え?新書オタクって何ですか??

 みなさんは「新書」読んでますか?

 私は・・・。あまり読んでいませんでした。というか、新書とか単行本とかあまり意識してませんでした。

 あと、もうひとつこんなイメージが・・・・。

「1500円のハードカバー > 800円の新書」

 実はハードカバーの単行本が後に新書版として販売されていることも多々あるんですが、やっぱりハードカバーの単行本の方が価値が高いという先入観がありました。

 でもその先入観を壊し、新たな新書の価値を教えてくれたのがこの本です。

 著者の奥野さんは自身をこう呼びます。

「わたしは、新書オタクです。」

 新書オタクって何でしょうか? 最初は全く理解できませんでした。

フォトリーNo.80
だから、新書を読みなさいだから、新書を読みなさい
(2009/09/11)
奥野 宣之

商品詳細を見る

 あ、これはマンガではありませんよ。マンガなのは表紙だけです。でもこの表紙だけで売れちゃうかも。

リアル書店の問題点


 著者の奥野さんは、以前にも紹介した「情報は1冊のノートにまとめなさい」を書いています。

  • Try104:読書マップにタグを追加し、数をこなそう。
    量が質を作る。プロとアマの差は量にある。

  •  もともと記者出身で、現在は執筆活動がメイン。今回の内容は「新書オタク」として得た読書のノウハウを紹介してくれています。

     まず現在のリアル書店の状況を認識しておくことが重要です。書店の経営を維持していくためには、「売れる本」を置く必要があります。
     現在は新刊の頻度が非常に高く、あっという間にベストセラーは変化していきます。となると、リアル書店では売れる本だけを残して、売れなかった本はどんどんなくなってしまいます。1年前の本がもはや見つからないということはめずらしくありません。

     最近はネット書店の勢いが強く、リアル書店は苦しんでいます。その結果どういうことになったかというと・・・。

    「読みたい本が置いてない状態。ベストセラーを選ぶことが本選びになってしまっている。」

     こんな状況です。ベストセラーが悪いというわけではありませんが、本当に読みたいテーマなのか、立ち止まって考えてないような気がしました。

    だから新書を読みなさい


     だから、著者は新書を勧めているんです。新書のメリットはたくさんあります。

    1.安い
    2.コンパクト
    3.ロングセラーが多い
    4.テーマが幅広い
    5.場所をとらない


     そして、著者が本書で勧めている手法は「新書ザッピング術」と呼んでいます。これは新書を用いたシントピックリーディングのことを指しています。

    1.テーマを決める
    2.新書を検索する
    3.3冊を選ぶ
    4.一気に読む
    5.自分の考えをまとめる


     安いから単行本1冊買う予算で、新書なら3冊買えるわけです。そこで自分の興味を持ったテーマ、課題として認識しているテーマを選び、それに関連した新書を選びます。
     本来テーマがあって、本を選ぶのが
     ここで3冊を次のように選ぶのがテクニック。

    ①ロングセラーかベストセラー
    ②最近の本
    ③簡単な本


     同じ著者の本は避ける。3冊読む理由は視点を固定しないため。3著者の本に触れることで、自分の考えが1著者に引っ張られないようにするためです。一気に読むのも同じ理由です。

     読んだ後に、3著者の本から自分の意見はどうなのか?を考えるところにこのシントピックリーディングの価値が出てきます。

     いくつかのテーマの「新書ザッピング術」の実例が紹介されているので、興味もった方は、ぜひ読んでみて下さい。

     私もこの手法を実践してみたいと思います。

    関連記事

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    「お疲れ様」をやめてみよう。 | Home | 発掘されたキーワード

    コメント

    No title

    こんにちは~。

    『だから新書を読みなさい』は、以前から気になっていたんです。
    新書サッピング術おもしろそう。
    フォトリーディングのシントピックリーディングみたいですね。

    私もやってみようっと♪

    2009/10/27 (Tue) 12:55 | KIMUCO #- | URL | 編集
    そうなんです。シントピックリーディングです。

    キャンディさん、コメントありがとうございます。
     新書ザッピング術の説明は、フォトリーディングのシントピックリーディングとほとんど同じです。

     でも新書というカテゴリを定義して、3冊に限定し、選び方を決めてくれているので、それに従ってやってみるのも面白いと思いました。

     今度、単行本を買いたくなったら、ちょっと思いとどまって、新書コーナーで3冊選んでみるのもいいですよね。

    2009/10/28 (Wed) 00:44 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する