GTDで週次レビューをはじめよう

 今まで気になっていたんですが、よく理解していなかったGTD。

 この本を読んで、今までなんとなく知っていたつもりのGTDがよくわかりました。

Getting Things Done

 この言葉。日本語にするとどうなると思いますか?

「物事を実行すること??」
「To Do Listのこと??(あ、日本語じゃないし)」


 全然違いました。

 英語で3ワード。ときに、英語は少ない文字で大きな意味をもたせていることがあります。

「仕事を成し遂げる技術」

 こういう意味だったのか! 勉強になりました。

フォトリーNo.105
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
(2006/05)
デビッド アレン

商品詳細を見る


著者と訳者紹介


 著者はデビッド・アレン氏。2001年にGTDの本を出しています。そこから5年たってから「ストレスフリーの仕事術」を出版し、その後、「ストレスフリーの整理術」を出しています。この2冊は本屋でもよく平積みされていました。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
(2008/12/24)
デビッド・アレン

商品詳細を見る

 そして訳者は田口 元さん。なんとタスク管理ツールの開発者だそうです。こちらのWebツールをすでに利用されている方もいらっしゃると思います。

  • 目標管理ツール Check*Pad

  •  To Do ListをWeb上で管理しようというツールですが、そのタスクを友達と共有することもできるそうです。自分で「**をやるぞ!」と密かに思っていてもなかなか実行できないことってありますよね。

     それを友達に「**をやるぞ!」って言ってしまったら?

     なんか頭の片隅に残りますよね。「あ、あいつに言っちゃったからな・・・。」って。

     共有することで、実行率があがること間違いなしです。

    GTDとは?


     本書では、後半で「GTDの基本」という紹介があります。なので、ここを読んでから本文の仕事術のノウハウを読むことをオススメします。

     GTDには基本の5ステップがあります。

    STEP1:収集する
     いろいろ考えていること、やらなきゃいけないことをすべて書き出す。

    STEP2:処理する
     ここは行動すべきか?否か?で、ふるいにかけます。

    STEP3:整理する
     ここで行動すべき項目について、4つに分類します。(すぐやる、連絡待ち、カレンダー、プロジェクト)

    STEP4:レビューする
     分類した4つのリストを毎日あるいは毎週チェックします。

    STEP5:実行する
     カレンダーのリストについてはリマインダーを活用。このステップを実行するとストレスフリーになれる。

    ストレスフリーとは?


     ここで学んだことは「ストレスフリー」の意味です。このGTDの5ステップは1回で終わるものではなく、継続してステップのサイクルを回す必要があります。つまり習慣化しないと価値がありません。

     そこで重要なことは

    「楽しむこと」
    です。

     実はSTEP4のレビューを積み重ねていくことって「楽しい」ことなんですよね。自分で計画した項目のリストに進度があったり、うまくいかなかった項目がうまくいったり。そんな「変化」を実感できるところにこのレビューの楽しみがあります。

     そして「楽しむこと」の結果として、STEP5で

    「ストレスフリー」
    が得られるんですね。

     特に毎週のレビュー=「週次レビュー」を自分の生活プロセスに組み込んでいきたいと思いました。

     これを本日のトライ宣言にしたいと思います。

     まずは今週末から実行しよう!

    ストレスフリーの仕事術
    多ぁ望Map No.0127


  • Try229:週次レビューをプレセスに組み込もう。習慣化は楽しさから。

  • 復習 Scheme113:習慣を変えるためには、3週間の新たな試みが必要である
    復習 Try193:TwitterとTwitdoneを使ってみる
    新たなサービスを理解するのは、使ってみるのが一番はやい。
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    テクニックに走らないこと | Home | 星に願いを。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する