和ンダーランドへのチケット

 今日はワクワクするタスク完了宣言です。

 昨日はとっても充実した一日を過ごしてきました。こちらのタスクです。

  • Task124:第8回渡り鳥の会のテーマをキーオブジェクトで共有化し、大成功をおさめる 10.10.09完了

  •  「渡り鳥の会」とは大本昌弘インストラクターのフォトリーディング受講生の集まり。昨年3月に発足してまだ1年半。そして今回は第8回を迎えました。

     今回は私も企画側として参加させていただき、貴重な経験をすることができました。

    「大成功をおさめる」

     なんて企画中に宣言するとは。

     でも、この渡り鳥の会に「大成功」以外の結果があるのでしょうか? 私には全く失敗する想像ができないんです。

     今回も想像以上の「大成功」でした。もちろんこれは世話人で多大な貢献をしてくれたよーさい、ソニックのおかげでもあり、この場を最終的に創りあげてくれた参加者のみなさんのおかげでもあります。

     本当に貴重な時間を共に創ってくれてありがとうございました。

    第8回渡り鳥の会

     さて、書きたいことは山ほどあるんですが、その中で3つ紹介するとしたら・・・。

    1.キーオブジェクトから生まれる軸(今日の記事)
    2.ダイアログからプレゼンシングへ
    3.はっぴぃのフォトリーディング


     こんな感じで3回レポートしていきたいと思います。

     実は懇親会の席で、初参加の方からこんな質問を受けました。

    「プレゼンやワークなどイベント構成が一環していて感動しました。どうしたら一環したイベントを企画できるのでしょうか?」

     今日はこのあたりを振り返ってみたいと思います。

  • Scheme232:キーオブジェクトがイベントの軸を生み出す。それは企画段階からはじまっている。

  • キーオブジェクトから生まれる軸


     「キーオブジェクト」とは、今回のイベントの企画ミーティングの中でひらめいたアイデアでした。

     触って、感じられる「もの」を共有しようという発想から出てきました。

     そしてそのアイデアに答えてくれたのが、世話人のよーさいです。彼は今回のキーオブジェクトに「HAPPYのチケット」を選んでくれました。

  • Scheme210:答えは自分の中にある。それを必要な時に出せる人は少ない。それを今、引き出せる道具が全脳思考チャート。

  •  そして企画時の全脳思考チャートで得られたタイトルは「和ンダーランド」

     「和ンダーランド」に行けば、きっとハッピーになれる。そんなイメージからスタートしました。

     ちょっと先に紹介しちゃうと当日のワークで、こんなチケットができあがりました。

    和ンダーランドのチケット 和ンダーランドのチケット2

     以下、全体のイベント概要を紹介します。

    第8回渡り鳥の会プログラム


    1.渡り鳥プレゼン
    ・「飲んで、笑って、恋をして」:キャンディ


     渡り鳥の振り返りと、オビワン(大本インストラクター)との「野鳥の会」のレポートを紹介して頂きました。そして「ヒーローズジャーニーにとは?」という切り口で未知の世界へ飛び込む大切さを教えてくれました。

    ・「アルツハイマー病をかかえた家族の話」:セラピー

     介護現場で働くセラピーの社会問題に切り込むプレゼン。介護のストレスに負けて自ら人生を断つ選択をしてしまう厳しい現実を見せていただきました。「介護は誰がすべきなのか?」最後は答えはみなさんで考えて下さいという問いかけで現実問題の大きさを痛烈に印象づけてくれました。

    ・「体で感じる脳」:ティッシュ(スプーン)

     私達は脳に制約をかけて普段なにげなく過ごしています。その制約をちょっとした工夫ではずしてしまおうという体をつかったワークを体験させてもらいました。プレゼンの構成も独創的で引き込まれました。

     3名のプレゼンターの方が訴えたかったことはなんでしょうか。

    「未知の世界へ飛び込むのは、何のため?」
    「介護現場のストレスに対処するのは何のため?」
    「脳の制約を外すのは何のため?」


     すべてハッピーになるためなんです。

    2.はっぴぃのフォトリーディング
     今回のテーマは「HAPPY」です。なのでHAPPYに関する本を1冊持ち寄って、交換してフォトリーディングするという企画。

     時間は短くても読めてしまうのがフォトリーダーの集まり。

    3.びー・だいあろぐ エピソード2

     前回、夏の勉強会にて「びー・だいあろぐ」というワークをあまにが開催してくれました。

  • Try281:コミュニケートレベルをチェックしよう!今回のGRワークではレベル4(進化)を達成!

  •  こちらの記事で紹介したように「ダイアログ」を理解するのにとても価値あるワークとなりました。今回はこの経験を活かし、エピソード2へ。その企画には私も協力させていただきました。詳細は次回にて。

    4.はっぴぃさんの朗読

     よーさいとキャサリンによるこの絵本のデュエット朗読。とっても感動的な時間でした。

    はっぴぃさんはっぴぃさん
    (2003/09)
    荒井 良二

    商品詳細を見る

     男の子と女の子が「はっぴぃさん」を探して旅に出ます。そして二人はお互いに成長していく。子供のための絵本かもしれませんが、大人が学ぶべきことが刻み込まれています。

     そんな印象をみんなで共有することができました。一部涙ぐむシーンも。

    5.全脳思考チャートセッション

     その後は誰だかよくわからない「はっぴぃさん」を120%ハッピーにしよう!という全脳思考チャートを全員で描くワークを実行。

     この企画には、全脳マスターメンバーのキャンディ、ウィズ、中野さんの3名がファシリテーターとしてセッションしてくれました。

     未知の存在「はっぴぃさん」から妄想されるストーリーは次から次へと興味深い方向へ・・・。

     このチャートのおかげで、渡り鳥の活動はさらに活性化していきそうです。

    6.HAPPYのチケットをつくろう

     そして「和ンダーランド」への自分のチケットを作ってみよう!という企画。折り紙やシール、ペン、はさみ、のりなどを使ってかわいく、かっこよく、楽しいチケットを作りました。

    「大人になってしまったあなたは、最近工作したことありますか?」

     あの頃の工作のワクワク感を再び思い起こすことができました。楽しい企画ありがとうございました。

     このように、すべては「HAPPYのチケット」につながっているんです。これが今回のイベントの軸としてみなさんに伝わったんじゃないかと感じています。

     いろんなひとのアイデアを取り込むと、一貫性に欠ける場合が出てきます。

     今回そうならなかったのは、企画段階からキーオブジェクトが明確になっていたからではないでしょうか。

     というわけで本日のスキーマです。

    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    ダイアログからプレゼンシングへ | Home | なぜタイトルをつけるのか?

    コメント

    まとめありがとうございます!

    オフ会の内容を凝縮して伝えてくれてありがとうございます。

    夏の勉強会、全脳勉強会での試みが、しっかりと繋がりました。
    さらに言えば、春の勉強会、名古屋オフ会でのプレゼンからも繋がっています。

    この短期間でみんなが成長し、一緒に場を創れたことが嬉しいです。
    これからがますます楽しみですね♪

    2010/10/11 (Mon) 01:07 | よーさい #- | URL | 編集
    お疲れ様でしたぁ~♪

    多ぁ望素敵な報告ありがとう。

    振り返ると、たった1日でたくさんのはっぴーについて
    考え、語り、吸収できたと思います。

    なんて贅沢なんでしょうねぇ~!

    また、楽しく遊びましょう!!!

    2010/10/11 (Mon) 08:24 | Candy #- | URL | 編集
    感動がよみがえる・・・

    ブログ、拝見しました。
    オフ会の様子が再び脳裏に浮かびました!

    自分が感じていて、うまく表現できなかったことを
    すぱっと文章にして頂いたおかげで、とてもすっきりです!

    和ンダーランドチケット、かわいらしく仕上がってますね!
    わたしも完成したらアップしますね。

    2010/10/11 (Mon) 19:04 | 漆のライキ #- | URL | 編集
    凝縮しまくってみました。

     よーさい、コメントありがとうございます。
     そして第8回の世話役としてのリーダーシップをありがとうございました。

     凝縮しまくったので、書きたいことが全然かけてないかも。

     今回のオフ会はいろんなイベントが時間を超えてつながった感覚が印象強いですね。なかなかここまで企画を成功させることは難しいと思います。

     素敵な場をありがとうございました。

    2010/10/12 (Tue) 20:49 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
    そうです。贅沢三昧でした!

    キャンディ、コメントありがとう!

    ハッピーについて、じっくりと考える時間って普段なかなかとれないんじゃないでしょうか。

    それを準備からイベントまで存分に費やすなんて、贅沢すぎるのかも。

    本当にハッピーな時間でした。

    みんなで成長していきましょう。ありがとうございました。

    2010/10/12 (Tue) 20:51 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
    自分も、そしてみんなも先生

    ライキ、コメントありがとう!!

     ライキから「みんなが先生」というエンディングの言葉が強く頭に残っています。

     でもライキもみんなの先生でもあります。熱い思いを伝えられる人物はなかなかいるもんじゃありません。

     自分も、そしてみんなも先生である。

     すばらしい仲間じゃないですか。これからも一緒に学んで行きましょう。

     ライキのチケットも楽しみにしています。

    2010/10/12 (Tue) 20:53 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式でのスピーチにあったこのお話をご存知でしょうか?「点をつなげる」<訳文より引用>好奇心と直感に従って得た多くのものが、後になって貴重な価値のあるものになったのです。先を見て「点を繋げる」ことはできない。出...

    2010.10.17 (Sun) 09:05 | フォトリーディング思考