「宇宙からの手紙」を受け取ろう

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 今日はスピリチュアルな話題をお届けします。

 ザ・シークレットの本やDVDをご覧になった方は、この本もきっと気に入るに違いありません。ザ・シークレットの著者=ロンダ・バーン氏もこの本で元気づけられたそうです。

  • Scheme89:常に望みにフォーカスをあてよう。
    現実化への道は感情が教えてくれる

  •  あなたにも、宇宙から手紙が来たと思って手に取ってみて下さい。

     きっと、暖かい気持ちになります。

     きっと、気持ちが楽になります。

     そして、自信が出てきます。


     なぜなら、あなたには宇宙が手助けしてくれるからです。

    フォトリーNo.162

    宇宙からの手紙宇宙からの手紙
    (2008/08/29)
    マイク・ドゥーリー

    商品詳細を見る


     私がこの本からホッと気持ちが楽になったフレーズを紹介します。今日のスキーマです。

  • Scheme163:欠乏感に惑わされることなく満足感を重視する。それを選択できるのは自分だけ。
  • 宇宙からの暖かいメッセージ


    「ほとんどすべての人の人生に欠けているものは?」

     「自分の人生には、何ら欠けているものはないと悟ること」

    「もっと良いあなたになるためにしなければいけないことは?」

     「何もない。すでに十分すばらしく十分に価値があると知ること。」

     なるほどです。欠乏感に惑わされるのはもったいないです。満足感、充実感を重視したいですね。それを選択できるのは自分だけ。

    「自分自身を信じることは難しすぎるとき」

     「私を信じなさい。魔法と見えないものを信じなさい。自分を信じるよりずっと簡単です。」

     ポジティブシンキングでは「自分を信じること」が重視されます。でもそれってなかなか簡単にできるものではないかもしれません。

     そんなときに頼れるもの。信じられる何かがあると強くなれそうです。日本では宗教的な色が薄いです。何かを信じている人は強いですね。

    「何かに怒りを感じたときは何かあなたが学ぶべきレッスンがあるということ」

     まず、自分が「あ、今、イライラしている」と一歩引いて感じられることが大切です。そのあとで、このイライラはどんな学びを教えてくれているのか?と考えるとイライラと楽しくつきあえるかもしれません。

     このように気づかない小さな幸せを拡大してくれる暖かいメッセージが満載です。

     では、最後にこんな「テスト」がありました。

    「どのようにして愛・健康・豊かさを見つけますか?」

     答えはこれです。

     「探すことをやめること。そこにあるものを見始めます。」

     そうです。答えは目の前にあるんです。それに気づくことが出来るか否かで、自分の幸せが決まるってことですね。

     みなさんも、ちょっと立ち止まって目の前のものに目を向けてみましょう。
     
  • Scheme163:欠乏感に惑わされることなく満足感を重視する。それを選択できるのは自分だけ。

  • 復習 Scheme89:常に望みにフォーカスをあてよう。
    現実化への道は感情が教えてくれる

    復習 Scheme106:幸せのレベルを決めるのは誰でもなく、自分である
    関連記事

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    名古屋で過ごす奇跡の場 | Home | 「もしドラ」が火をつけたドラッガーブーム

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する