うまくいかない不安は口に出す

 今週、自分が提案した会議があります。これは新たな会社の仕組みを提案していくもの。

 私はエンジニアです。技術を開発していくことが仕事。

 今回はエンジニアの教育の仕組みを提案したいと考えて提案する場を用意しています。

 でもここに大きなハードルがあるんです。

「直接部門の壁」

 技術開発や商品開発をうけもつ部門を直接部門と呼びます。一方、教育システムの構築などをサポートする部門が間接部門。

 今回の提案内容は実は、直接部門の枠をはるかに超えているんです。

 だから直接部門の中ではこの提案に「YES」という答えがでることは極めて低いんです。だから不安。

 でも、やりたいことであり、やるべきことだと思っています。

 ならば、どうすべきか・・・。

 今日のスキーマです。

  • Scheme190:「不安」を外にはき出すと「応援」が返ってくる。内に溜め込むと「不安」が引き寄せられる。

  • うまくいかない不安は口に出す


     何かに取り組むときに、大切にしたいことは「うまくいく自信」「うまくいくイメージ」です。

     だから「うまくいかない不安」があるときは、それを自分の中にためておくのが一番よくないこと。

     そんなときは、その不安を外にはき出しましょう。

     ある上司に・・・。

    「このまま打ち合わせに臨んでも、うまくいく気がしないんですよね。」

    「このチャンスを次に活かすにはどうしたらいいでしょうか。」


    「**さんに、声かけてみたら?」

     こうやって、徐々に間接部門のメンバーを増やしていくことができました。

    望むことは引き寄せられる


     このような行動のおかげで、周りからいろんな声が集まってきました。

    「面白そうな活動してますね。参加させていただきます。」

    「連絡しようと思っていたんです。ぜひ伺わせていただきます。」


     また、当日のプレゼンに対するアドバイスを頂いたり。

     「不安」を外にはき出すと、周りからの応援が返ってきます。

     もし私がこの「不安」を自分の中にためこんでいたら、その不安な状況を引き寄せただけになったことでしょう。

     きっと今週末には、新たな報告ができると思います。

  • Scheme190:「不安」を外にはき出すと「応援」が返ってくる。内に溜め込むと「不安」が引き寄せられる。

  • 復習 Scheme95:第六感とは感情という知覚である。明るい感情は内なる存在の波動と一致した証拠。
    復習 Scheme89:常に望みにフォーカスをあてよう。現実化への道は感情が教えてくれる。
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ひよこの会1周年オフ会マインドマップ | Home | 「3つの真実」は特別な一冊。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する