プラススパイラルワークショップ1

 この週末に実施したワークショップのレポートを書きたいと思います。

 先日紹介したように、今回のワークショップはメイン講師がすごい会議の永井さん、そしてサブ講師として私を含めた5名が開催しました。

 そしてこのワークショップに新たなプラススパイラルマスターをめざす5名の参加者が集まっていただきました。

 これは従来の努力格闘型から、坂道を下るように目標を実現していくプラススパイラル型に変革していこうとするためのワークショップです。

 そんなプラススパイラル思考を身につけようとしている方を

プラス・スパイラルメンバー(PSM)

 と呼ぶことにします。

 そして彼らにはPSMという称号とともにこのマークを使っていただきたいと思います。講師のみなさん、そして今回参加いただいたみなさん、ブログ等やっている方は、ぜひこのPSMマークを活用ください。(私もブログのどこかに貼っておこうと思います。)

プラススパイラルメンバー

プラススパイラルワークショップへの準備


 今回のイベントを開催するにあたって、次のような準備を進めてきました。

  • Task58:坂道下りながら目標実現ワークショップに参加する 8/15完了


  • Task66:「引き寄せの法則」を勉強会で教える 9/5完了


  • Scheme112:マスターマインドは理解を加速し、成長も加速してくれる。

  •  同じテーマを学んだもの同士が顔を合わせて、実体験を共有する。これがワークショップへの準備となりました。
     8月に学んだときに「3ヶ月後に講師をやろう」とは思ってもみませんでした。

     でもこれも「宇宙への注文」だったんです。それがこの週末に届けられたということですね。

    プラススパイラルへの4つのステップ


     今回のワークショップの記録をマインドマップにまとめてみました。ここでは大まかな4つのステップを紹介していきたいと思います。

    STEP1:望みを注文する

    STEP2:ひらめきを得る

    STEP3:ひらめきに従う

    STEP4:格闘から調和へ(うまくいかないことに対処する)

    オープニング(講師:永井さん、タケ坊さん)


     恒例の合意書へのサインがありました。このワークショップを受けるにあたって、本人の覚悟が必要となります。それは・・・。

    「あなたには不幸になれなくなる覚悟はありますか?」

     基本的なプラススパイラルの講義のあと、サブ講師であるタケ坊さんからの体験談が披露されました。

     印象的だった言葉はこれ。

    「Win-Win-Winの転職を引き寄せた!」

     この不況の中、タケ坊さんは自らの意志で仕事を移ることに決めました。その望みを明確に注文した結果、今の会社にも、次の会社にも、そして自分にもメリットのあるWin-Win-Winの関係を成立させた転職を引き寄せたのです。
    すばらしいプラススパイラル経験談です!

     タケ坊講師のテクニックはこれ。

    「自分の望みは、自分の声で聞くこと」

     望みの注文は「紙に書く」のが基本です。そしてその応用がボイスレコーダーで自分の声で聞くこと。これは効果が倍増します。私もやってみたいです。

    STEP1:望みを注文する(講師:あっきー


     ここでは望みの注文について学びました。ワークの中では、注文する上での注意点を実際に学び、着実な望みの形へ導いてくれました。

     さて、あっきーからの体験談は、これまたインパクトのあるものでした。

    「どん底から、這い上がり、大きな仕事をつかんだ!」

     過労で体調を崩し、仕事もできなくなってしまった時期があったそうです。その後、プラススパイラルを身につけ、健康を取り戻し、そして責任のある大きな仕事をつかんだのでした。
    すごい!プラススパイラルに乗ってる!


    プラススパイラルワークショップ
    多ぁ望Map No.0119

     つづきは、「プラススパイラルワークショップ2」で公開します。3部構成で紹介していきたいと思います。

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    プラススパイラルワークショップ2 | Home | 新たな出会い:声の芸術家相川さん

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する