システム手帳リフィルのバージョンアップ

 今日は、電気屋さんでプリンターを物色してきました。最近は両面印刷をサポートするようになって、オフィスの複合機に近い物が2,3万円で入手できる時代になってきています。そろそろ買い換えたいと思いつつ、今日はCanonの新製品が登場したばかりということで、購入を思いとどまりました。
 さて、なんで両面印刷が欲しくなったかというと、以前紹介したオリジナルリフィルの印刷のためです。このときは、手差しでひっくり返して印刷というのを繰り返していましたが、やっぱり面倒です。じゃあ、両面印刷ができれば解決するのか?と考えたときに、大きな問題があることに気づきました。それは・・・。

 一枚のリフィルの表と裏を印刷するためには、以前のエクセルマクロではダメなんです。これを印刷すると、

 表 月~水
 裏 木~日


つまり、見開き1週間にならないんです!

ウィークリーリフィル2week

 そこで、いろいろと以前のファイルをいじってみました。今回はかなり難航しました。前回はほとんどレイアウトの修正だけでしたが、今回は複数の週を繰り返して、セルをうめるループを追加する必要があったのです。
 マクロに詳しいわけじゃないので、デバッグモードで、順に動作をチェックしながらようやくねらいの姿にすることができました。上の画像クリックしてみてください。大きな画像が確認できます(4ページ分を表示)。
 今回のバージョンでは、5週間分(10ページ分)を表示できるように改善しました。これならば、2ページ目から9ページ目の8ページ分を両面印刷すれば、

 表:木~日
 裏:翌週の月~水


 という順番に4枚分の両面印刷ができると思います。(プリンタ買ってないので、検証はしてません。)
 また、A4サイズに4週間分を印刷するという使い方も可能だと思います。

<オリジナルウィークリーリフィル 5weekバージョン>
・5週間分の連続表示を可能としました
・"Daily To Do List", "Weekly To Do List"という文字を追加
・To Do Listのチェックマークを大きくしました
・トップのメモ欄の罫線を廃止


※10.05.04追記
オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  • 復習 Try27:オリジナルリフィルでシステム手帳をバージョンアップ
    複数の週にわたる連続印刷に対応しました
    関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    すごい会議の実践方法と分析結果 | Home | アサーティブな姿勢を身につけよう!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する