新しいことを学ぶための第一歩は?

 新たな習慣へのトライ。このブログでずっと発信し続けているテーマです。こんにちは新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 習慣化は楽しく、自分にメリットのあることが自然と残るモノ。

 努力と根性では、習慣にはなりません。

 さて、今日も新たなトライへの第一歩を紹介します。

 それはこれ。

FaceBook

 すでに利用されている方もたくさんいらっしゃると思います。若き創設者のマーク・ザッカーバーグ氏とか、映画「ソーシャル・ネットワーク」とか、ビジネス誌でもたくさん特集が組まれています。

 私もこの話題のツールを使ってみました。その扉を開けてくれたのはこの一冊。

フォトリーNo.276
できるポケット Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150できるポケット Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150
(2010/10/22)
田口和裕、毛利勝久 他

商品詳細を見る

  • Try311:FaceBookへの扉を開けよう。新たなツールは、まず動かしてみること。扉を開けてみないと、その先は見えない。

  • 時代の流れは速い


     私がツイッターアカウントを取得したのは09年の夏。実際に使い始めたのは10年。あれから1年。

  • Try193:TwitterとTwitdoneを使ってみる。新たなサービスを理解するのは、使ってみるのが一番はやい。

  •  当時は、TwitterのつもりでTwitdoneを開いて、「よくわからんなぁ。」ともがいていました。

     140文字のテキストだけをリアルタイムに共有することに、どんな意味や、価値があるかは当時は全く想像できませんでした。

     あれからたった1年ですが、使い続けることでそれを理解することができました。

     今、エジプトの抗議デモがニュースで流れています。現地の混乱の状況で、メディア関係者も現地入りできないような状況です。

     つい先日の新聞で取材陣はツイッターを活用して、現地にいる「誰か」を見つけてリアルタイムの情報を流してもらうことにしたそうです。もはや地球にはローケーションという壁はなくなってしまったのかもしれませんね。

     こうやっていろんなツイッターの可能性を知り、体験するようになりましたが、再び新たなツールが登場してきました。

     それがFaceBookです。

    理論よりも実践へ


     今日は「使い始めました宣言」です。残念ながらFaceBookってこうだよ!とか、ここがスゴイよ!という評価ができるには至っておりません。

     まずは参考書をぱらっと見て、使ってみること。本を読むことはあまり重要ではありません。

    「FaceBookの扉を開いてみる。開かないとその先は見えない。」

     さらに、使い方は本で学ぶわけではありません。

     入り口をまたぐことで、使い方が見えてきます。そしてソーシャル・ネットワークの特徴は「つながり」。つながりによって、また使い方を教えてもらうこともできます。

    「使い方はただの知識ではない。つながりによって、お互い学びあう実践知である。」

     まずは使ってみること。そこからいろいろ見えてくるモノです。理論より実践です。以前TEFCASという加速学習サイクルを紹介しました。まさにこれ。

  • Scheme83:知識社会における成功は、物語から。曲線を含むストーリーが成功へと導く。

  •  さっそく私も第一歩を踏んでみました。

     FaceBookには「ファンページ」という使い方があります。どんなものかというと・・・。

    「うまく説明できません。新たな情報発信の形態というか・・・。ツイッター以上、ブログ以下というか・・・。」

     いま、それを実際に動かして勉強中です。

     まずは左側に「望(のぞみ)ワークショップ」のファンページのバナーを追加してみました。

     「いいね!」と感じたときは「いいね!」ボタンをぜひ押して下さいね。これがFaceBookのコミュニケーションの基本です。

  • Try311:FaceBookへの扉を開けよう。新たなツールは、まず動かしてみること。扉を開けてみないと、その先は見えない。

  • 復習 Try193:TwitterとTwitdoneを使ってみる。新たなサービスを理解するのは、使ってみるのが一番はやい。
    復習 Scheme83:知識社会における成功は、物語から。曲線を含むストーリーが成功へと導く。
    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    プレゼンに最適な指し棒は? | Home | プライベートライティングとは?

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する