「みんなで発見する『私』」というタイトル

 今日は面白い会議を行いました。名付けて・・・。

Skypeで全脳思考チャート会議!

 って、しょぼいネーミングですみません。

 会議の目的はこれです。

  • Task73:フォトリーひよこの会 一周年記念オフミを開催する。自分と仲間の成長を共有しよう。

  •  ついに私もフォトリーダーとなって1年を迎える日が来ます。その日を受講生みんなで過ごそうという企画。5/22(土)に開催することとなりました。

     その企画を3名のメンバーでSkype会議を行いました。

     企画案を考えるために有効なのが「全脳思考チャート」。以前ワークショップデザインでも活用しました。

  • Try245:全脳思考TEFCASを活用して、ワークショップデザインを行う

  •  今回は具体的なターゲットを設定してストーリーを3人でイメージしてみました。およそ3時間。

     すると、アイデアが出てくる出てくる。

     3時間後には、すばらしい物語が見えてきました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme170:ターゲットを定めて全脳思考チャートを使えば、物語はスラスラと描ける。そしてターゲット以外にもその物語はあてはまる。

  • 会議開催への事前準備


     今回はオフ会の日程、時間はすでに決まっているのでその中身をどう充実させるかという議題でした。

     そこで私が準備したものはこれ。

    ひよこの会全脳チャート

     全脳思考チャートの枠と曲線だけ。

     曲線の開始点にはイケてない顔。そして終了点には120%ハッピーなとびっきりの笑顔。

     そしてこの枠を3人で会話しながら埋めていこうという作戦でした。

     実際に複数でこのチャートを作った経験はないんですが・・・。まずはやってみよう!!

    全脳思考チャート作成結果


     開始から30分は、みんな初めてのSkypeでトラブル続き。でも軌道に乗ったらすらすらと進みました。

     さて、途中をはぶいて3時間後・・・。こんな感じになりました。

    ひよこの会全脳チャート公開版
    多ぁ望Chart No.=Z002


     たった3時間でこれだけの物語が描けるとは驚き、かつ感動でした。

     進め方をメモしておきます。

    1.ターゲットを決める
     今回は1年前に一緒に受講したAさんに決定。(本人の許可はありません。ごめんなさい。)

    2.Aさんの120%ハッピーな姿を想像する
     ・とびっきりの笑顔になっている
     ・「私ってフォトリできるじゃん!」
     ・「明日から**をやってみよう!」

    3.Aさんの現状を想像する
     ・フォトリーができていない
     ・めざすものがよくわからない
     ・最近うまくいっていない
     ※Aさんへ、これは全くの想像です。あしからず。

    4.オフミの企画案を考える
     ①自己紹介
     ②成果報告プレゼン
     ③グループフォトリーディング
      3名程度のグループで、お勧めの本を1冊持ち寄ってローテーション。その3冊からグループマインドマップを作ります。
     ④グループ発表
     ⑤全員のシェア

    5.企画案とストーリーを融合する
     ①自己紹介
      → みんなの成果を聞いて、モチベーションUP!
      → でも「すごい」の連続で、「私なんて・・・。」とモチベーションDown

     ②成果報告プレゼン 
     ③グループフォトリーディング
      → グループディスカッションによってモチベーションをもちなおす
      → いろんなアイデアがあふれてきて「わぁ、どうしよう!!」と頭が拡散状態。
      → マインドマップによって収束が見えてきた!「やったぁ!」

     ④グループ発表
      → モチベーション急上昇!
     ⑤全員のシェア
      → カチッ!と何かのスイッチが入る。「そうだ!!」
      → 自分を再発見して新たな行動に踏み出す決心を得る
      → そして120%ハッピーな姿につながる

    6.映画のタイトルを決める

    「もしこのストーリーを映画にしたら、どんなタイトルがいいか?」

     けっこう悩みました。いろんな案を出しまくりました。その結果・・・。

    「みんなで発見する『私』」

     すばらしいタイトルです!! 山さん、15代目さん、ありがとう!!

    「私、再発見」

     こんな案もありました。そう、再発見を促したいんです。あなたは今のままですばらしいのです。

     でもそれに自ら気づくとは難しい。だからその場にいる誰かが発見してくれるはず。

     だから

    「みんなで発見する『私』」

     としました。

     実にこの全脳チャートの物語を反映しているタイトルです。なんだかワクワクが止まりません。明日は仕事なんだけど、夢中になって今、この記事を書いています。

    7.オープニングを考える
     映画にはインパクトのあるオープニングがあります。今回この映画のオープニングはどうすべきか議論してみました。

     その結果、1周年オフミに必要なオープニングは・・・。

    「1年前のフォトリー受講時の気分を思い出すこと」

     これです。これを創り出す方法はもうちょっと考えます。

     以上全脳思考チャートを初めて3人で作った体験談でした。具体的な人物をターゲットにすると、こんなにスラスラとイメージが描けるんですね。

     そして具体的な人物を外して眺めてみると・・・。それは誰にでもあてはまるストーリーになっているんです。

     すばらしいツールです。

     この1周年オフミが成功することは間違いなし。 なぜなら、カーブの先は120%ハッピーな姿だから。

     だから「ひよこの会」のみなさん、ぜひ1周年オフミでお会いしましょう。

     今日のスキーマです。

  • Scheme170:ターゲットを定めて全脳思考チャートを使えば、物語はスラスラと描ける。そしてターゲット以外にもその物語はあてはまる。

  • Task73:フォトリーひよこの会 一周年記念オフミを開催する。自分と仲間の成長を共有しよう。

  • 復習 Try245:全脳思考TEFCASを活用して、ワークショップデザインを行う
    復習 Scheme83:知識社会における成功は、物語から。曲線を含むストーリーが成功へと導く。
    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    驚きが情報量 | Home | 言葉と雰囲気の方程式

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    「渡り鳥の会」に「ひよこの会」。名前だけ聞くと鳥好きの集まりみたいですね^^どちらもフォトリーディング受講生の集まりです。渡り鳥の会は、大本昌弘さん(通称オビワン)の受講生の集まりひよこの会は、山口佐貴子さんの受講生の集まり私は大本さんにも、佐貴子さんに...

    2010.05.24 (Mon) 01:16 | フォトリーディング思考習慣