マインドマップ実践講座「気づいてしまったら・・・」

 受講して1週間が経ってしまいました。遅くなりましたがセミナー受講レポートです。

 今回はなんと地元でのマインドマップ講座。

 それも「マインドマップ実践講座」。

 私は玉川一郎先生のマインドマップ基礎講座をちょうど1年前に受けていました。

  • Scheme155:成功の反対は、チャレンジしないことである。by 玉川一郎

  •  あれからプライベートでは活用しているものの、仕事での活用はまだまだ。

     この私のために用意されたかのような講座。地元のマインドマップインストラクターのまっちー先生にも会えることもあってワクワクして受講してきました。

  • SUCH A SUNNY DAY!:宇都宮ベンチャーズ講座 第1回終了!

  •  今回得たスキーマはこれ。

  • Scheme274:気づいてしまったとき、気づかなかった状態には戻れない。

  • 学び方を学ぶ


     マインドマップとは、ひとつのノート術。でもたんなるメモではありません。

     脳を活性化し、右脳と左脳をフル活用するための道具でもあります。

     従来の箇条書きでは文字だけが直線的に並ぶだけ。これでは左脳だけが働いて疲れてしまいます。

     マインドマップではたくさんの色、たくさんのイラストを使い、箇条書きのような制約をはずした放射状に広げていく描き方になります。

     こうなると、左脳と右脳が連携して記憶に残りやすく、理解しやすく、そしてアイデアがひらめきやすい状態になっていきます。

     これはひとつの「学び方」なんです。

     今まで私達が習ってきた箇条書きの正しいノートの書き方。それもひとつの「学び方」だったはず。

     マインドマップの開発者であるトニー・ブザン氏の言葉を教えて頂きました。

    「世界の情報を学んでから学び方を学ぶか、学び方を学んでから世界の情報を学ぶか。選ぶのはあなた。」

     強烈なメッセージでした。

    そして使ってみると!


     実際に、マインドマップの良さを体感し、メリットが明確に理解できたとき、ひとはどんな状態になると思いますか?

     これはまっちーインストラクターから懇親会の席で教えてもらった一言。

    「ひとは気づいてしまったとき、気づかなかった状態には戻れない。」

     そうなんです。マインドマップの良さを知ってしまったら、もはや知らなかった状態には戻れないんです。

     私がマインドマップに出会ってから、今まで使い続けていることがそれを証明しているのかもしれません。

    マインドマップ実践講座
    多ぁ望Map No.0202

  • Scheme274:気づいてしまったとき、気づかなかった状態には戻れない。

  • 復習 Scheme155:成功の反対は、チャレンジしないことである。by 玉川一郎
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    多ぁ望@コンセプトデザイナー | Home | これがソーシャル・ネットワークの強みか。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する