最新コミットメント

プライベートライティングとは?

 今日はこちらの本を紹介します。今まで「グループジーニャス」という言葉を何度も紹介してきましたが、その効果を個人で活用する方法だと感じました。

天才の瞬間

 という言葉が出てきます。これが「グループジーニャス」に近い意味だと思いました。

 誰かとダイアログすることで、ひらめく瞬間。それがグループジーニャス。

 この本が伝えていることは、紙に書くことで自分とダイアログすることで、ひらめく瞬間がある。

 それが「天才の瞬間」なんです。

 その瞬間を意図的に創り出す手法が「プライベート・ライティング」というもの。

 実はこの本はマックパワーというMac雑誌で本田直之さんが絶賛していました。それで探していたんです。残念ながら絶版なんですが図書館で見つけました。

フォトリーNo.274
書きながら考えるとうまくいく!―プライベート・ライティングの奇跡書きながら考えるとうまくいく!―プライベート・ライティングの奇跡
(2004/01)
マーク リービー

商品詳細を見る


  • Scheme270:思考が停滞したときは、答えのない質問を自分になげかけよう。紙に書くことが天才の瞬間を生み出す。

  • 紙に書かないで考えると


     人は忘れる動物です。何かを考えようとし、すばらしいアイデアを絞り出したいとき。あなたはどうやってアイデアを引き出しますか?

    「うーん・・・。(うでを組む)」

     この図は最悪ですね。

     このあとどうなるかというと・・・。

     アイデアが出てこなくて、TV見て、インターネットして・・・。

    「あれ? オレってなにやってたんだっけ」

     なんてことになりかねません。

     ま、これは極端な例ですが、うんうん唸ってもよいアイデアは降りてきてくれません。なぜなら、アイデアを出すための思考に踏み込めてないからです。

     人は何かに気を取られた瞬間に、それまで考えていたことを忘れます。これを繰り返しても望むゴールには到底たどりつけません。

    紙に書きながら考えると


     今度は本のタイトルどおり、紙に書きながら考えてみるとどうなるかというと、先ほどの「忘れる」とか「気が散る」とかこのような状態を回避することが可能です。

     本書では出てきませんでしたが、キーワードを紙に残してどんどん広げることで天才的なひらめきやアイデアを引き出す方法があります。それがマインドマップ。まさにこの本がいわんとしている手法です。

     プライベート・ライティングの秘訣というのが紹介されています。

    1.肩の力を抜く

     血管むき出して、100%の力を発揮しようとがむしゃらになること。これって効果的でしょうか?

     そうではなく、90%程度で力を抜いて取り組む姿勢が「天才的な瞬間」を生み出します。リラックスしている状態がベストなんです。

    2.速く書き続ける

     ブレーンストーミングの秘訣でもありますが、キーワードをどんどん出すこと。スピードに乗って書き続けることでありえないゴールにたどり着く場合があります。

     答えにつまったときは、何か書いてみる。それが全く意味がつながらなくてもOK。興味深い一文がありました。

    「最高の思考は、最悪の思考の中にある。」

    3.限られた時間で

     期限がないタスクというのは、必ず実行されません。なぜなら「いつかやろう」という姿勢になるから。

     よって必要なアイデアを得たい場合には、時間制限が有効。制限があるから集中できる。

    4.フォーカスチェンジャー

     これは答えのない質問を自分になげかけること。

    「何がうまくいっているのか?」
    「最悪のシナリオは?」
    「他にとりうる方法はないか?」


     このような質問を自分にすることで、新たな視点からものごとを捉えることができるようになります。

     その繰り返しが「天才の瞬間」を生み出してくれるんだと思います。

     ちなみにこの本の原題はこちら。

    Accidental Genius revolutionize your thinking through private writing

     直訳すると

    思いがけない天才は、プライベート・ライティングを活用し、あなたの思考に革命をもたらす。

     やっぱり紙に書くことは大切ですね。改めて実感しました。

    書きながら考えるとうまくいく
    多ぁ望Map No.200

  • Scheme270:思考が停滞したときは、答えのない質問を自分になげかけよう。紙に書くことが天才の瞬間を生み出す。

  • 復習 Scheme212:ダイアログが生み出すグループジーニャス。ディスカッションが生み出すグループバカ。
    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)