システム手帳リフィルのバージョンアップ3

 また、エクセルマクロをいじってみました。今回のバージョンアップは、複数週間にまたがる印刷機能を追加しました。
 前回のバージョン(2.0としておきます。)では、マクロ側に複数週間の繰り返しループを追加しただけだったので、マクロを修正しないと表示週間を変更することはできませんでした。さらに印刷時には印刷範囲の指定をやりなおす必要がありました。
 ということで、今回Ver3.0では、この2つの課題を解決しました。

ウィークリーリフィルVerUp 2week

オリジナルリフィルダイアログ

<オリジナルウィークリーリフィル 前回バージョンV2.0の問題点>
・5週間分の連続表示を可能としたが、表示週間変更にはマクロの修正が必要だった。
・印刷する際には、印刷範囲の変更が必要であった。


<オリジナルウィークリーリフィル V3.1の改善点>
・ダイアログボックスに、表示週間の入力欄を追加
・入力値に応じた、複数週間の表示を可能とした
・マクロ実行後には改ページプレビュー画面になるように設定
・印刷範囲も指定した表示週間に合わせて自動設定
・印刷設定のボタンを追加 2008.10.12

※エクセルは256列の制限があるため、12週がMAXです。残念。

※10.05.04追記
オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  •  エクセルマクロは、スクリプトの記述方法やスクリプト自体がわからくても、マクロの記録を実行することで、エクセル側が教えてくれるのでなんとかなるものですね。さらに詳細はwebでチェックすればおよそ答えが見つかるし。けっこうはまると面白くなってきました。

    復習 Try27:オリジナルリフィルでシステム手帳をバージョンアップ
    表示数の設定欄を追加し、印刷範囲の自動設定に対応

     本日、自作リフィルを実際に印刷してみました。印刷してみると、気付かなかった不具合を発見。まず、月名が繰り返し出来てませんでした。これはうっかり。
     そして、印刷の際には必ず余白の微調整が必要。なので、印刷ボタンの手前に、印刷設定ボタンを追加して、プリントダイアログが表示されるように変更しました。実際に使ってみないと、気付かないことがあります。反省。

    オリジナルリフィルの印刷

    <オリジナルウィークリーリフィル V3.1の修正点>
    ・月名の繰り返し不具合を修正
    ・印刷設定ボタンを追加
    ・ボタンのタブオーダー修正
    ・年の入力セルを修正
    ・表示週のデフォルト値=1を設定


     以上の修正により、両面印刷プリンタを利用すれば、一気に印刷が可能なはずです。両面印刷プリンタが欲しくなってきました。
     ちなみに、今回は一枚ずつ裏返して印刷。これはつらいです。
    関連記事

    テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

    システム手帳のクリアポケット買い直し | Home | 非常識な成功法則は非常識なのか?

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する