あなたのプランニングの時間は?

 今日はタイムマネジメントをテーマにこの本からひとつ紹介します。

プランニングの時間を切り離す

 斎藤先生のノウハウは効率的でかつ元気の出る内容が多くて好きです。

 この本は「仕事燃費」というキーワードでビジネススキルが紹介されています。燃費の悪い行動は、悪影響をいろんなところに及ぼします。

 良い成果をたくさんアウトプットしていくためには、それなりの燃費が必要です。

 がむしゃらに頑張ることが正ではありません。

 ちょっとこの本で息抜きしてみませんか?

フォトリーNo.156
仕事燃費を3倍アップする!仕事燃費を3倍アップする!
(2010/01/22)
齋藤 孝

商品詳細を見る

 私がこれはやらねば!と気づいたのがこれ。

  • Try251:プランニングの時間を区別して、仕事燃費を向上させよう。

  • プランニングの時間


     みなさんは「プランニングの時間」が自分のスケジュールに予約されているでしょうか。

     斎藤先生は日々、30分以上とっているそうです。

     簡単に言うと、その日のスケジュールを組み立てる時間のこと。

     スケジュールの組み立てなしに一日をスタートするとどういうことになるか・・・。



     おわかりですね?

     あっという間に一日は終わります。やらなきゃいけないことを残して・・・。

     こうならないためには、プランニングが重要です。

     斎藤先生はこのプランニングの時間を日々の業務スケジュールから切り離せとアドバイスしています。

     そのメリットとは

    ①環境が仕事場と異なるため、新たな視点が生まれる
    ②ゆとりが生まれる。精神的に余裕ができる。
    ③集中できる
    ④一日が計画的になる


     です。

     最近、仕事がかなり忙しくなってきています。時間に追われる日々が続いています。

     そうならないように、もう一度プランニングの時間を確保したいと思います。

    プランニングスケジュール


     さて、自分の今の仕事環境に当てはめてみました。

     今までは仕事と並行して、スケジュール帳に予定を組み込んでいました。でもよく考えてみると、それは順番に手帳に書き込んでいることがほとんど。

     これじゃタイムマネジメントになっていません。

     プランニングを考えてこそ、マネジメントになります。

     私の現在の行動パターン。

    ①会社に行く
    ②ジムでストレッチする
    ③事務所へ行く
    ④仕事スタート


     さて、どこに組み込むかというと・・・。②のあとに飲み物を買いに売店に行くことがあります。

     そこで食堂で水分補給をしつつ、手帳と向き合う時間を創る。これをやってみたいと思います。

    ①会社に行く
    ②ジムでストレッチする
    ③プランニングタイム
    ④事務所へ行く
    ⑤仕事スタート


  • Try251:プランニングの時間を区別して、仕事燃費を向上させよう。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    タイムマネジメントの反省 | Home | 地球の自転を自分の目で確かめよう

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する