30秒プレゼンテーションにトライ

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。いやな季節になってきました。

 私は花粉症。もう長いことつきあっています。この時期になると薬の効果も乏しく集中力に欠けることが多くなってきます。

 さて、気を取り直して今日はこんなテーマでいってみたいと思います。

30秒プレゼンテーション

 3分間プレゼンとかは比較的やりやすいです。伝えたいことを明確にしてロジックを組み立てる。ストーリー性をもって伝えられる一番短いプレゼンテーションではないでしょうか。

 では、30秒だったら?

 どうでしょうか。

 そんなプレゼンが近々予定されています。この場を借りて練習してみたいと思います。

  • Task103:30秒プレゼンにチャレンジする。相手が聞きたいことにフォーカスしよう。

  • 30秒プレゼン リハーサル


     まずは短時間で説明できるプレゼン構成を考えてみたいと思います。活用するフォーマットはこちら。

  • Try128:AREA法を使って、効率的な議論を行おう
    考えるよりも、先にAREAの型にはめて、訓練する。

  •  テーマは「新商品の売り込み」です。聞き手は会社のトップクラスの人達。他にもたくさん売り込みプレゼンをするメンバーがいるので、私はその中のひとり。

    Assertion(主張)

     本商品は性能およびコストで競争力を発揮していくために今後、必要不可欠なものとなります。

    Reason(理由)

     なぜならば性能とコストは相反することが多く、両立させるためには困難を極めます。その困難をブレークスルーできる商品が今後激しい競争に生き残れるカギとなるからです。

    Evidence(根拠) or Example(具体例)

     ここに今回開発した商品をもってきました。この良さが体感できることと思います。この商品によって性能向上とコストの削減を両立しました。

    Assertion(主張)
     だから、性能およびコストで競争力を発揮していくために今後、必要不可欠なものとなっていくのです。

     伝いたい概要はこんな感じ。今回は「Example:具体例」に新商品の展示をもってきて代替えする予定。この新商品の売りは実際に触って違いを感じてもらうところにあります。

     すでにリハーサルを何度かトライしているんですが、ここでちょっと反省すべき点に気づきました。

     展示してある商品の説明に入ると、聞き手は現物に目を取られます。すると資料をいくらがんばって説明しても注目してくれないんです。

     そこで順番を入れ替えることにします。一通り説明したあとに、現物を説明するという作戦。

     実は30秒プレゼンとは、実際に30秒守らないといけないものではありません。聞き手が興味を示せば、質疑応答が加わって長くなることもあります。最悪なのは興味を示されず、次に行ってしまうこと。

     ぜひ前者をねらっていきたいです。

    30秒プレゼンの本番へ


     ということで、本番用の構成を練り直してみたいと思います。本番のプレゼン結果は次週お伝えできると思います。

     もういちど、プレゼンの構成をセルフチェックしてみたいと思います。

    ①難しい説明や、わかりづらい専門用語などは極力さけること

    ②説明は資料に頼らないこと

    ③話したいことではなく、相手が聞きたいこと

    ④話すペースはゆっくりと

    ⑤ジェスチャーを使って情熱をもって伝えること

    ⑥その説明はなぜ必要なのか

     技術者はいかに自分の研究が難しかったか、あるいは大変だったかを伝えたがります。でもそれは聞き手が望んでいることではありません。

    聞き手はどんなメリットを受けられるのか?

     自分目線ではなく、聞き手の目線でプレゼンを構成していきたいですね。

     自分に問いかけることで、S/N比を高くして内容が研ぎ澄まされていくような気がします。そうすれば30秒プレゼンに近づいていくのではないでしょうか。

  • Task103:30秒プレゼンにチャレンジする。相手が聞きたいことにフォーカスしよう。

  • 復習 Try128:AREA法を使って、効率的な議論を行おう
    考えるよりも、先にAREAの型にはめて、訓練する。

    復習 Scheme123:プレゼンは貢献するためのもの。貢献に優劣はない。
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    This is it に学ぶ「謙虚さ」 | Home | skypeデビュー!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する