最新コミットメント

TEFCASに従ったプレゼンワーク

 先日に引き続き「望(のそみ)ワークショップ」のレポートを紹介します。新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 今日はワークショップのコンテンツについて紹介していきます。

 すでにサポートしてくれたキャンディとバシャールがブログにアップしてくれました。ありがとうございます。

  • キャンディ:多ぁ望の”望(のぞみ)ワークショップ「プレゼンフィードバック法」”

  • バシャール:びー・ぷれぜんしんぐ

  •  このワークショップのねらいは3つありました。

    1.全脳思考チャートの活用

    2.TEFCASに従った加速学習サイクルの効果

    3.セルフフィードバックとマルチフィードバック


     これらを組み合わせるとすごいことに・・・。

  • Scheme156:全脳チャート曲線の交点に成長のきっかけがある。それを意図的に起こすのが望(のぞみ)ワークショップである。

  • 1.全脳思考チャートの活用


     望(のぞみ)ワークショップの概要はこんな感じです。全脳思考チャートをちょっと変えて4つのステップにわけてカーブを描いてみました。

     個人ワーク → 講義 → グループワーク → 発表

     曲線が3本あります。これは例えば3人の成長曲線。3人の感情のアップダウンは同じではありません。

     そして彼らの曲線が一致する交点にお互いが成長できる「きっかけ」が起こります。

    良いプレゼンとは

    2.TEFCASに従った加速学習サイクルの効果


     上の画像にあるようにこのワークショップはトニー・ブザン氏が提唱するTEFCASの加速学習サイクルに合わせて構成してみました。

     TEFCASの内容はこちらの記事参照ください。

  • Scheme83:知識社会における成功は、物語から。
    曲線を含むストーリーが成功へと導く。

  • STEP1:Success
     この学習サイクルのファーストステップは”T”ではありません。まずは”S”をイメージすることがスタートです。

     つまり120%ハッピーな成功をイメージすること。

    ①プレゼンターは自分の120%ハッピーな状態をイメージ
    ②サポーターは自分がプロデュースしたいプレゼンターを120%ハッピーにする状態をイメージ


     今回は「すごい会議」の手法を活用してポストイットにこれらを書いて発表してもらいました。

    STEP2:Trials
     次はいきなりプレゼンスタートです。いろいろとノウハウを学ぶ前に

    まずはやってみよう!

     これがTEFCASの特徴です。ひとり5分間のプレゼンを6名の方に披露していただきました。みなさんすばらしかった!

    ①マーティ:ブックファシリテーション事業の提案

     高橋メソッドを使いこなした新規事業の紹介。私の社内勉強会の悩みを例として取り上げて頂きました。とってもわかりやしストーリーでした。おみごと。

    ②よーさい:中国ホルチン砂漠の緑化ボランティア

     プレゼンテーションZENのキーポイントをとらえたスライドだったと思います。究極のシンプルさ(写真だけ)のテクニックはすばらしかったです。最後のオビワンの言葉がうまく繋がっていてジーンと来ました。

    ③ライキ:マイU理論 自分にとっての幸せってなんだろう

     U理論を自分の体験や言葉で熱く語ってくれました。唯一模造紙を使ってのプレゼン。紙だけどポストイットとその場で書くというアクションでアナログなのにダイナミックにプレゼンしてくれました。すごい。

    ④Mr.自由恋愛:U理論~保留とセンシング~

     こちらもU理論の内容。その中でも保留にフォーカスしているとこがメリハリありました。とてもプレゼン慣れしているように感じました。身体をゆらすのはそんなに気にならなかったです。

    ⑤ショーグン:人生が変わる!!問題解決力

     大前研一氏の通信教育で学んだ「問題解決力」。その必要性や効果を力説。論理的なプレゼンでした。5分間プレゼンにしてはちょっとボリュームが多すぎたかも。

    ⑥ソニック:超かんたんヨガ入門

     「ヨガ」の一般的なイメージを最初に出して共感を誘い、その後に専門知識を解説するというステップはとてもわかりやすい構成でした。初めてとは思えないすばらしいプレゼンでした。

    STEP3:Events
     そしてTrialsには必ずEvents(結果)が発生します。それを自分で客観的に見てみようという試みです。

     ユアンに協力いただき、全員のビデオを撮影し、各自、自分のプレゼンを見て頂きました。

     自分の姿、自分の声を離れて客観的に見るチャンスってなかなかありませんよね。でも、これが一番上達する方法なんです。

    STEP3:Feedback
     さて、ここがこのワークショップのねらいです。あらかじめフィードバックすべきポイントをマインドマップのブランチに表現し、自分から自分へのフィードバックと聞き手からプレゼンターへのフィードバックを集める仕組みを提供しました。

     このフィードバックマインドマップは次のタイミングで描いてもらいました。

    ①最初のTrialsのプレゼンを聞いたあと(聞き手のみ)
    ②Eventsのビデオ再生のあと(自分から自分へ)
    ③グループワークの発表のあと(聞き手のみ)


     そしてこのフィードバックマインドマップは終了後にそれぞれに配布してもらいプレゼンターが持って帰るプレゼントとしました。

     全16名からのフィードバックはとっても価値のあるプレゼントになったと思います。もちろん私へのフィードバックもとっても価値あるものばかり。嬉しかったです。

    フィードバックマインドマップ
    多ぁ望Map No.0145


    STEP4:Check & Adjust
     ここからグループワークです。4名のプレゼンターを選出し、4つのグループにわけて実施。プレゼンター以外の参加者はサポーターとしてプレゼンターの資料、ストーリー、ジェスチャーなどに対してプロデュースを行います。

     今回は時間の都合上25分しかとれませんでした。たったこれだけの時間で何ができるのか?という不安もありましたが・・・。

     私はショーグンのグループに参加(サポーターはユアン、ヒデロー、多ぁ望)。もともと5分の内容にしてはちょっと多かったので、彼が何を伝えたいのか?を明確にしてもらい、内容を絞ることにしました。

    ショーグン:「やっぱり問題解決力の必要性です。時代の変化から今は必要性が高まっているんです。」

     なんかピンと来ませんでした。

    多ぁ望:「それはショーグンが経験してきたことじゃないよね。聞き手は本に載っていることじゃなくて、自分の経験談とかが聞きたいと思うよ。」

    ショーグン:「そうか、この問題解決力を学ぶことで自分の目標が明確になったことです。」

    多ぁ望:「そう!それだよ!!」

     もちろんユアン、ヒデローとのディスカッションも加わって、たった25分の間に見違えるストーリーが構築できました。

    STEP5:Success(再)
     そしてグループワークの発表です。やっぱり渡り鳥のメンバーのスキルは高いです。4グループのプレゼンはすべて見違える改善を披露してくれました。

     我がグループのショーグンは1回目はPCの前でプレゼンしていましたが、2回目はジェスチャーも交えて堂々とかっこいいプレゼンを披露してくれました。サポーターとしてもワクワクしちゃいました。

     こういう変化がワークショップの楽しさですね。

     そしてそれを起こす「気づきの場」を創れたことに感謝です。

    STEP6:クロージング

     グループワークは想像以上の成果が出てきました。正直びっくりです。

     最後のクロージングでは最初のSTEP1で書いてもらったポストイットを振り返って一言メッセージを頂きました。

     ここにも実は「すごい会議」のノウハウを活用しています。最初に宣言してもらったことが達成できているか?を確認すること。

     実際にこれを実行してみると、ほとんどが達成できている。あるいはそれ以上の成果を得ていることが多いです。なぜなら潜在意識にうまくいくように指令しているからです。

     みなさんからのメッセージも自信に満ちあふれた回答で最初に宣言したものを得ていたので、とっても嬉しくなりました。

     長くなったので、3つめのねらいであるフィードバックは次回紹介します。

     望(のぞみ)ワークショップはいかがでしたか? 今回は自分自身にもいろんな学びがありました。また企画したいです。

     ご協力いただいた方、そして参加いただいたかたに感謝します。どうもありがとうございました。

  • Scheme156:全脳チャート曲線の交点に成長のきっかけがある。それを意図的に起こすのが望(のぞみ)ワークショップである。

  • Task97:「プレゼンスキル向上」ワークショップを開催する 10.03.28完了

  • 復習 Scheme83:知識社会における成功は、物語から。
    曲線を含むストーリーが成功へと導く。

    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    海へ、山へ、砂漠へ、最初の一歩を踏みだそう!

    4月1日。通勤電車から降りると、新入社員の姿が初々しい。あたりまえのように過ぎていた日常が、ひととき巻き戻るような感覚を受けます。もうこんな季節か~と思いつつ、職場で書類を整理していたら、自分が新人の頃に書いた報告書を見つけました。読んでみたら、まぁ恥...

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)