瞬発力を磨く

 ブログ書くのが面倒に感じることってありますよね。

 こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。今日は、

新鮮さ+瞬発力

 というキーワードについて書いてみたいと思います。

 これは毎週水曜日に実施している「望(のぞみ)30minutes」というSkype朝会から気づいたことです。

 以前にもブログの書き方についてこんな記事を書きました。

  • Scheme269:ブログとは新鮮な情報を発信するメディア。そのときの感情を伝えることに新鮮さという価値、意味がある。

  •  ブログに限らないんですが、なにか感じたことをすぐに伝えること。これが「新鮮さ」という意味。

     新鮮でないと、そのときの感情が伝わらないんです。先日紹介した「ソーシャル・リーディング」が注目される理由もそこにあります。

  • Try330:ソーシャルリーディングは誰でも実践することが可能。新たな読書スタイルにチャレンジしてみよう。

  •  そして今、朝食を終えて、出勤前のひととき。普段なら新聞読むか、本を読むかという時間。

     ここら15分程度でブログを書いてみようと立ち上がりました。

  • Scheme300:新鮮さを伝えるためには瞬発力が必要である。それを鍛えるためには、今すぐ実践してみること。

  • 新鮮さ


     この「新鮮さ」にたどりついたきっかけはこれでした。

  • 望(のぞみ)30minutes通信「ソーシャルリーディングの新たな形へ」

  •  ソーシャル・リーディングとは、本田直之さんが提案している新たな読書スタイル。読書して感じたこと、気づいたことをすぐに仲間とシェアすること。
     従来はひとつの本について誰かと情報共有するためには読書会などに足を運んだりする必要がありました。

     でも現在はSkypeやFaceBook、ツイッターなどにより、リアルタイムにそれができる時代になっています。

     そして望(のぞみ)30minutesでも実際にチャレンジしてみました。

     本を読んで感じたことは、その後どんどん忘れてしまいます。

     その前に、誰かと「気づき」をシェアすること。ここに新鮮さの価値があるんです。

     新鮮な気づきをシェアした結果、その気づきからさらなるひらめきが出てきます。

    瞬発力


     さて、個人の気づきが得られて、誰かとシェアすることで、さらなるひらめきが生まれたとします。

     これって、すばらしいことですよね。

     そんなひらめきが生まれたらみなさんはどうしますか?

    STEP1「メモする。」

    STEP2「まとめる。」

    STEP3「アウトプットする。」


     おそらく3つのステップがあると思います。まずは記録しましょう。その形式はどのステップでもかまいません。記録しなかったとしたら、そのひらめきはすぐに消えていってしまうかもしれません。

     さらにこんなことを感じるかもしれません。

    「時間があれば、STEP1、2、3とやってみたいんだけど。」

     そしたら自分にこう聞いてみましょう。

    「いつだったら時間が取れるだろうか?」

     きっと、答えは出てこないはず。なぜなら時間は創り出すものだから。待っていても実行できる時間はやってきません。

     そこで提案します。

    瞬発力を発揮しよう!

     今、やってみませんか?

     それは短くてOKなんです。きれいにまとめる必要もありません。

     STEP1のつもりで、2をジャンプして、STEP3を実践する。

     それを繰り返していくと、「瞬発力」が身についてきます。望(のぞみ)30minutesでは30分のSkype会議を実施したあと、すぐにその結果を15分程度でアウトプットしています。

     というわけで、出勤前の20分でブログを書いてみました。それでは行ってきます。

  • Scheme300:新鮮さを伝えるためには瞬発力が必要である。それを鍛えるためには、今すぐ実践してみること。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    マインドマップを実践投入! | Home | 緊急対応「望(のぞみ)オーガナイザー」自動車業界版

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する