考え方をワザ化する!

 斎藤先生の思考術の本を紹介します。ここ最近、イベント続きで書籍紹介が滞っていました。

 この本のコンセプトは「ワザ化」です。ワザ化ってなんでしょうか?

 思考法のひとつを例に考えてみましょう。

「ロジカル・シンキング」

1.この言葉知っていますか?

 知っている人は多いと思います。8割くらいはいるかもしれませんね。

2.この言葉を理解していますか?

 「理解」か。MECEとかピラミッドストラクチャーとかを思い浮かべられるひとは理解していると言えるかもしれませんね。

3.この言葉、使いこなしていますか?

 ココが「ワザ化」です。会議や、プレゼンなどで自分の意見やアイデアを論理的に説得できる思考法を身につけているひとのことを指します。つまり使える知識のレベルになっているかどうかということです。ここでガクッと割合が下がってしまうんじゃないでしょうか。2割くらいに減ってしまうような気がします。

 でもここまでのレベルにあって、初めて本当の価値が得られるんです。

 本書ではさすが文学部の先生であり、「フッサールの現象学」とか「ヘーゲルの弁証法」という難しい言葉が出てきます。

 私はよく理解していませんが、それらがなくとも、考え方のワザ化を身につける方法として大変参考になる内容でした。

フォトリーNo.64
頭がよくなる思考法 天才の「考え方」をワザ化する (ソフトバンク新書)頭がよくなる思考法 天才の「考え方」をワザ化する (ソフトバンク新書)
(2009/09/17)
齋藤 孝

商品詳細を見る

現象学からの気づき


 現象学とは、いかにものごとをとらえるかという考え方。
 現象学の重要な概念に「世界に対して驚くこと」という言葉があります。子供のころ、私達は理科の実験などに「へぇー」とか「おぉ」とかいつでも驚きがあったと思います。

 さて、大人になったみなさん、

最近「へぇー」とか「おぉ」って思ったことありますか?

 「へぇー」とか「おぉ」のかわりに、「あ、そう」とか「当たり前だ」とか、こんな感覚に変わってしまっているんじゃないでしょうか。

 ここの「視点」を常に「世界に対して驚くこと」に向けているひとが「天才の考え方」をワザ化していると言えるんです。
 よく、天才アーティストなどに「子供のような」無邪気な方って多いですよね。

 「視点」で重要なことは「自分」に閉じこもらないこと。「相手」の目線でとらえる姿勢が重要とありました。この両者は極めて大きな差があります。なぜなら、

「自分」=今、現在の自分ひとり

「相手」=
 人生で出会うあらゆる人達
 出会わなくとも、メディアを通じて知る人達
 将来の自分(あらゆる可能性がある)


 という違いがあるからです。つまり「相手」の視点に立てるということは、無限の可能性を手にすることなんです。

弁証法からの気づき


 弁証法とは対話によって、ひとつのものごとを議論し、向上させていくこと。ここには「否定」によって向上させるポイントがあることを知りました。

1.未来の自分にプライドを持つ
 今の自分にプライドを持つと、成長がのぞめません。具体例ではメジャーリーグの経験豊富なラミレス選手が、まだメジャーに来て1年くらいのイチロー選手にバッティングについて質問してきたそうです。
 今の自分にプライドを持っていたら、そんなこと聞けないハズです。そうではなく、今の自分にどこか否定すべきポイントがあるかもしれない。そういう観点で、自分を見つめていくことが「未来の自分にプライドを持つ」ことだと思いました。

2.ノーに弱い人の共通点
 「私ってダメなんだ」と言うひとがいます。自己否定しているように見えます。でも上記の否定とは全く異なります。これは自己否定ではなくて、「慰めて欲しい」という自己容認の現れだということです。
 こういう人には次のような考え方が必要です。

「私ってダメなんだ」(自己容認)
 →「今の自分ではダメ」(自己否定)
 →「もっと強くならないと」(向上心)


 他にも思考術のワザ化が全部で7つ紹介されています。いろんな角度から「気づき」を与えてくれます。詳しくは本書を手に取ってみて下さい。

 このブログでも「気づき」を記録するようにしています。それって「自己否定」を見つけることなんだと思います。

「今まで、こう考えていたけど、それは違ったんだ。」

 これを繰り返していくと、理想の自分に近づけるんじゃないかと思っています。そしてその理想のゴールがどこにあるかというと・・・。

「ゴールは常に遠のいていく。学びは一生続く。」

 今日はこんな気づきが得られました。本日のスキーマとします。

関連記事

テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

ブログ書籍化サービス使ってみました! | Home | 今日のGood&New!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する