望(のぞみ)ワークショップの新たなステップ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する