最新コミットメント

記憶力に自信ありますか?

 みなさんは、記憶力に自信がありますか?

 先月に、新入社員向けの「手帳術社内セミナー」を開催しました。

  • Scheme120:手帳の使い方を学ぶ近道は、みんなで学ぶこと。何がどうして良いのか?を共有しよう。

  •  今日はほぼ同じ内容を別のメンバーへ教える場がありました。

     そこでの気づいたことがあります。

     今回教えたかったポイントは、手帳を使いこなすことによって

    安心して忘れられる

     ということです。

    記憶力に自信がありますか?


     セミナーの中で、この質問を必ずするようにしています。このとき、

    「記憶力に自信がある人は?」

     と質問しても手は挙がりません。逆に、

    「記憶力に自信がない人は?」

     と聞くと、ほとんどのひとから手が挙がります。今回もそうでした。

     でもちょっと待って!

    「誰と比べて、自信がないのですか?」

     冒頭で、「自信がない」と答えた方も考えてみて下さい。

     確かに世の中には、円周率を何千桁も覚えているというひともいます。(ちなみに私は70桁くらい覚えています。)

     周りを見渡してみると、みんな手を挙げているんです。だから自信を持って下さい。

    人間は忘れる動物

     です。記憶を頼りにする必要はありません。手帳に書けばいいんです。もう一度見れば、すぐに思い出すことができます。それで十分です。安心して忘れましょう。

    忘却曲線


     エビングハウスの忘却曲線という実験結果が有名です。

  • Wikipedia:忘却曲線

  •  人間の記憶は指数関数のように、一気になくなっていきます。一度覚えたはずの記憶は1日で74%が消えていくそうです。
     これじゃあ、「記憶に自信がない」と感じてしまうのもわかります。

     でも繰り返し見て、読むことで、その忘却曲線のカーブを緩やかにすることが可能です。

     もう一度繰り返します。

    人間は忘れる動物

     です。手帳など外部記憶を活用して、安心して忘れましょう。


    関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)