引き寄せの法則を理解する実践書

 最近、「引き寄せの法則」にはまっています。これは本当に「シークレット」なのかもしれません。

 知れば知るほど、面白くなってくる。そんなテーマです。

 この「引き寄せの法則」にはまったきっかけはこれ。

  • Task58:坂道下りながら目標実現ワークショップに参加する 8/15完了

  •  このセミナーから、多くの本と出会い、「引き寄せの法則」の理解を深めてきました。

     そして今日紹介する本は、さらにその理解を深めてくれます。

  • Scheme93:プラススパイラルマスターになるためには、節目ごとの意図確認が重要。

  •  先日、こちらの記事で「引き寄せの法則 ~エイブラハムとの対話~」について詳しく紹介しました。

     「引き寄せの法則」を活用するためには3つのステップが重要と紹介しました。

    STEP1:引き寄せの法則を認める
    STEP2:意図的な創造の法則を実践する
    STEP3:許容し可能にする法則で調和する


     なんとなく3つのステップは理解できたんですが、実際に問題に直面してみるとなかなか思うようにいかなくて悩む方も多いことと思います。

     そんなひとに向けて書かれたのがこの実践書です。

    実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう
    (2008/03/26)
    エスター・ヒックスジェリー・ヒックス

    商品詳細を見る

    3つのステップを踏んだのに・・・。


     本書の冒頭では、3つのステップを踏んだのに願いが叶わないと嘆くひとに道しるべを与えてくれるとあります。

     そのとき、問題となるのは次の2つ。

    1.受け取り方

    2.思考の波動


     これらをうまく自分で理解し、コントロールできることが望みを引き寄せるポイントになります。

    思考の波動って?


     前回、「引き寄せの法則 ~エイブラハムとの対話~」では「内なる存在」という説明がありました。これは自分の中に存在する絶対的に信頼できるもの。

     ひとは、つねに「内なる存在」と対話しながら思考しています。その思考が「内なる存在」が発する波動と一致したとき、明るい感情を感じます。逆に、一致しなかったときには暗い感情を感じることになります。

    1.内なる存在の波動

    2.自分の思考の波動


     ここで、「内なる存在」の波動は固定されたもの。真の自分が理想と考える周波数です。

     そして自分の思考の波動とは、今自分が考えていること。例えば、ある重い病気になったとき、

    「なんで、自分だけがこんな病気になるのか」

     これはいやーな感情を持ちますよね。このとき、思考の波動はネガティブな周波数になっています。内なる存在の周波数とは異なります。

     一方、こんな考え方をしてみたらどうでしょうか。

    「病気であることを知ったおかげで、健康のありがたみがわかった」

     この場合、明るい感情になります。このときは思考の波動はポジティブな周波数になっています。明るい感情になった理由は、内なる存在の周波数と一致したからなんです。

     周波数が一致しているかどうかを考える必要はありません。「感情」に聞けばいいのです。

    第六感とは?


     第六感って「虫の知らせ」とかよくわからない「勘」のようなことを指しますが、本書では「感情による知覚」と表現されていました。

     なんか妙にピンってきました。つまりこういうことですね。

    第六感=ひらめき=明るい感情に従うこと=内なる存在に一致した思考

     今日のスキーマとします。

  • Scheme95:第六感とは感情という知覚である
    明るい感情は内なる存在の波動と一致した証拠

  • 立ち止まって考えること


     本書でなるほど!っと思ったのが「許容し可能にする術のワークショップ」という部分。
     人生を幸せの川と例えます。

     人は一生懸命に流れに逆らって上流へのぼろうとします。でも、上流になにがあるのでしょうか? 上流には望むものはないと断言しています。

     実は望みは下流にあるんです。だからまずオールを捨てること。そして流れに身を任せること。

     そこで、「立ち止まって考えること」がとっても重要なんです。

     その考え方は

    1.流れに逆らう考え方か?

    2.流れに乗る考えか?

    3.内なる存在の考えか?


     このどれにあてはまるのか、ちょっと時間をとめて考えてみると、「ホッと」できると思います。

    引き寄せの法則2
    多ぁ望Map No.108



    関連記事

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    原因と結果の法則は坂道上る型? | Home | ブログ書籍化サービスをトライする

    コメント

    潜在意識との喧嘩!

    おひさしぶりです イシカワユウコです

    川の上流に向かって漕いでいると本当に苦しいですよね……
    っていうか、苦しかったです(笑)
    オールを手放すのは、ちょっと勇気が要るけれど
    年をとるにつれて、良い意味で
    諦めることができるようにもなりました。
    流されると、楽!
    わたしはデザインというオールを手放しました
    そしたら、なんだかすこし、変わってきたみたいです
    多ぁ望さんが前にブログにくださった
    メッセージのおかげでもあります
    ありがとうございます

    ただ、完全に習慣化する前に
    イメージワークの優先順位を下げてしまうのが問題です。
    習慣化がカギですよね!
    良いイメージを持つと、
    新しいことにチャレンジしやすくなるし、
    無理矢理な感じがなくなります♪
    今後も続けたいです!

    2009/09/14 (Mon) 11:24 | イシカワユウコ #R5LwmXdM | URL | 編集
    良い答えが見つかったみたいですね

    イシカワさん、コメントありがとうございます。
     自分の本当にやりたかったものが見つかるってとても幸せなことだと思います。
     それは「潜在意識との喧嘩」ではなくて、「潜在意識との対話」なんじゃないでしょうか。
     オールを手放すことで、イシカワさんの内なる存在が出す答えが見えてきたということなのかなと受け取りました。

     「良いイメージ」を描くことを習慣化したら強いですね。イメージが具体的になればなるほど、引き寄せの力が強くなります。
     私も見習いたいと思います。

    2009/09/14 (Mon) 22:26 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
    今日買いました!

    エイブラハムのほうは多ぁ望さんがプレゼンをしてくださったので、
    この実践編のほうを今日仕事帰りに買ってみました。
    そして、嘘みたいな話ですが、本屋でパッと無造作に開いたページに

    「上流にはあなたが望むものはない!」

    という言葉がありました。
    なんともまぁ素晴らしい言葉と出会うものだなと感じました。
    これから読むのが楽しみです♪

    引き続き引き寄せましょう!!

    2009/09/14 (Mon) 22:33 | ユアン #- | URL | 編集
    流れに乗ってるかどうかを感じる

    ユアンさん、コメントありがとうございます。

    「引き寄せの法則」を学んできて、最近見えてきたことがあります。
    それは、「流れに乗っているかどうか」を感じられるようになってきました。

     自分にも、他人にも。

     なんか「イライラ」しているひとや、眉間にしわをよせてがんばっているひとを見ると、「流れに逆らっているなぁ」と感じるようになってきました。

     ユアンさんは、いろんなことにがんばっているけど、無理せず流れに乗っているように見えます。
     そんながんばり方が理想ですね。

     私も気持ちの良いがんばり方をめざしていきたいです。

    2009/09/14 (Mon) 22:40 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
    そうでした

    途中で文章を変えたのに、
    タイトルがママになっておりました
    失礼しました。

    サイコサイバネティクスというのがありますが、
    あれも、引き寄せと同じです。
    「引き寄せ」と違うアプローチで、
    イマジネーションの重要性を語っています。

    怪しげなタイトルですが、面白い本なので
    おすすめです!

    それから、イメージ力は記憶力と
    非常に密接な関係があるようです
    記憶力、まったく自信がありません……

    2009/09/16 (Wed) 16:04 | イシカワユウコ #- | URL | 編集
    イシカワさん、コメントありがとうございます。

     本の紹介ありがとうございます。「サイコサイバネティクス」って洋書ですか?Amazonで検索したら洋書しか出てきませんでした。
     イメージ力って重要ですよね。

    「記憶力に自信がある」ってイメージしたら、そうなれるかもしれませんよ。

    2009/09/16 (Wed) 20:36 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
    以前も……

    同じようなご指摘をいただいたような……

    私の記憶力との格闘は
    小学生時代からなので
    自分でなんとかなるとは到底思えません……
    何しろ、友人の名前まで忘れますから。
    一時、本気でボケているのか? と思いましたが
    そういうわけでもないようです。

    なので、今年はあとひとつだけ、
    セミナーに行く予定です。

    その名もアクティブブレインセミナーです
    講師の方と知り合いになったので
    これもご縁かなと(笑)

    私の記憶力に改善がみられたら
    皆さんにもご紹介します。
    20の単語を覚えられるようになるそうです。
    にわかに信じがたいですが
    恥もなくわらにすがります(笑)

    サイコサイバネティクスの本は
    『潜在意識が答えを知っている!』
    というタイトルでした。
    きこ書房です。

    2009/09/18 (Fri) 00:08 | イシカワユウコ #- | URL | 編集
    本の紹介ありがとうございます。

     ブルーの本ですね。最近本屋に平積みされてました。今度読んでみたいと思います。自分の「潜在意識」とはうまくつきあっていきたいです。

    アクティブブレインセミナーで検索したら出てきました。

    http://www.oda-abs.com/

     会場から30の言葉をいってもらって、すべてを答えるライブパフォーマンスの動画がありました。すごいですね。

     児玉光雄さんの「ダ・ヴィンチ転脳テクニック」という本で右脳を使った記憶術が紹介されてました。文字だけみてもなかなか覚えられない単語でも絵が入ってると覚えちゃうんです。

     このようなランダムな単語の集まりもひとつのストーリーで映像を思い浮かべると覚えられるみたいですね。

     アクティブブレインセミナーのレポート楽しみにしています。
    では。

    2009/09/18 (Fri) 21:40 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する