ニュースは歴史だ!

 先日、普段あまりみないTVに目と耳を奪われました。こんにちは新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 それはこの言葉。

ニュースは歴史だ!

 ニュース解説で一躍注目を集めている池上 彰さんの番組「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」。

 4月よりジャーナリストとしての本業に集中するとのことで、最後の出演ということでした。

 私達はニュース番組を見て、なにを得ているかというと、それは単なる情報。

 この番組を見て、もうひとつ重要な要素があるんだと実感しました。

 それは・・・。

ニュースは歴史だ
多ぁ望Map No.0205

  • Scheme281:ニュースは歴史になる。歴史を作るのは被災地で闘っている人達とそれを応援する私達。

  • ニュースキャスターの力


     彼のすごいところは、ニュースキャスターの能力をひとつの番組として提供したこと。

     この番組では幅広い分野の賢人10名が池上氏にプレゼンをし、説得する。

     特に勝ち負けを求めるものではないが、その質問力と最後のまとめ力に脱帽。

     お互いの主張が食い違うときに、血みどろのディスカッションになることが多々ある。でも彼はそうではありませんでした。相手の主張も受け入れながら視聴者に正しい情報を提供する姿勢。すばらしいです。

    「では、池上君。まとめて下さい。」

     というアナウンスの後に池上氏は30秒でまとめる。番組の締めの言葉が印象的だった。

    「そのときニュースだと思って聞いたことは、後に歴史となる。そう思ってニュースを聞くと面白いと思いませんか? ニュースは歴史なんです。」

     言葉が終わると同時に、30秒のカウントが終了する。

     出演者からも、このまとめ力に賞賛が。これが一回とかじゃないんですよね。10の分野で毎回30秒でまとめる。それも毎回ピッタリ。

    「これが本業と思って下さい。」

     とさらり。

     そうか、ニュースから得られることは情報だけではなかった。キャスターが与えられた時間内にわかりやすく伝えること。その能力がいかに必要なのか。卓越したものなのか考えたことがありませんでした。

    東関東大震災のニュース


     日本全土を揺るがした東関東大震災から10日が過ぎました。震災の被害度合いは連日、拡大していきます。

     震災後はラジオしか情報がなかったので、どれだけ被害が大きいのか想像もできませんでした。

    ・当初M8.4と報道された地震の規模も、その後世界で5番目の規模となるM9.0に訂正。

    ・甚大な被害を与えた7mの津波も14mに訂正。

    ・原発の被害は計画停電を余儀なくされる。


     今、私達は連日のニュースに目と耳を奪われています。でも阪神淡路大震災がそうだったように、必ず復旧し、立ち上がれます。

     そのとき、今流れているニュースがひとつにまとまり、ひとつの歴史を作るんだと思います。

    「その歴史を作るのは、今、被災地で闘っている人達とそれを応援する私達です。」

    「ニュースは歴史だ」

     この番組は震災前に収録されたもの。でもまさに今の私達に力強いメッセージを与えてくれます。

     4月から池上さんの質問力とまとめ力をお目にかかれないのは寂しいですが、第2、第3の池上さんがどんどん出てくることを期待します。そんな目線でニュースを見るのも面白いかも。

  • Scheme281:ニュースは歴史になる。歴史を作るのは被災地で闘っている人達とそれを応援する私達。

  • 復習 Task143:思いだけでは何も伝わらない。行いになって初めて見える。その気持ちをカタチにしよう。 11.03.18 STEP1完了
    復習 Try318:今までの日常生活を改めよう。ひとりの節電が大規模な停電を回避してくれる。
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    伝える技術よりも聞く技術 | Home | オンライン寄せ書きプロジェクト

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する