ITストレスからの開放とiPhone4の魅力

 この週末に嬉しいことがありました。それはこのタスクが完了したことです。

  • Task119:ITツールには投資をしよう。iPhone3GからiPhone4に乗り換える。 2010.07.26完了

  •  予約してから一ヶ月弱で入荷の連絡が来ました。

     先日のこの記事で紹介したように、今までiPhone3Gを使ってきました。そのため以下3つのネックがあったんです。

    1.iOS4では動作が遅い
    2.カメラの性能が低い
    3.ビデオに未対応


     iPhone4はすごいです。一気にすべてを解決してくれて、さらに高機能を提供してくれる。感動もの。

    Retinaディスプレイに感動


     Retinaとは網膜という意味。人間の網膜は300dpi以上は区別できないそうです。

     そしてiPhone4は326dpiという解像度。

     この違いは実際の肉眼で見てみないとうまく口では説明できません。

     従来のディスプレイとこのブログの見え方を比較してみました。

    iPhone3G(320×480dot 163dpi)
    iPhone3Gディスプレイ

     なんとなくレイアウトとタイトル、本文が読める程度。サイドバーの小さな文字は読めません。

    iPhone4(640×960dot 326dpi)
    iPhone4ディスプレイ

     うぉー!サイドバーの文字までくっきり読める!!

     パソコンで見ると、640×960dotの大きな画像となりますが、実際には3Gと同じサイズのまま解像度がこれだけあがっているわけです。ディスプレイ解像度の最終形かもしれません。感動しました。

    ITストレスからの開放


     3GではOSのバージョンアップをしてから顕著に動作が遅くなりました。こうなると日本語入力にも弊害があらわれてイライラがつのります。

     iPhone4では全くストレスがありません。さらにはマルチタスク機能が追加されており、気づかぬうちにどんどん同時起動をしてしまいます。

     しばらくはバックグラウンドのアプリの終了方法がわかりませんでした。(終了にはアイコンの削除と同じ動作が必要)

     おかげで再びフリック入力の練習をやりたくなってきました。

    iPhone4の魅力


     今日は、お休みだったのでドライブに出かけてきました。そこではタップによるオートフォーカスをサポートしたカメラと、1280×960dotのハイビジョン動画のビデオ機能に感動。

     接写もできるし、LEDフラッシュもなかなか使えます。

    iPhone4の写真サンプル
    ハンターマウンテン

     しばらくやみつきになりそうです。iPhone4の魅力はありすぎて書ききれません。

     また気づいたらレポートします。

     そうそう、私は左利き。左手でiPhone4を持つと、アンテナの感度がダウンします。(右手よりも顕著)

     ケースを入手するまでは気をつけないと。

     ちなみに現在、アンテナ問題の対策としてケース無料配布プログラムというのが実施されています。さっそく申し込んだんですが、お届け予定日は10月らしい・・・。

    関連記事

    テーマ: iPhone 4/iPhone 3GS/iPod touch | ジャンル: 携帯電話・PHS

    明日の良いイメージ | Home | ためしてガッテン!はプレゼンのお手本だ。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する