最新コミットメント

オフ会の新たな価値とは?

 今日はこちらのタスク完了報告です。

  • Task128:キーメッセージで話題を盛り上げる。クルマ仲間のイベントを成功させる。 10.11.7完了

  • 「オフ会」ってもはや市民権を得た言葉として普通に使われています。

     今の時代、オンラインでつながっていることはあたりまえになってしまいました。そのつながっているレベルは益々高くなり、ついにはツイッターを使っているとほどんどリアルタイムにつながっているような感覚になってきています。

     そこでオンラインではなく、オフラインで実際に顔を合わせることを「オフ会」と呼びます。

     今日は、この「オフ会」での新たなチャレンジについてレポートしたいと思います。

     その「オフ会」とはこんな感じのイベントでした。

    MTT13

     このイベントは同じクルマに乗る仲間で年に1回だけ集まる恒例のもの。今年は12年目を迎えました。

     最近、マンネリ化を感じつつ、何か新しいことができないかと考えてきました。

     おかげで、なぜかその成果をこのブログで紹介することになったわけです。

  • Scheme238:オフ会の価値とは顔を合わせることと一緒に何かを創り出すこと。

  • 12年目のトランスフォーメーション


     春夏秋冬理論では、人の人生には12年周期の季節があると言われています。こちらの記事で紹介したように、私は冬生まれの春3年目。

     今年は「破壊と創造」の年なんです。

  • Scheme171:占いは頼るものではなく、活用するもの。春夏秋冬理論を利用して新たな行動に踏み込もう。

  •  そこで今回は私が12年続けて開催してきたクルマのイベントを一度、破壊して創造してみたいと考えました。

     その理由はいろいろあるんですが、

    1.12年も続けているとマンネリ化してくる

    2.決まったスタッフで企画すると、変わり映えがしない

    3.参加者が減ってきている


     そんなイベントの季節がやってきたわけです。今回もギリギリまで企画が準備できず、前日に仕上げたような状態。

     これらの理由を吹き飛ばす、面白いアイデアを思いつきました。それは・・・。

    グループ・ダイアログ

     です。ダイアログワークについては、何度かすでに紹介してきました。

    1.社内のワークショップ実践結果

  • Scheme224:根拠のない自信はどこから生まれるのか?それはグループ・ジーニャスから。

  • 2.望(のぞみ)ワークショップでのグループダイアログ実践結果

  • Try281:コミュニケートレベルをチェックしよう!今回のGRワークではレベル4(進化)を達成!

  • 3.渡り鳥の会でのグループダイアログ実践結果

  • Task132:ダイアログワークの録音結果を振り返り、会話のレベルの深さをチェックする。 10.10.19完了

  •  これまでの経験とノウハウを活かして、クルマのイベントでこの手法を応用してみました。これが思いの外、うまくいったので驚いています。まさに12年目のトランスフォーメーションとなりました。

    5年後のイベント企画をチームで競う


     「競う」といっても、6チームで5年後を見据えたイベントの企画を面白おかしく考えて、発表し合おうという企画です。5年先がどんな世界になっていようとかまいません。それがアニメの世界でも、SFの世界でも。

     グループダイアログの面白さは発想の広がり。現実的な答えを見つけるだけがゴールではありません。

  • Meeting the today ~こんなこといいな。できたらいいな。~

  •  実はこのイベントタイトルも企画メンバーのグループダイアログから出てきたもの。イベント詳細はリンク先を参照ください。

    ミート・ザ・トゥデイダイアログ

     今回のダイアログの成果は3つのカテゴリで表彰しました。

    1.ありでないで賞
    2.すぐにやるで賞(来年のイベント企画へ)
    3.いつかやりたいで賞(5年先のイベント企画へ)


     実はこのように、現実にしばられない妄想力を発揮するためには、すぐれたファシリテーターが必要です。

     そんな中、ファシリテーターとしての経験者は私だけ。他の5名には当日の朝、5分で説明。

     私も1チームを受け持つため、他のチームまでは見れません。はたして5分の説明で、こんな突拍子もない企画のファシリテーターが務まるのか?

     実はひとつ即席ファシリテーターでもダイアログが促せるような工夫をしておきました。

     それは質問を用意しておくこと。

     この方法については、次回紹介したいと思います。

     この日、イベントが終了したあと、参加者からアンケートを集めました。その結果を見ると・・・。

    「目的あってみんなで作業・・・。というのが意外と楽しかった。」

    「一体感があって良かった。」

    「新たなチャレンジが良かった。またやってみたい。」


     この企画の反応はとっても好評でした。

     そこで気づいたことがあります。

     オフ会の価値とは、顔を合わせるだけじゃない。せっかく集まった人達と、何かを創り出す経験をすること。ここに大きな価値があると感じました。それが今回のイベントの満足感につながっているんだと思います。

     みなさんのおかげで、そんな新たな価値を知ることができました。ありがとうございました。

    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2017年06月 | 07月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)