パワード・スイングバイを体験する

 今日は大本先生のフォトリーダーの集まり「渡り鳥の会」が大阪で開催されました。

 今回で第9回を迎えます。

 そして私は・・・。栃木で膝を抱えていじけていました。

 なんてことはなく、なんと自宅から参加することができました。

 今日はそんな体験をちょっと紹介したいと思います。

第9回渡り鳥の会


 これはライキが自分が立ち上げた漆プロジェクトについて熱く語っているところ。

 この仲間のすごいところは、行動力。その源には「渡り鳥効果」があるようです。

  • Scheme288:パワード・スイングバイが自分の力を引き出してくれる。小さな力でも仲間とつながることで大きな力を発揮できる。

  • 渡り鳥効果とは?


     以前、こちらの記事でも「渡り鳥効果」という言葉を使いました。

  • Try236:褒める、褒められる環境作りをめざそう。

  •  簡単に言うと、

    「仲間の場に立つことで自分の力以上の力を発揮し、行動すること。」

     今回の幹事であるあまには昨年大阪に飛び込み、大きな飛躍と遂げました。オープニングでは彼から渡り鳥効果について説明がありました。一番渡り鳥効果を体験しているひとりでもあります。

     昨年、世界初の偉業を達成した日本の技術が注目を集めました。それは「はやぶさ」です。

     こちらの本を読んで、「渡り鳥効果」にぴったりのメタファーを見つけました。それは、

    パワード・スイングバイ

    小惑星探査機 はやぶさの大冒険小惑星探査機 はやぶさの大冒険
    (2010/07/29)
    山根 一眞

    商品詳細を見る

  • Scheme265:あきらめないこと。答えは常識、過去の経験を手放したときに見つかる。

  •  はやぶさにはイオンエンジンという最新技術を搭載しています。このエンジンの推進力はなんと1円玉を動かす程度。でもそれを継続的に加速することでものすごいスピードに達することができます。

     そしてさらに地球スイングバイという技術を使って、3億キロ離れたイトカワに向けてさらに加速します。詳細はこちらへ。

  • Wikipedia:スイングバイ

  •  イオンエンジンを制御しながらスイングバイを行った技術は世界初。これを「パワード・スイングバイ」と呼ぶそうです。地球は10万km/sの速度で公転しています。はやぶさは地球の引力で方向を変え、公転速度をもらって30→34km/sに加速しました。

    はやぶさ   :自分
    イオンエンジン:自分の力
    地球     :仲間


     これを渡り鳥効果に当てはめてみると、自分には小さな力しかない。でも仲間の想いと一致した方向になれば、大きな加速をもらって飛躍することができるってこと。

     第9回渡り鳥の会でのプレゼンを聞かせてもらい、多くの仲間が小さなきっかけて大きな行動に踏み切っていたことを知りました。

     今日もまた渡り鳥効果によって、一歩踏み出すひとが現れることと思います。

    時間と場所を超えたイベント


     今回はイベントをUSTREAMで中継してもらいました。そして、私はSkypeで一時的に会場とコミュニケーションを取らせてもらいました。

     自宅にいるのに、プレゼンも見れて、そして感想を伝えることができる。

     なんだか不思議な新しい感覚でした。

     プレゼンの中には本日都合がつかなかったダイアナの「ひとつの考え方」というビデオプレゼンがありました。ひとつの事実に対して、自分の楽な方に考えをもっていこうというアプローチ。とても勇気づけられるプレゼンでした。

     僕は会場にいないのに、参加できている。(場所の超越)

     彼女は会場にいないのに、プレゼンしている。(時間の超越)


     そしてこれらをコーディネートしてイベントとして創りあげてくれたのが、今回の幹事、あまにです。

     いろいろとサポートしてくれて、本当にありがとうございました。かつてない素敵なイベントになったことと思います。

     途中までしか参加できてませんでしたが、みなさんからのフィードバックを楽しみにしています。

    USTREAM参加
    多ぁ望Map No.0209

  • Scheme288:パワード・スイングバイが自分の力を引き出してくれる。小さな力でも仲間とつながることで大きな力を発揮できる。

  • 復習 Scheme265:あきらめないこと。答えは常識、過去の経験を手放したときに見つかる。
    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    CamScanner+で連続取り込み | Home | いろんな想いが詰まった詩集「行為の意味」

    コメント

    新しい何かが始まるとき

    行動力がすごい、ライキです(笑)。
    小さな力を継続的に発揮して、周りの力を取り込んで、大きな推進力とする「スイングバイ」。まさに渡り鳥の会にぴったりのメタファーですね!

    そして、これからの世の中を動かすのは、この「スイングバイ」の原理を理解した人だと感じています。
    様々なコミュニケーションツールの出現、そして未来への危機感という共有の課題から生まれつつある「共感社会」。

    「競争」から「共感」へ。このパラダイムシフトは確実に進行しつつあると思います。

    2011/04/21 (Thu) 20:28 | 漆のライキ #- | URL | 編集
    やっぱりすごい!

    ライキ、コメントありがとう。そして渡り鳥のプレゼン聞かせてくれてありがとう!

    「スイングバイ」は本を読んだときにひらめきました。まさに「渡り鳥効果だ!」って。本当は望(のぞみ)ワークショップで披露するつもりだったんだけど、せっかくなのでここで披露させてもらいました。

    競争から生まれるのはひとりのアウトプット。他人をおしのけて結果を得る。思考のレベルも浅くなる。

    共感から生まれるのは創造的なグループジーニャス。他人とのダイアログからひとりでは思いつかなかった思考のレベルに引き上げられる。

    それらを体感し、理解し、実践している渡り鳥の会のみなさんはやっぱりすごいです。

    2011/04/21 (Thu) 23:21 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する