夢を活用する

 前回「夢」について3回シリーズでお伝えしました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 もう一回、追加したいと思います。それは、

「夢を活用しよう!」

 ってこと。

1.夢と現実の区別とは?

2.夢というメディア

3.夢ノートにチャレンジしよう!

4.夢を活用しよう!(本日の記事)


フォトリーNo.357

夢事典―夢は現在・未来を伝えるあなたへのメッセージ夢事典―夢は現在・未来を伝えるあなたへのメッセージ
(2009/09)
レディラピス

商品詳細を見る

 おお。ついに夢占いに手を出したか?と思わないで下さい。

 夢を記録するならば、それを活用していこう!というお話です。

  • Scheme311:自分の精神状態と向き合うこと。そしてそれを誰かに伝えることで苦境から開放される。

  • ひらめきを引き出すツール


     今まで、いろんなツールに出会い、活用してきました。例えばあなたが、ビジネスにおいて斬新なアイデアを探しているとします。

     あなたはどうやってアイデアやひらめきを引き出しますか?

    1.「自分の頭の中で考える」

     これ最悪です。おそらく何にも出てこないでしょう。自分ひとりの思考なんてそんなもの。

    2.「マインドマップを使う」

     そこでツールを使ってみましょう。マインドマップを使えば、キーワードを残しながら、アイデアを広げていくことができます。そしてブランチが拡がったマインドマップを俯瞰すると、何か大きなひらめきが見えてくると思います。

    3.「対話する」

     次に誰か仲間に協力してもらう場合を考えます。自分の話を聴いてもらえる相手さえいれば、思考の幅はぐんっと拡がります。対話を重ねることで「ひらめき」も誘発されます。

    4.「全脳思考チャートを使う」

     そして4つ目はこれ。独りでもOKですが、仲間とチャートを描いたときのひらめきの連鎖はすごいものがあります。ストーリーを構築して、そこから自分達の行動に落とし込むという斬新なツール。やってみるとその面白さがわかります。

    5.「夢を活用する」

     今回新に発見したツールがこれ。誰もが見ている「夢」。夢を見るだけではもったいない。夢は自分の無意識からのメッセージ。このイメージを活用することで、大きなヒントが見つかるかもしれません。

    夢からメッセージを見つける


     この夢事典を読んで、わかったことがあります。夢には「意味のある夢」と「雑夢」があります。雑夢を取り除き、筋を見いだすことでメッセージが見えてくるとのこと。

     というわけで、「夢の解釈」にチャレンジしてみました。詳細はFaceBookページにて公開しています。

  • 11.07.13 夢ノート(完)

  •  最近、仕事が忙しくて辛い状況が続いています。そんな状況のせいか、夢にも過酷な環境があらわになっています。しかしながら、そんな状況をゆっくりと案内してもらっているという夢。

     夢事典をベースに、解釈してみたところ、こんなメッセージが見えてきました。

    「自分の精神状態と向き合うこと。そしてそれを誰かに伝えることで苦境から開放される。」

     これを本日のスキーマとしたいと思います。

  • Scheme311:自分の精神状態と向き合うこと。そしてそれを誰かに伝えることで苦境から開放される。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    チームが変わる瞬間 ~その2 | Home | アクアマリンふくしまの「きぼう」

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する