Mac純正ソフトiWorkにサプライズ!

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。今日はこちらのタスク完了レポートです。

  • Task61:Macintoshソフトに切り替える(iWorkの購入) 8/26完了

  •  本田直之さんのプレゼン術がMacFanという雑誌に掲載されていて、その中でiWorkというAppleの純正ソフトが紹介されていました。それに一目惚れ。

     このソフトはMicrosoft OfficeのApple版に相当するようなビジネスツールです。MS-OfficeとiWorkの対応はこんな感じ。

    1.パワーポイント → KeyNote
    2.エクセル → Numbers
    3.ワード → Pages


     およそこのような対応になります。この3つが含まれて8800円。MS Officeよりも優れた点がたくさんありながらこの価格。まずその良さを確認するためにも買ってみました。

    時代を先取りしたコンセンプトにグッジョブ

     MS-Officeとひと味ちがったコンセプトを紹介したいと思います。

    iWork '09iWork '09
    (2009/01/18)
    Macintosh

    商品詳細を見る

    iWorkを買った理由


     現在の私はMacBookをこんな趣味に活用しています。

    ①勉強会などのプレゼン資料作成:パワーポイント
     スライド作成は自分のMacBookのMS-Officeで作成し、会社のパソコンへ送信して活用しています。
     互換性には一部問題がありますが、ほぼ問題なくファイルのやりとりが可能です。

    ②クラブ会報の作成(DTP):Canvas10
     クルマのクラブを2つ運営しています。そのイベント案内やクラブ会報をMacBookでDTPしています。これにはCanvas10というソフトを活用。
     でもこのソフト、IntelMacには非対応で、Canvas11からはついにMac版が廃止となっつぃまいました。涙。

    ③イベントの収支記録など:エクセル
     表計算ソフトとして、幅広く使っています。

     というわけで、今までMS-Officeを活用してきたんですが、iWork09というApple純正ソフトに興味を持ち、この機会に切り替えてみようと思い立ちました。
     実はこのソフトはMacBook標準で搭載しているiPhotoとかiTunesとかの連携がスムーズなので活用の幅も広がります。

    プレゼンソフト:KeyNote


     これはマック版のパワーポイントです。大きなシェアを誇るMS-Officeユーザーも見据えたソフトになっています。つまり、パワーポイント形式での読み書きも対応しているんです。
     これがなかったら私も買わなかったかも。

    ・iWork.comという革新的なサービス
     いろいろすごいところがたくさんあるんですけど、きりがないので詳細はこちら参照ください。特に「マジックムーブ」というスライドのトランジションがかっこいいです。

  • iWork'09 プレゼンテーションの達人

  •  今日、紹介しておきたいのはこの最新機能。まだベータバージョンのようですが、インターネットを活用してスライドを複数のメンバーでコラボレーションできそうなシステムです。

  • 仕事を共有する新しい方法

  •  実際に動かしてみました。(自分のメールアドレス同士で。)現在作成中のスライドをiWork.comにアップロードしてみました。

     すると、共有する宛先にこんなメールが届きます。指定以外の方は閲覧できません。

    iWork2

     クリックするとブラウザが起動されて、共有したいスライドが閲覧されます。こんな感じ。

    iWork1

     これで複数の指定したユーザーにスライドを見せることが可能です。でもそれだけじゃないんです。

     画面下側に黄色い四角に注目です。受け取った方はコメントをこのように記録することができます。特定のテキストや画像など自由自在に。

     そしてもうひとつは、ダウンロードするフォーマットが3つ選べること。

    ①iWork形式
    ②パワーポイント形式
    ③PDFファイル形式


     この3種類を閲覧者が選べるなら、MS-Officeユーザーともコラボできちゃいます。

     ※なお、このiWork.comのサービスを利用するためにはAppleIDが必要です。これはiTunes Storeを利用している方は、そのIDで利用可能です。

     非常に簡単に、クオリティの高いスライドがつくれるKeyNote。Macを使っている方はぜひ触っていただきたいです。

     Pages、Numbersは、次回使ったときにレポートしたいと思います。


    関連記事

    テーマ: Mac | ジャンル: コンピュータ

    引き寄せの法則を映像で理解する | Home | いろんな要素がEQでつながった

    コメント

    はじめまして

    多ぁ望さん、はじめまして!
    しののと言います。最近、多ぁ望さんのブログを読ませていただいています♪

    iWork、、、おもしろそうですね。
    普段、スライドは研究発表用の資料でしか作らないのですが、
    自分の知識の棚卸しのためにも作ってみるとおもしろいかも。
    MacBookにも興味津々です♪

    2009/08/27 (Thu) 18:21 | しのの #- | URL | 編集
    しののさん、コメントありがとうございます。

     しののさんは渡り鳥のメンバーなんですよね。はじめまして。
    第4回で、会えると嬉しいです。

     スライド作成に限るモノではないですよ。イベントの案内とかいろいろ活用の幅は広がります。

     ぜひMacにはまってみましょう!なんて。

    2009/08/27 (Thu) 21:39 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する