「お疲れ様」をやめてみよう。その後。

 先日、こんなトライ宣言をしました。

  • Try212:「お疲れ様でした」を使うのをやめてみよう。「ありがとうございました。」で一日を締めくくる。

  •  あれから1週間が経ちました。

     まだまだ継続してトライ中です。

     正直に言うと、こんな気持ちです。

    「習慣を変えるって、こんなに大変なのか。」

     習慣にするためには21日間必要と言われています。3週間です。

     まだまだあと2週間は続けなければ。そうすれば、状況は一転するかもしれません。

    習慣を変える難しさ


     何か新しいことにチャレンジすることは、それほど難しいことではありません。気持ちがあれば、なんでもやってみることができます。

     でもちょっと難しいポイントもあります。それはすでに習慣づいている行動を変えること。新たな試みを繰り返していけば、徐々に行動を修正することは可能です。

     そんなことを考えた理由はこれです。

    「お疲れ様でした。」

     毎日の帰宅のあいさつが身体にしみこんでいます。

     この言葉、よく考えたらちょっと変じゃないですか?

     「お疲れ様」ってどんな語源なんでしょうか。

    「お疲れになりましたね。あなた様。」

     こんな言葉の省略形でしょうか。Webで調べてみたけど、わかりませんでした。英語圏には存在しない単語ですよね。

     ここにも「お疲れ様」に違和感を感じている方がいらっしゃいました。

  • 葉桜日記「お疲れ様です」

  •  このあいさつを飲み込んで、

    「ありがとうございました。」

     と切り出します。 これはすでに「ねらい」を説明した相手には、素直に伝わってくれ連ですが、そうでない相手にはいちいち説明しなければなりません。

    「あ、これは”お疲れ様でした”の代わりに使う新しいあいさつなんです。気持ちいいですよね?」

     やっぱりみなさん、最初はかなり違和感があるようです。中には、

    「え? そうなのか。なんかドキッとしたよ。」

     こんな反応もありました。

     自分も含めて、もうちょっと素直に「ありがとう」が伝え合えたらいいなって思います。

     そのためには、あと2週間続けていこう。

  • Scheme113:習慣を変えるためには、3週間の新たな試みが必要である

  • Try212:「お疲れ様でした」を使うのをやめてみよう。「ありがとうございました。」で一日を締めくくる。

  • 復習 Task77:自分軸の融合を完了し、自分OS Ver4.0へ。仕事、家庭にもパワーネーム同等の活動を。
    復習 Try75:「ありがとう」で返事をしよう
    自分が「ありがとう」って言われたときの気持ちを思い出そう.

    復習 Try41:積極的に「笑う」姿勢を身につけよう
    「笑う」はよい空気を創り出してくれる.けっこう簡単なことだ.
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    マウスの革命:マジックマウス | Home | 貸し出し冊数は無制限。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する