EQの高さを教えてもらった

 今日は何気なく見ていたTV番組「知っとこ」から、とっても勉強になったエピソードを紹介します。

  • 毎日放送 毎週土曜日7:30 「知っとこ」

  •  この番組の中に「こどものみかた」というコーナーがあります。子供達の希望を番組がサポートしてくれるというもの。

     毎回、心温まるテーマを取り上げてくれます。今回は弟をもつ小学生のお兄ちゃんの「願い」。それは・・・。

    「すぐにあきらめちゃう弟に自信を持たせてあげたい」

     5歳になる弟のケンシンくんは、自転車は怖くて乗れない。泳ぎもダメ。水が怖くて顔をつけられない。

     仮に自分がお兄ちゃんの立場だったら、どう考えるだろうか。

    「がんばれ、もっと練習しないとできないぞ!」

     こうやって「応援」や「指導」はしても、なかなか

    「自信を持たせてあげたい」

     とは考えられないと思います。そこで今回、このお兄ちゃんから学んだことは

    EQを高めるコミュニケーション

     です。EQについては次の記事で、紹介しました。

  • Try199:セルフサイエンスを職場に取り入れる
    EQの向上がグループIQを高める

  • チャレンジ1:自転車に乗る!


     弟のケンシンくんに最初にチャレンジしてもらったのは、補助輪のない自転車に乗ること。
     練習をはじめて3分で、泣きべそモードに突入。

    「もうできない!」

     あらら。確かにあきらめの早い子だ。
     でもここでお兄ちゃんのイッサくんの言葉にEQの高さが光ります。

    イッサくん:「大丈夫。ケンシンならできるよ。」

     自信をもたせてあげる言葉。いいですね。

     この後、再びケンシンくんは自転車にチャレンジして、何度もころんで練習を重ねます。

     そして、ちょっと乗れたときに

    イッサくん:「ケンシン、乗れたじゃん。すごいよ!」

     とべた褒め。そして一緒に喜びのダンス。二人はとっても嬉しそう、楽しそう。

    チャレンジ2:10m泳ぐ!


     次のチャレンジは水泳。でも顔を水につけるのがまずできない。これで10m泳ごうとは、大丈夫だろうか。

     まずは顔を水につけるところから訓練開始。でもやっぱりすぐに泣きべそモード。

    「もうできない!」

     再び、イッサくんの巧みな言葉でやる気を取り戻します。

     ビート板を使いながら、泳ぎの練習。イッサくんは一緒に泳いで競争します。

    イッサくん:「ケンシンすごい!僕、負けちゃうよ。」

     練習中のケンシンくんに勝たせてあげる。この心遣い。

     最後に約束の10mを泳ぎきります。再びべた褒め。喜びのダンス。

    涙!


     二つのチャレンジを見事、達成したケンシンくんには、お兄ちゃんからの暖かいプレゼントが待ってました。それは・・・。

    手作りの金メダル

     小さな頃から、こんな思いやりがある兄弟はとっても幸せ者です。自分が子供の頃にこんな気持ちは持てなかったように思います。子供の気持ちはストレートですね。涙があふれてきました。

     今回は次のようなEQの高さを教えられたエピソードでした。

     ①本人にやる気をもたせることができる
     ②できたことを一緒に喜ぶことができる
     ③勝たせてあげる
     ④相手の気持ちになれる
     ⑤相手のために時間を費やす


     この二人はきっとすばらしい大人になってくれるに違いありません。

  • Scheme98:子供からEQの高さを教えてもらう
    感情を押し込める大人よりも学ぶべき点が多い

  • 復習 Try199:セルフサイエンスを職場に取り入れる
    EQの向上がグループIQを高める
    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    「鏡の法則」が教えてくれたこと | Home | セミナー設計をもう一度。

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する