Action for Japan から導かれたもの1

今日は久々に、グループ全脳思考チャートに参加して来ました。

この集まりにはプログラムがありません。具体的に何をやるかということには触れていないんですが、何かインスピレーションに惹かれた仲間が10名も集まって来ました。

なので、スタートは自己紹介に加えて「何を求めて来たのか?」をみんなでシェア。

私はどうしてここに来たのだろうか?

「ここに来なければ見つからなかったきっかけを見つけるため」

小さなきっかけが、後に大きな成果につながる事がよくあります。

Action for Japan1


  • Scheme291:小さなきっかけをひとりで見つける事は難しい。でも誰かと関わりを持つととても簡単になる。

  • Actionのために必要な3要素


    今回、よーさいからはActionするためのノウハウを披露してもらいました。それは

    1. 想い
    2. きっかけ
    3. 応援


    という3つの要素。

    小さなきっかけは、なぜか一人で見つけるとこは難しい。だけど、誰かと関わりを持つことで生まれる事がある。それも簡単に。

    今日、この場に感じること、期待する事はまさにそう。

    「この仲間となら自分では見つけられなかったきっかけを見つけられるはず。」

    全脳思考チャートから生れたCM


    みんなとダイアローグを深め合った後、全脳思考チャートに突入。

    ばく然とした雰囲気の中、明確なターゲットが見えて来ました。

    全脳思考チャートの難しいところは、どこにフォーカスすべきかを共有してないとストーリーに一貫性が出せないってこと。

    今回感じたことは、全脳思考チャートに慣れてる人たちは場の雰囲気がどんな状態なのかを把握し、どう方向づければ良いかをわかっている。みんなのフォーカスが一致してないことに着目し、スムーズに軌道修正してくれました。

    フォーカスは、具体的な行動を見つけることではなく、チャンスととらえるために何を考えれば良いのか?という行動の一歩手前に置いてみました。

    その結果、楽しいストーリーが誕生しました。ハッピーにしたいターゲットは東京電力のでん子ちゃん。

    タイトルは

    「私達の本当の幸せを照らすハーモニー」

    そして、個々のベイビーステップを考えようとすると、なぜかその場から生れたのはCMでした。

    「電気は誰のもの?」

    「電気のおかげだね。」


    こんなキャッチコピーをみんなで唱和。エネルギーの在り方について視点を変える投げかけとなりました。

    Action for Japan3
    多ぁ望Map No.0211個人的なベイビーステップについては次回紹介予定です。

  • Scheme291:小さなきっかけをひとりで見つける事は難しい。でも誰かと関わりを持つととても簡単になる。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    Action for Japan から導かれたもの2 | Home | 自分と向き合う方法

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する