読書スタイルを変えていこう!

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。今日は「読書」の話題です。

 「読書」といっても、本の読み方はひとそれぞれ。みなさんの読書スタイルはどんなものでしょうか?

 以前、このブログでも「読書スタイル」を紹介しました。昨年の9月の記事です。

  • Scheme220:My Reading Styleのポイントは、ひらめきをすくいあげて記録すること。

  •  さて、今日はさらに読書スタイルを進化させるための本を紹介します。

    フォトリーNo.339

    リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術
    (2011/04/22)
    本田 直之

    商品詳細を見る

     レバレッジリーディングの本田直之さんの新たな読書スタイルが提案されています。

    リーディング3.0
    多ぁ望Map No.0214

     「活用する読書」としては、すばらしいノウハウが満載です。

  • Try330:ソーシャルリーディングは誰でも実践することが可能。新たな読書スタイルにチャレンジしてみよう。

  • レバレッジリーディング


     06年に発行された本田さんの「レバレッジリーディング」は「読書は投資である」という考え方から、効率的な読書を提案していました。


    レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
    (2006/12/01)
    本田 直之

    商品詳細を見る

  • Task16:自分の読書術バージョンアップ!マインドマップを活用した、新たな手法構築をめざす。

  •  読書のインプットは2割でOK。

     これはフォトリーディングにも通じるところですが、すべてをじっくり読むのは効率的でないという考え方です。私がたどり着いた読書スタイルも、すべて読むことはほとんどしていません。インプットよりも、ひらめき、アイデアをどれだけアウトプットできるか。ここに「活用する読書」の価値があると思います。

    リーディング3.0


     そして本書のタイトルにもなっているリーディング3.0とは、ソーシャルメディアが普及した新たな時代の読書術です。レバレッジリーディングから5年のノウハウが詰まっています。

    リーディング1.0: 個人で読書を楽しむこと

     このレベルではひとりで読書を楽しむだけ。インプットのみ。

    リーディング2.0: アウトプットする読書

     次のレベルでは、ブログなどでインプットしたものを自分なりのアウトプットする読書へ。

    リーディング3.0: リアルタイムシェアによるソーシャルリーディング

     そして次のレベルは物理的、時間的な制約を超えて、リアルタイムに読書のフィードバックをシェアする新たなスタイル。SkypeなどのITツールのおかげで誰もが手軽にできる時代になってきました。

     かつては誰かと同じ本について語ることは読書会などへ足を運ぶ必要がありました。

     今は、そんな必要はなく、簡単に実践することが可能です。

     ならばやってみましょう!!

     私も新たな読書スタイルへ挑戦してみます。

     本書には、本田さんのEvernoteやFaceBookを活用したノウハウがたくさん掲載されています。ひとつでも今までと異なる読書スタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • Try330:ソーシャルリーディングは誰でも実践することが可能。新たな読書スタイルにチャレンジしてみよう。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    緊急対応「望(のぞみ)オーガナイザー」自動車業界版 | Home | ようやく見えてきたFaceBookの面白さ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する