EQを高める5ステップ

 昨日は、「鏡の法則」オーディオブックの話題を書きました。「鏡の法則」はとても感動的なストーリーです。でもストーリーに感動しただけではもったいないです。そこから学べることがたくさんあります。

 そのサポートをしてくれる本がこれ。同著者の野口嘉則さんの「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」です。コーチングと心理学をあわせたアプローチだそうです。ノートとあるように、自分で実践できるワークが含まれています。このステップを踏むことで、EQを高めていくことが可能になります。

 今日はEQという観点で、いくつかの本を含めてお話していきたいと思います。

フォトリーNo.67
幸せ成功力を日増しに高めるEQノート幸せ成功力を日増しに高めるEQノート
(2006/01/26)
野口 嘉則

商品詳細を見る

EQとは?


 EQとはEmotional Intelligence Quotient(心の知能指数)と呼ばれる従来のIQ知能指数と異なる見方です。ビジネスで必要な能力の80%を占めると言われている重要な能力です。

 でもIQと違って、測定することができません。

1.感情のコントロールができる
2.相手の微妙な感情を読み取ることができる
3.共感することができる

 こんな能力を備えたひとをEQが高いと言われます。

 ダニエルゴールドマン氏の「EQ」という本で豊富なエピソードとともに、EQという概念がわかりやすく紹介されています。

EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)
(1998/09)
ダニエル ゴールマン

商品詳細を見る


 EQはIQと違って、大人になってからでも教育することが可能です。その具体的な方法を示してくれているのが野口嘉則さんのEQノートなんです。

EQを高める5ステップ


 野口さんはEQの高さを「幸せ成功力」と呼んでいます。まず成功の定義を明確にしておきましょう。

誤:成功することで幸せをつかむ

正:幸せになることで、成功をつかむ

 前者の表現は間違っています。幸せは成功によって、もたらされるものではありません。自分が幸せになって、はじめて成功に近づくことができるんです。

 その具体的な方法は本書のノートに従って実践してみるとよくわかります。

1.望む人生のビジョンを描く
2.アタックポイントを決める
3.ビリーフを探る
4.非合理的ビリーフを弱める
5.効率的な考え方を身につける


 実は幸せになる前にブレーキをかけている思考があります。それをビリーフと呼びます。

・失敗してはならない
・負けてはならない

 こういう潜在的にきざみこまれたビリーフを書き換えていくことで、幸せ成功力が身についてくるということです。

EQとアンガーマネジメント


 さて、ここで以前紹介した「アンガーマネジメント」の内容とよく一致することに気づきました。

アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技
(2008/09)
安藤 俊介

商品詳細を見る


 アンガーマネジメントとは、「怒り」をコントロールして、そのエネルギーをプラスの方向に変換していこうという取り組みです。

 「怒り」には必ずコア・ビリーフという潜在的にきざみこまれた解釈によって、発生します。そのコア・ビリーフを書き換えていこうというのが本書に書いてあるテクニックです。

 EQノートに書いてあったものと心理学的には共通の概念を扱っていることがわかりました。

 アンガーマネジメントとは、「怒り」という感情に着目した内容であり、「恐怖」や「不安」などの感情が成功にブレーキをかける要素であると考えれば、EQノートの内容と同じなんです。

 コア・ビリーフは実際に自分でワークに取り組んでみないと見えてきません。感情に負けてしまう傾向にある方は、ぜひEQノートに取り組んでみて下さい。

 私も時間をかけてみたいと思っています。

 私にはこんなビリーフがありました。

「自分は正しい」
「自分の考えは周りに理解されている」


 こういうビリーフが潜在意識にあると、コミュニケーションに衝突が生まれます。

  • Scheme47:コアビリーフはひとそれぞれ。自分の怒りは他人には理解されない。

  •  ここで本書でとっても気に入った言葉を紹介しておきます。コミュニケーションにうまくいかなかったときに、思い出したいフレーズです。

  • ゲシュタルトの祈り

  • 私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
    私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
    そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。
    私は私。あなたはあなた。
    でも、もし偶然が私たちの心が触れあうなら、それは素敵なことだ。
    もしふれあわないとしても、それは仕方のないことだ。


    鏡の法則
    多ぁ望Map No.0111


    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    今日のGood&New! | Home | 新たな読書の時間を発見!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する