セミナーは繰り返すべきもの

 今日はこちらのタスク宣言の完了報告です。

  • Task79:タイムマネジメント社内セミナーを開催する

  •  今年から勉強会の活動をスタートし、アウトプットの場が広がってきました。今回開催した社内セミナーは昨年実施した自部署内でのプレゼンを別のメンバーにアウトプットしたものです。

     今回のテーマは「タイムマネジメント」です。すでにこのブログでもアウトプットしている内容を二つドッキングして実施してみました。

  • Try92:朝10分でTo Do Listを作ってから行動する。
    価値観に基づく、優先順位を決めて行動しよう。

  • Task17:手帳使いこなしセミナーを企画する 09.02.27完了

  •  今回、改めて感じたことがあります。それはセミナーは繰り返すべきもの。ということです。その理由はふたつ。

     1.講師として教えたはずが、忘れてしまっている
     2.新たなメンバーで共有すると、新たな気づきがある


  • Scheme119:セミナーは繰り返し開催すべきもの。開催するごとに新たな発見がある。

  •  「ひとに教える仕事」をしているプロの方はすごいですよね。自分で身についていることを教えるから。まだまだその域には遠いと感じた瞬間です。

    「雑談」していますか?


     セミナーのスタートはアイスブレイクから。今回もこちらの本をもう一度振り返って、アイスブレイクを実践してみました。

    チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)
    (2007/07)
    堀 公俊加藤 彰

    商品詳細を見る
     
     みなさんの職場でも定例会議や朝礼、昼例など、毎日おなじメンバーで顔を合わせることがあると思います。そこで「雑談」していますか?

     本書では「雑談」が絶滅危惧種化していると危機を唱えています。「雑談」とはアイスブレイクのひとつ。関係性を溶け込ますためのひとつのテクニックです。
     我がグループでは、毎日昼例を実施していますが、「雑談」だらけです。実はこれってチームワーク形成に一役買ってるんですよね。

     さて、今回セミナーで実施したアイスブレイクはこれ。

    「**に関する、私のGood&New」

     今までと違ったやり方を取ってみました。それはテーマを設定すること。

     セミナーの内容にあわせて、「時間」と「手帳」というテーマに設定。

     それに関連したよかったこと、新たに取り組んだことを自己紹介と合わせて発表してもらいました。こういうGood&Newもあるんだなと新たな発見でした。

    心の安らぎを得る時間管理


     まず、「時間」ってなんでしょうか?

    「時間とは出来事の連続体」

     とこちらの本で定義されています。文庫本がでましたね。

    TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (ソフトバンク文庫NF)TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (ソフトバンク文庫NF)
    (2009/11/16)
    ハイラム・W・スミス

    商品詳細を見る

     そして「出来事」には2つあります。それは

    ①コントロールできる出来事
     起床時間、服装、健康管理など
    ②コントロールできない出来事
     日の出、台風、死


     では、あなたの「仕事」はどちらですか?

     ①と②の間に位置しています。だから「仕事」は難しいんですね。

     ここでアドバイスがあります。それは、

    「自分でコントロールできない出来事に悩まないこと」

     ②に悩む時間があったら、①を見直せばいいんですね。

     次に重要なことは「価値観」です。

    「え?時間管理に価値観??」

     って最初は思ったんですが、「心の安らぎを得る時間管理」の意味はここにありました。

     それは、

    「自分の価値観に合う行動をとること」

     今回は自分の価値観を明確にするワークを含めてみました。実際に自分の価値観の優先順位を把握している人って少ないと思います。でもそれがはっきりしているひとは、心の安らぎを得ながら、タイムマネジメントもできるひとになれるんです。

     もう一度読書マップを掲載しておきます。


    多ぁ望Map No.0045


    価値観の優先順位と満足度


     私も自分の価値観をもう一度見直してみました。

     そういえばこんなタスク宣言をしていました。2ヶ月遅れですが完了報告をします。

  • Task23:価値観の満足度をチェックする(次回9/5予定)

  •  3月に実施した内容を改めて考え直してみました。これが現在の私の価値観と満足度です。10点法でつけています。

    1.主体性     9点(+1)
    2.達成感     7点
    3.楽しさ     7点(-1)
    4.貢献↑     8点(+1)
    5.チームワーク↓ 6点(-1)
    6.チャレンジング↓5点(-1)
    7.成長      7点(-1)
    8.効率      6点
    9.スピード    5点
    10.報酬     4点(+1)
    合計        64点(-1)


     総合得点は-1減っちゃいました。変化点は主体性がよりはっきりしたこと。貢献のランクがあがったことです。このあたりは「多ぁ望」のイメージが引っ張っているような気がしますね。
     今後も、ビジネスにプライベートにアウトプットを続けていきたいと思います。

     手帳パートのレポートはまた次回報告します。

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    手帳は新入社員から指導しよう | Home | 絵文字を使おう!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する