システム手帳のクリアポケット買い直し

 ささいなことですが、教訓を得た内容をメモしておきます。
 以前、A5サイズシステム手帳を使いはじめてから、クリアポケットを同時に購入しました。特に気をつかわず買ったのがいけませんでした。それは通常のA5リフィルとおなじサイズのポケット。どういうことかというと、

 A4サイズの紙を二つ折りにしたものとポケットのサイズが一緒=パンチ穴をあけないと、A4サイズを折っても入らないんです!

 という失敗談です。クリアポケットにいれるのに、わざわざ穴なんてあけませんよね。

 というわけで、今日はリベンジ。当然ながら、A4二つ折りサイズを入れるためのクリアポケットというのが商品に並んでいました。ASHFORDの「ワイド幅タイプ」というものです。
 これなら、二つ折りのA4がそのまま入ります。
 みなさん知ってましたよね? いいです。私も今日知ったのですから。

Ashford/アシュフォード スペシャルクリアーポケット A5サイズ 0428-000

教訓6:A5サイズのクリアポケットには「幅広タイプ」がある.A4サイズを入れるなら,これじゃないと入りません!
関連記事

テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

「紙に書く」ことで自動的に目標は達成できるのか? | Home | システム手帳リフィルのバージョンアップ3

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する