ザ・シークレットつながり

 今日は本を3冊紹介します。これも私が引き寄せた3冊なのかもしれません。

 最初はこれ。こちらの記事を書いたとき、ビジネス太郎さんからこの本を紹介いただき、手に取ってみました。興味をもったキーワードは「脳の活性化」です。

  • Try207:毎日瞑想の時間をとる。今、この瞬間の真の自分を見つめよう。

  • 「脳にいいこと」だけをやりなさい!「脳にいいこと」だけをやりなさい!
    (2008/11/07)
    マーシー・シャイモフ

    商品詳細を見る

     さらに先日、「ザ・シークレット」という言葉があたまにあったせいか、この本に興味を持ち、手にしてみました。興味を持ったキーワードは「予言者」と「直感力」です。

    リアル・シークレットリアル・シークレット
    (2009/01/31)
    ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース

    商品詳細を見る

     そしてこの2冊を引き寄せたきっかけは、この本だったような気がします。
     すでにこのブログでも取り上げています。引き寄せの法則を映像化した「ザ・シークレット」。DVD、書籍ともに注目されています。

    ザ・シークレットザ・シークレット
    (2007/10/29)
    ロンダ・バーン

    商品詳細を見る

  • Scheme89:常に望みにフォーカスをあてよう。
    現実化への道は感情が教えてくれる

  •  さて、面白いのがこの3冊。つながっていたんです。私は何もしらず手に取ったんですけど・・・。

    「脳にいいことだけをやりなさい!」はザ・シークレットの著者のひとりだった


     まず「脳にいいことだけをやりなさい!」から紹介します。この本の著者はマーシー・シャイモフという女性のカリスマコーチ。
     そしてこの本の中で「ザ・シークレット」のエピソードも出てきます。なぜなら、マーシー・シャイモフさんは、ザ・シークレットの共著のひとりだからです。

     DVDの映像にも美しい女性が出てきます。チェックしてみてください。

     この本はやはり「引き寄せの法則」をベースにした内容であり、私が今まで勉強してきたことがそのまま出てきました。一度読んだことがあるかのような感覚にもなりました。
     流れに逆らうのではなく、流れに乗るための方法がわかりやすく紹介されています。

     ここで「幸せのレベル」を引用しておきます。1から順にレベルアップしていきます。

    1.不幸
    2.つかのまの幸せ
    3.外的要因による幸せ
    4.本当の幸せ(喜びを外へ)


     ここでのポイントは「幸せのレベル」はどうやって決まるか?ということです。

     答えはこれ。今日のスキーマとします。

  • Scheme106:幸せのレベルを決めるのは誰でもなく、自分である

  •  マインドマップのセントラルイメージをぜひ見て下さい。ダイヤルをひねるのは、自分です。

    脳にいいことだけをやりなさい!
    多ぁ望Map No.0112


    「リアル・シークレット」はザ・シークレットのライバルのひとりだった


     もうひとつ紹介するのが「リアル・シークレット」という本。著者のジュセリーノさんは予言者だそうです。数々の歴史上の事件や天災を予言して的中しているそうです。

     このような第6感を持っている人は実は世の中にたくさんいるらしい。そして彼らの能力を活用して、危険から回避しようという試みを行っているとのこと。

     この本でも引き寄せの法則の話が出てきます。私も引き寄せの法則を理解していくと、「直感」というものが通常の能力を超えているんじゃないかと考えることもあります。

     本書はそんな視点を与えてくれる1冊です。とても興味深い内容でした。

     さて、この本が「ザ・シークレット」とどんな関係にあったかというと・・・。

    「ロンダ・バーン氏の文章は、自分が以前に書いて送った内容だ」

     という盗作の疑いをかけて訴えているというものでした。それが「リアル・シークレット」だったというわけなのでしょうか。

     それを言ってしまうと、世の中にはそんな本はたくさんあるような気がします。せっかく興味深く読んでいたんですが、ガッカリしてしまいました。

    関連記事

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    宇宙スイッチをいれよう | Home | プラススパイラルワークショップのご案内

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する