はっぴぃのフォトリーディング

 今日は第8回渡り鳥の会の3回目のレポートです。テーマは、

「はっぴぃのフォトリーディング」

 渡り鳥の会とは、フォトリーディング受講生の会。

 毎回、企画には「フォトリーディング」があります。フォトリーディングは短時間に自分の目的にあった情報をつり上げる技術。

 言うなれば「必要な時間に必要なだけの情報を引き出すスキル」です。

 今回のイベントでは「フォトリーディング」に対してはあまり気にしていませんでした。

「なんか、面白い本に出会えたらいいな。」

 という程度のもの。

 でもなんだか、今回は「はっぴぃ」という言葉の意味の広さを知らされたというか、この企画がとっても面白かったんです。

 私が読んだ本はこれ。

フォトリーNo.237
世界があなたに恋をする!史上最強の乙女のヒミツ (魔法のプリンセスレッスンシリーズ)世界があなたに恋をする!史上最強の乙女のヒミツ (魔法のプリンセスレッスンシリーズ)
(2010/06)
上原 愛加

商品詳細を見る

1.キーオブジェクトから生まれる軸
2.ダイアログからプレゼンシングへ
3.はっぴぃのフォトリーディング(今日の記事)
4.エンディングから得られたストーリー(追加予定)


 あ、ついでにもうひとつ書きたいことが出てきました。4回目を予定します。

  • Try292:読書会で自分では選ばない本を読んでみよう。必ず何か得るものがある。

  • 偶然のペアが交換する本


     今回くじ引きで決まった、偶然の本の交換相手は若き乙女。最近フォトリーディングを学び、急速に成長している意識の高いひと。

     彼女の「はっぴぃ」というテーマで選んだ本がさきほどの「史上最強の乙女のヒミツ」なのだ。

     本のカバーには、キラキラした装飾。かわいいウサギのイラスト。

     もはや、私には本屋でも図書館でも目にとまらないジャンルかも。

     一方、私が選んだ本はなにかというと・・・。

    小惑星探査機 はやぶさの大冒険小惑星探査機 はやぶさの大冒険
    (2010/07/29)
    山根 一眞

    商品詳細を見る

     最近話題となった日本が世界初で成功した小惑星イトカワの探査機「はやぶさ」のストーリー。

    「え?この本の何がはっぴぃかって?」

     彼女は無言の表情で訴えていました。きっと彼女にとってこの本はスルーする体裁だったのかもしれません。

     この本は後ほど紹介するとして・・・。

     このように、読書会などで本を交換して読むということは、自分では選ばないジャンルの本に出会えるという面白みがあります。

     さて、私が「史上最強の乙女のヒミツ」からどんなことを学んだかというと・・・。

    こういう本の書き方があったのか!


     ということ。

     この本に書かれていることは「思考は現実化する」とか「引き寄せの法則」に極めて忠実にセルフイメージを高め、成功する(恋愛を成就する)方法が書かれています。

    【携帯版】思考は現実化する【携帯版】思考は現実化する
    (2005/03/27)
    ナポレオン・ヒル田中 孝顕

    商品詳細を見る
    引き寄せの法則 エイブラハムとの対話引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
    (2007/10/30)
    ジェリー・ヒックスエスター・ヒックス

    商品詳細を見る

     つまりオトメが手にしないような本の内容を、オトメが手にしたくなるような体裁と文章で惹きつけるというのが本書の特徴だと思いました。これはスゴイビジネスかも。

    史上最強の乙女のヒミツ
    多ぁ望Map No.0185

     さて、実際にフォトリーディングに費やせた時間はおよそ15分。お昼休みも兼ねていたのであまり時間がとれませんでした。

     そしてマインドマップは「気づき」ブランチ以外はほぼ完成。後日、ブランチ追加と色えんぴつで加色しました。

     そこから得たことは右上のうさぎちゃんの絵がすべて。

    「欲しい物に手を伸ばしても、それは得られない。」

     執着を手放せと!

    「穴に水を注ぐように、誰かに愛を、幸せを、やさしさを、暖かさを与え、満たすことで欲しいものは手に入る。」

     これは引き寄せの法則でもありますが、本書ではこれを「魔法」と呼んでいます。確かに魔法なのかもしれませんね。

     なるほど!良い本に巡り会いました。ありがとうございました。

    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    和ンダーランドの出口に立つ | Home | ダイアログからプレゼンシングへ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式でのスピーチにあったこのお話をご存知でしょうか?「点をつなげる」<訳文より引用>好奇心と直感に従って得た多くのものが、後になって貴重な価値のあるものになったのです。先を見て「点を繋げる」ことはできない。出...

    2010.10.17 (Sun) 09:05 | フォトリーディング思考