最新コミットメント

ノート術はビジネススキル

 今日はこの本を読んで、ひとつ気づいたことがあります。

「そうか。ノート術はひとつのビジネススキルなのか!」

 ということです。こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 というわけで本日から「手帳術」のサブカテゴリに「ノート術」を追加してみました。

 最近は、書店の平積みの本を見ても「ノート術」に関するものがたくさん並んでますよね。

フォトリーNo.157

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
(2009/09/11)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る


 ノート術は奥が深いです。今まで記録することがノートと思っていましたが、それはメモ。ノートとは思考をまとめるためのもの。

 そういう使い方してないかも。今後は自分のノートスタイルを構築していきたいです。

 この美崎さんの本で印象に残った言葉はこれです。

  • Scheme154:学生のノートは覚えるため。社会人のノートは忘れるため。by 美崎栄一郎

  • ノートの使い方を変える必要性


     学生の頃は、試験勉強のためにたくさんノートを書いてきました。

    「学生ノート」=覚えるため
     ・授業の先生の板書を書き写す
     ・問題集の答えを書く
     ・教科書の内容をまとめる


     これが私の身体に染みついているノートの概念。あるいは解釈。

     でもこれは「学生のためのノート」の使い方。新しい知識を覚えるための使い方でした。もはやずっと昔に卒業してなければいけないものです。

     人は染みついた習慣を変えることはかなり難しいです。

     意図的な努力がないとできません。

     いや、努力の前に、良くない習慣に気づくことがまず必要です。

     社会人になると、ノートの使い方を変える必要があります。それは目的が異なるから。

    「社会人ノート」=忘れるため
     ・自分の失敗体験を記録する
     ・失敗から何を学んだかまとめる
     ・自分の成功体験を記録する
     ・再び成功するために必要なことをまとめる


     社会人で成長するためには、自分の経験をまとめること。そしてそれを活かすこと。そのためには数々の経験を覚えておく必要はありません。いや、失敗に固執してはいけません。つまり忘れること。

     忘れるために書き残すのが「社会人ノート」なんです。

     まずはこの違いを認識しておかないと。

    私のノート術は?


     美崎さんは次のように言っています。

    「自ら工夫してビジネススキルとしてのノート術を磨け」

     私には「ノート術」がビジネススキルである認識がありませんでした。なぜならノートは学生の頃から使ってきた者だから。

     でもそれは大間違い。

     私のノート術を冷静に振り返ってみると・・・。

    ①A6サイズのメモ帳
     ちょっとした思いつき、ブログネタなどを記録

    ②マインドマップ手帳
     読書マップ、勉強会企画、アイデアの活性化に利用

    ③A4スケッチブック
     読書マップ、セミナー記録など、見せるマインドマップ

    ④システム手帳
     ビジネスで活用しているA5サイズバインダー

    ⑤iPhoneメモ
     デジタルツールのメモ

     いろんなツールを利用していますが、決定的に欠けていることがありました。本書では「母艦ノート」と呼んでいましたが、メモを母艦ノートに移してまとめるという使い方です。

     ①と⑤はメモするだけ。

     ②は最近メインで活用しているマインドマップ。アイデアまとめにも利用しており気に入っています。

     ③はブログなどで見せるためのマインドマップ。最近ちょっと頻度減ってきてますが。セミナーなどをまとめるのはこちらを活用しています。

     さて、問題なのは④です。ビジネスで活用する手帳であるからには、自分の経験を次に活かせるノート術が求められるはず。

     ここがただの「学生ノート」になっていました。

     メモが活かせる「母艦ノート」としての活用をシステム手帳に組み込んでいきたいと思います。

    ・予想
    ・実行
    ・結果


     これらを1ページに書くようにトライしてみたいと思います。

  • Scheme154:学生のノートは覚えるため。社会人のノートは忘れるため。by 美崎栄一郎

  • Try255:メモから発展させて「予想→実行→結果」をノートへ記録しよう

  • 復習 Task81:ノート術をテーマにした勉強会を開催する
    復習 Scheme140:忘却は思考の整理の手順のひとつ。メモして忘れ、メモ見て思考すること。
    復習 Scheme127:人間は忘れる動物。外部記憶を活用し、手帳に記憶を残そう。
    復習 Scheme32:手帳を使って記憶を保管し、能力を補間しよう
    人は忘れるもの。手帳に頼って忘れる不安から解放しよう。
    関連記事


    theme : ビジネス書レビュー genre : ビジネス

    comment

    Secret

    ノート術

    お久しぶりです。

    ノートをどう書くか、複数のノートに分けるべきか、などなど色々悩んでますが、ベストな結論に至っていません。
    どれも一長一短あってしかるべきなんでしょうが・・・

    思考や発想といったものにも関わりうることですし、ノート術の勉強会、期待してます(笑)

    ノート術は奥が深い

    れいさん、コメントありがとうございます。ご無沙汰しています。

    ノート術は奥が深いですよね。今回より「ノート術」カテゴリを新設しました。

    ここの記事が10を超えたら勉強会開催できるレベルになるかな。

    まだまだ勉強中の身です。まずは「どう書くか?」について実践していきたいと思っています。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)