くだらないアイデアを出してみよう

 今日は勉強会を主催するメンバーで「すごい会議」を実践してきました。

 この4月から新しい部署でスタートした勉強会。推進メンバーを集めてすごい会議を計画。

 これから1年間の活動で、どんなことをやっていくかアイデア出しも兼ねて開催しました。

 勉強会といっても、ただの勉強会ではありません。その活動内容は・・・。

「今までになかったことをやろう!」

 ということで何でもあり。その中身を決めるのはこのチームです。

 今回すごい会議を新たなメンバーで行った結果、またひとつ学んだことがあります。

 それは・・・。

「くだらないアイデアを出してみる」

 これがすばらしい効果があることを実感しました。

  • Scheme186:「くだらないアイデアを出してみる」ことによって、自分の枠を超えたアイデアを引き出すことが可能。

  • アイデア会議+すごい会議


     すごい会議はチームワークを創りあげ、そのチームがめざすゴールと具体的なアクションプランを一気に作ることができるフレームワークです。

     新メンバーで実践するのは1年ぶり。昨年はこんなレポートを書いていました。

  • Task43:「すごい会議」を本業のプロジェクトに導入する 6/17完了
    チームワーク形成と、問題解決の促進を実現しよう。

  •  今回も新メンバーで「戦略的フォーカス」を作り、めざすゴールを明確化することができました。

     さて、今回は勉強会で何をやるべきか?というアイデアをたくさん出したかったので過去に経験した「アイデア会議」のやり方を取り込んでみました。

  • Task32:アイデア会議を実践しよう。紙1枚にアイデアを書いて持ち寄り、プロセス重視の会議を実践。6/5完了

  •  昨年実践したアイデア会議ではA4の紙1枚に1アイデアを書いてテーブルにばらまくということをやりました。そして白紙を用意して、他人のアイデアに便乗してどんどんアイデアを出すという方法。

     今回はその代わりにポストイットを活用してテーブルにポストイットを貼ってグループ化しながらアイデアを出しまくりました。そのときの質問は、

    「勉強会としてやっていきたいイベントは何か?」

     こういう問いかけだと、参加者の頭のなかはどうなるかというと・・・。

    「価値あるイベントを考えなきゃ。失敗しないイベントを考えなきゃ。」

     となります。その結果・・・。

    「うーん・・・。」

     ということになります。テーブルの上に貼り出されたポストイットには月並みなアイデアばかり。

    「くだらないアイデアを出してみる」という方法


     以前すごいコーチの永井さんから教わったすごい会議の方法では、行き詰まったときにこんな問いかけをしていました。

    「それではくだらないアイデアを紙に書いてみて下さい。」

     さて、こう問いかけられると頭の中はどうなるでしょうか。

    「くだらない? ばかげている? 何でもあり? それなら・・・。」

     イメージ図にしてみました。

    くだらないアイデア


     中心にある丸が自分の思考の枠だと思って下さい。ひとりでアイデアを考えようとしても「価値あるイベントを考えなきゃ。失敗しないイベントを考えなきゃ。」こういう気持ちが枠を狭めてしまいます。つまり図中の赤くて狭いストライクゾーンをめざして一生懸命考えます。

     アイデアのレベルの高さが中心からの距離だとします。ひとりでは自分の枠の内側でしか思いつきません。

     ここで、「くだらないアイデアを」と問いかけられることによって、その方向が一気に拡大します。

    ・くだらなくてもいい
    ・遊んだアイデアでもいい
    ・ばかげているものでもいい
    ・できそうもないものでもいい


     実はこういう気持ちが思考の枠を広げてくれます。

     結果的に生まれてくるアイデアは星マークのようなポイント。つまり自分の思考の枠を超えて、高いレベルのアイデアがたくさん出てくるんです。

     さらにこれらは他人の思考との対話によって、広がります。同時多発的に、自分だけでなく、相手からもどんどんアイデアが生まれてくる。

     そんな効果を今回のすごい会議で体験することができました。

     今後が楽しみな勉強会です。

  • Scheme186:「くだらないアイデアを出してみる」ことによって、自分の枠を超えたアイデアを引き出すことが可能。

  • 復習 Task43:「すごい会議」を本業のプロジェクトに導入する 6/17完了
    チームワーク形成と、問題解決の促進を実現しよう。
    復習 Task32:アイデア会議を実践しよう。紙1枚にアイデアを書いて持ち寄り、プロセス重視の会議を実践。6/5完了
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    成功と感じる理由、失敗と感じる理由 | Home | 全脳思考チャートはコーチングを超える

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する