全脳思考チャートはコーチングを超える

 今日はフォトリーディング仲間のライキが主催するマインドマップワークショップの企画についてSkype会議を行いました。

 今日のメンバーは4名。

 そして以前ひよこの会のイベントを考えたときの全脳思考チャートをSkype会議で作りました。今回もこれにならって実施。

  • Scheme170:ターゲットを定めて全脳思考チャートを使えば、物語はスラスラと描ける。そしてターゲット以外にもその物語はあてはまる。

  •  今回も4名でアイデアをスパイラルアップしながら、企画を煮詰めていきました。Skypeは時間を気にしないで議論できるので重宝します。

     おかげさまで、主催者のライキが意図するねらいのワークショップが形になってきました。6/19の成功を確信しています。みなさんご協力ありがとうございました。

     さて、今日の話題は「全脳思考チャート」への気づきです。またひとつ理解を深める事ができました。

  • Scheme185:全脳思考チャートはコーチングのステップを超える。ゴールをイメージし、現状とのギャップを埋めていく。その感情曲線に大きなヒントが!

  • コーチングのステップ


     以前こちらのコーチングセミナーで相手を成功に導くステップについて学びました。

  • Try74:成長ノートをつけよう.コミュニケーションの特徴,成長の記録をつけ,フィードバックを行う

  •  もう一度コーチングのステップを紹介します。つぎのような5つのステップです。

    ステップ1.軽い質問からスタートする
    ステップ2.現在の課題について質問する
    ステップ3.ゴールをイメージさせる
    ステップ4.ギャップを埋めるためにはどうすべきか考えさせる
    ステップ5.具体的な取り組みを明確化する


     自分ひとりで何か次の行動を考えるとき、どうしても「具体的行動」をいきなり探そうとしてしまいます。

     でもこれってとっても困難です。視野がとても狭まってしまうから、よけいに行動すべきことが見えなくなってしまいます。

     そこでコーチングでは相手のゴールを引き出します。より具体的なイメージになるようにしていきます。

     対話によってイメージ化していくことで、相手も自分ではできないところまでイメージを具体化することができます。ここがコーチングによるメリットです。

    全脳思考チャートのステップ


     では、全脳思考チャートのステップと比較してみましょう。今日のSkype会議で話しながら作ったチャートがこれ。ベースはライキが作ってくれた枠に追記したものです。

    ライキWS全脳思考チャート
    多ぁ望チャート No.Z004


    ステップ1.ターゲットを120%ハッピーな姿をイメージする
    ステップ2.現在の状況をイメージする
    ステップ3.感情曲線の変化ポイントの出来事をイメージする
    ステップ4.具体的な行動を考える
    ステップ5.ストーリーにタイトルを付ける


     こんな感じになりました。やはり最初に行うことはゴールのイメージ。ここで特徴的なことは誰か具体的な人をターゲットに設定してその人の120%ハッピーな姿をイメージすることです。

     これは目の前の相手に対して、相手のゴールを引き出すコーチングと同じ手法だと気づきました。

     そして現状の姿をイメージします。ここは現状の課題を引き出すことと同じ。

     そしてその間にギャップがあるわけです。それを具体的に埋める行動を見つけていくのがコーチング。

     一方、その間のギャップを感情カーブを描いて、いろんな出来事を想像していくのが全脳思考チャート。

     コーチングは目の前に相手がいるのに対して、全脳思考チャートでは目の前にはいません。

     でもそのひとが喜んだり、落ち込んだりする感情の起伏を元に、ストーリーを作っていくステップはコーチングよりも拡張性の広い手法じゃないかなと感じました。

     いや、逆にコーチングの内容を濃くするためにも全脳思考チャートを使うともっと面白いことができそうな気がしてきました。

     恐るべし全脳思考チャート。コーチングのステップを超えることができそうです。

  • Scheme185:全脳思考チャートはコーチングのステップを超える。ゴールをイメージし、現状とのギャップを埋めていく。その感情曲線に大きなヒントが!

  • 復習 Try74:成長ノートをつけよう.コミュニケーションの特徴,成長の記録をつけ,フィードバックを行う
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    くだらないアイデアを出してみよう | Home | 褒められて気づく、自分の成果

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する