最新コミットメント

自分と向き合う方法

 こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。今日はこんな言葉を紹介します。

インナーブラット

 さて、どんな意味なんでしょうか。

 日本語にすると「自分の中のだだっ子」です。

 今日の記事は「アンガーマネジメント」のカテゴリにいれました。

 ひとは心の平穏を失うと、情動にまかせて行動してしまうことがあります。そして、落ち着きを取り戻したあとに、

「どうしてあのとき、あんなこと言ってしまったのだろう。」

 と後悔することがあります。

 その仕組みを簡単に説明してくれている本がこれ。

フォトリーNo.317
わかっているのにやってしまう人の心理学―インナー・ブラットとの対話わかっているのにやってしまう人の心理学―インナー・ブラットとの対話
(2002/07)
ポーリン ウォリン

商品詳細を見る

 今までもいろんな本を紹介してきましたが、心理学的な説明だったり、脳科学的な説明だったりといろんな本がありました。でもこの本はそうではありません。

  • Scheme290:自分と向き合うためには、自分の中のもうひとりの自分とコミュニケーションを取る必要がある。もうひとりの自分はわがままで、怠け者のインナーブラットである。

  • 自分と向き合うこと


     感情は非常に大きなエネルギーがあります。それはプラスでもマイナスでも。しかしながら、エネルギーが大きいためになかなか自分の思うようにコントロールできないことが多いです。

     怒りをどうやってコントロールすべきか。これがアンガーマネジメントと呼ばれるアプローチです。この本では具体的なコントロール手法について紹介されています。

    アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及!イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及!イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術
    (2008/09)
    安藤 俊介

    商品詳細を見る


     そしてどうして「怒り」が発生するのか? 脳の仕組みについてこの本「EQ(こころの知能指数)」で解説されています。

    EQ こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)EQ こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)
    (1998/09/18)
    ダニエル・ゴ-ルマン

    商品詳細を見る

     どちらも読者に伝えようとしていることは、

    「落ち着きを取り戻し、自分と向き合うこと」

     でした。本書でも同じ事を言っています。でもこれは簡単なことではありません。

     ここで、「インナーブラット」という例えがとても有効だと感じました。

     誰もが自分の中に「インナーブラット(心の中にいるだだっ子)」がいるんだと。

     例えばダイエットに挫折したとき。こんな風に考えてみると自分と向き合えるようになります。

    「あ、またインナーブラットがお菓子を欲しがっている。しょうがないなぁ。」

     自分という存在の中に、もうひとりの自分を認める。それはだだっ子のようにわがまま。なまけもの。

     そんな子供を相手に、なだめ、訴えていることを見抜き、主導権を取り戻すこと。これがセルフコントロールのノウハウになります。

    心の平穏の祈り


     誰もが心の平穏を求めていると思います。そんな想いを込めた詩が引用されていました。とても気に入りました。

    「神様、どうか私にお与え下さい。

       変えることのできないものを受け入れる心の平穏を。

         変えることのできるものを変える勇気を。

           そして、その違いを見抜く知恵を。」


     あなたがもし、辛いことで悩んでいたらちょっと考えてみましょう。その悩みは

    「自分でコントロールできることか否か。」

     この本で「出来事のコントロール」という考え方がありました。自分にコントロールできないことで悩んでもしかたありません。それはインナーブラットが何かにしがみついているだけなのかもしれません。
    TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (ソフトバンク文庫NF)TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (ソフトバンク文庫NF)
    (2009/11/16)
    ハイラム・W・スミス

    商品詳細を見る

     何かを手放したとき、こころの平穏が手に入るかもしれません。

     そのとき、きっとこんな風に感じるんだと思います。

    「どうしてあのとき、あんなことで悩んでいたんだろう。」

     自分と向き合うためには、自分の中のもうひとりの自分とコミュニケーションを取る必要があるんだと思いました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme290:自分と向き合うためには、自分の中のもうひとりの自分とコミュニケーションを取る必要がある。もうひとりの自分はわがままで、怠け者のインナーブラットである。

  • 復習 Scheme38:計画のために時間を使えば使うほど、全体にかかる時間は少なくてすむ
    復習 Try199:セルフサイエンスを職場に取り入れる。EQの向上がグループIQを高める。
    関連記事


    theme : 読んだ本の紹介 genre : 本・雑誌

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)