1日3回ほめ言葉を使おう

 今日はこのトライ宣言をしたいと思います。

  • Try242:1日、3回ほめ言葉を使おう。ほめ言葉は魔法の力。

  •  以前こんなトライ宣言をしています。

  • Try166:4つのタイプ別のコミュニケーションをひとつ実践しよう

  •  4つのタイプとは、コーチングに活用されるコミュニケーションの特徴によって区別するタイプ分けです。

     私のタイプは

    コントローラー

     です。

     このときの記事を再び引用します。

    自分はコントローラータイプです。このタイプは褒めることを得意としません。自分が思っている10倍褒める必要があります。
     さらに、仕事を自分でこなそうとする傾向が強いです。部下への委譲をしっかりと行いましょう。

    フォトリーNo.137
    ほめ言葉の魔法力 (PHP文庫 う 18-1)ほめ言葉の魔法力 (PHP文庫 う 18-1)
    (2008/01/07)
    臼井 由妃

    商品詳細を見る

     この本を読んで、「ほめる言葉」の重要性、効果、魔法力に気づかされました。

    言葉は人生を変える


     みなさんは、「ほめ言葉」使ってますか?

     言葉は大きな力を持っています。人生を変える力が秘められています。

     なので、うまく活用すれば大きな成功をつかむことも可能。でも、使い方を間違えれば人生をつまらないものにしてしまうかもしれません。

     以前「あいさつは魔法の力」という記事を紹介しました。たった一言のあいさつにも大きな力が含まれています。

  • Try97:イキワク活動を参考に、施策を考えさせる
    上司からの指示型では、モチベーションはあがらない。

  •  例えば「おはようございます」という言葉。これってあいさつですよね。

     でもよく考えてみると、「ほめ言葉」でもあるんです。

     一日のはじまりに誰かと顔を合わせたとき、相手に対して

    「今日もお早いですね。」

     という意味が含まれています。だからお互いに気持ちよくなるんですね。

     著者の臼井さんの言葉にこんなフレーズがありました。

  • Scheme140:ほめることは百利あって、一害なし。臼井由妃

  •  ほめることは得になることは山ほどありますが、損になることはありません。

    1日3回ほめ言葉を使おう


     さて、今回のトライ宣言にした「1日3回ほめ言葉を使う」って、簡単でしょうか?

     1日3人にほめ言葉を伝えれば、それでOKです。言葉で書くと、簡単。

     でも普段ほめ言葉に慣れてないと、なかなか簡単には口から出ていかないんです。

     本書では次のような「3ほめ」を推奨しています。これならできそうです。

    ①朝、目覚めたときに自分に「ほめ言葉」を使う

    ②笑顔とセットで「ほめ言葉」を誰かにプレゼント

    ③寝る前の「ほめ言葉」で一日を締めくくる


     これなら自分に2回、誰かに1回ほめればOKなんです。自分に毎日ほめ言葉を使うことで、慣れるという作戦ですね。

     苦手意識があるひとには、絶好の手法だと思います。まずは実行して、慣れること。

     家族など、身近なひとに使うのも良い方法だと思います。

     ぜひ、「ほめ言葉」に慣れていきたいです。

  • Try242:1日、3回ほめ言葉を使おう。ほめ言葉は魔法の力。

  • Scheme140:ほめることは百利あって、一害なし。臼井由妃

  • 復習 Try166:4つのタイプ別のコミュニケーションをひとつ実践しよう
    復習 Try97:イキワク活動を参考に、施策を考えさせる
    上司からの指示型では、モチベーションはあがらない。
    関連記事

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    10年1月のTry項目の棚卸し | Home | エンジニアの自己実現って何?

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する