情熱のひとり歩き

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 今日は、とっても感動したことをお伝えしたいと思います。

 先日、出張先で仕事がありました。

 この仕事は私が3年前から取り組んできた新技術を量産するため、工場へ確認に行くというもの。

 自ら提案し、技術の価値を訴え続け、商品化の検討がはじまり、そして量産へ。

 仕事として一番やりがいを感じる部分です。

 ここまでたどりつくには、いろんな困難がありました。 そこには、辛い思いも。

 この仕事にはリーダーとして情熱を持って取り組んできました。

 そして今日、違う側面からその「情熱」に出会いました。その出会いに感動したんです。

  • Scheme199:リーダーの仕事は情熱を伝えること。情熱がひとり歩きしたとき、成功というステップにあがる。

  • 3年間のサクセスストーリー


     このブログでも「プレゼン」のカテゴリでプロジェクトの進捗を報告してきました。完了報告時の記事がこちら。

  • Try168:もっと気楽に「感謝」を伝えられるひとになろう。

  •  これがちょうど1年前でした。ここまでたとりつくまで丸2年。トータル3年を費やしてきました。

     でも、スタートはたった3人のプロジェクトだったのです。

    エピソード1:プロジェクト凍結の危機

     そして途中には数々の抵抗勢力がありました。

    「そんなことできるはずがない。」
    「もっと他にやるべきテーマがあるんじゃないか。」


     スタートから半年で、上司からこんな指示がありました。

    「申し訳ないが、このプロジェクトは凍結にしよう。」

     この言葉は私ひとりが受け取りました。他の2名にはこう伝えました。

    「あんなこと言われたが、私は絶対に続ける。」

    エピソード2:協力メーカーへのきつい一言

     その後、プロジェクトの有効性や価値を認めてもらい、凍結はなんとか回避できました。そこからメンバーを追加して部品メーカーの協力体制を組織。具体的な検討をスタート。

     しかしなかなか思うように進まず、協力メーカーへ怒鳴り込んだことも。

    「**までに出せって言ったじゃないですか!」

     今となってはビジネスマンとしてあるまじき言動でした。今でも強く反省している出来事です。このときは「情熱の空回り」と感じていました。

     ところが・・・。

    新たな「情熱」との出会い


     私にはリーダーとしての大きな責任を感じていました。

    「この新技術の価値、重要性を伝えなければならない。」

     対外的な会議などで、「情熱」を常に発信してきました。常に私は発信する立場。息を抜くヒマがなかったように思います。

     今回は違ったんです。

     一緒に開発してきた協力メーカーさんが新に加わった関連会社へ「情熱」を熱く語ってくれたんです。

    「このすばらしい技術を一緒に作っていきましょう。」

     この言葉に感動しました。いつも発信してきた言葉が、違う会社の違う人から聞けたからです。「情熱」がひとり歩きをはじめていました。

     今回の会議はすでに数回継続されており、私が今回初参加だったのですが、すでにチームワークができあがっていたんです。おかげで会議の進行もスムーズに完了。

     今日のスキーマです。

  • Scheme199:リーダーの仕事は情熱を伝えること。情熱がひとり歩きしたとき、成功というステップにあがる。

  • 感謝には感謝が返ってくる


     このような思いがけない「情熱」に出会ったことで、私はこの現場にいる人達に感謝したいと強く思いました。

     そこで、先に紹介した「3年間のサクセスストーリー」を紹介し、言葉を結びました。

    「3人でスタートしたこのプロジェクトも、気づけば数社にまたがる大きなプロジェクトになりました。これまで多くの困難を解決してくれたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうざいました。」

     帰り際に、現地のエンジニアの方からこんな言葉を頂きました。

    「とっても良いお話を聞かせていただきました。ありがとうございました。」

     あれ、感謝を与えたかったんだけど、感謝が返ってきました。

     感謝ってそういうものなのかもしれませんね。

     今日はもうひとつスキーマを残しておきます。

  • Scheme200:感謝を与えれば、感謝が返ってくる。それが感謝というもの。

  • Scheme199:リーダーの仕事は情熱を伝えること。情熱がひとり歩きしたとき、成功というステップにあがる。

  • Scheme200:感謝を与えれば、感謝が返ってくる。それが感謝というもの。

  • 復習 Scheme184:褒められて気づく仕事の成果。成果を見つけたら褒めてあげよう。
    復習 Scheme85:サクセスストーリーに困難はつきもの。困難に出会ったときは、サクセスストーリーの先取りと考えよう。
    関連記事

    テーマ: 仕事の現場 | ジャンル: ビジネス

    モチベーションのスイッチ! | Home | 望(のぞみ)ワークショップ第2弾へ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する