モチベーションが・・・。

 今日は、このブログにふさわしくない記事を思い切って書いてみようと思います。

 なぜふさわしくないかというと・・・。

新たなチャレンジができない

 状況になってしまっているからです。

 いや、「状況」というのは間違っているかも。そういう「気持ち」あるいは「テンション」になっているということです。

 いろんな理由があるんですが、

1.新たなプロジェクトの進度がイマイチ

2.終わったはずのプロジェクトに問題が発生

3.他の業務のトラブル対応が発生


 まずこの3つの要因で、いままでのペースで仕事ができなくなってきています。

 今、感じることは

「モチベーションがダウンしている。」

 です。

 この「モチベーション」って極めて、行動に影響することを改めて実感しました。

それでもよかったこと


 さて、モチベーションの低い記事を書き始めると、さらに下がって行ってしまうので、ここで「それでもよかったこと」を見つけたいと思います。

「それでもよかった!」

 なぜ・・・・?

「モチベーションの低い自分に気づけたから。」

 プラススパイラルワークショップでは、「自分の専門家」になることを学びました。

「自分とはなにか?」

 身体が自分? じゃあ、腕がなくなったら自分は欠けるのか?

 そんなことないですよね。

 思考が自分?

 感情が自分?


 そうやって自分を分析していきます。自分の奥に存在するものは、意識です。そして意識は宇宙と繋がっています。

 あ、私は今、思考している。

 あ、私は今、感じている。

 あ、私は今、ひらめいている。


 そんな観点で、自分を見つめてみると、

「あ、今の自分は以前の仕事でトラブルがあった頃よりもモチベーションが低いな。」

 と客観的に位置づけがわかってきました。

 ここで、どうすべきか・・・。いろいろ考えてみたんですが。

「陽陰を受け入れること。」

 モチベーションが低いときに、あれこれがんばっても成果が出せません。これは流れに逆らう「もがき」だと思いました。

 そこで、この状態も受け入れてみようと思います。

モチベーションが左右する行動


 今、このブログを振り返ると、こんな気持ちが沸いてきました。

「いろいろ、よくやって来たな。自分よ。」

 モチベーションが低いと、「腰」が重くなります。なにかやろうという気持ちにならない。今までやってきた習慣をさぼりはじめる。いろんな悪影響が出てきます。

 まずは気持ちを切り替える事。きっと元のペースに戻れるときがくるはず。そんなイメージをもちながら、過去の記事を振り返ってみました。

 今日のスキーマです。

  • Scheme116:モチベーションが低いときにあれこれもがかない。そんなときも受け入れよう。

  • 復習 Try206:1日1個以上「よかった」を見つける
    どんなにつらいことにも「よかった」はある

    関連記事
    自分の声って好きですか? | Home | 成功法則と3つの真実

    コメント

    No title

    モチベーションの上がらない時って
    ありますよね?

    でも、きちんとそれに気がつけているから、
    いいですよね。

    いい時も悪い時もあるものだから、
    なんで今こうなのかな?って自分を客観的に
    見れることが必要なんだと思います。

    2009/11/20 (Fri) 15:59 | joshiben #- | URL | 編集
    勉子さん、コメントありがとうございます。

     一歩引いて、自分を見つめるのがいいかも。
     最近、ようやく身についてきた習慣です。
     これができるようになると、感情に流されたり、もがき苦しんだりすることが少なくなってきますね。

     このようにコメントいただけると、ひとつモチベーションの階段をあがれます。
     小さな一歩でも昇り続けると、理想のステップに必ずたどりつけるんだと思います。
     この記事書いてよかったなと思いました。本当に嬉しいです。ありがとうございました。

    2009/11/20 (Fri) 23:46 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する