最新コミットメント

坂道を下りながら目標を実現するWorkshop

 今日は勉強カフェで行われたワークショップのレポートです。まずはこんな質問から。

「目標を実現するために、坂道を上る努力をしていますか?」

 私は「はい」と即答します。努力を惜しまないタイプと思っています。そんなひとってたくさんいますよね?
 でも、時々息が切れることがあります。

「目標を実現するために、坂道を下る方法があるとしたら?」

 「そんなのあるわけない」と1年前の多ぁ忙は考えたと思います。でも今の多ぁ望は違います。

「きっと、何か自分の知らないやり方があるんじゃないか?」

  • Task58:坂道下りながら目標実現ワークショップに参加する 8/15完了

  •  というわけで、本日から3回シリーズでレポートしていきたいと思います。講師は「すごいコーチ」でおなじみの永井さんです。

  • すごい会議 × 永井祐介 すごブログ

  • 1.格闘から調和へ(本日の記事)
    2.望みをデザインする
    3.ひらめきに従う


     今回のワークショップで得たスキーマがあります。それはこれ。まさに「自分の知らないやり方」でした。

  • Scheme85:サクセスストーリーに困難はつきもの。
    困難に出会ったときは、サクセスストーリーの先取りと考えよう。


  • 坂道マスターのセミナー
    多ぁ望Map No.0104

    坂道を下りながら目標を実現する方法とは?


     この言葉だけでは、どんな方法なのかも検討つきません。しかし、悪戦苦闘して目標達成に向けてがむしゃらにかんばっている人と対称的に、数々のチャンスをものにして、悪戦苦闘とはおよそ似つかわしくない成功を収めている方がいるのも事実です。

     そんな坂道を上る型(努力型)と坂道を下る型にはものごとのとらえ方、努力のポイントが大きく異なることを教えてくれました。

     坂道を下る型には次の4ステップがあります。

    <坂道を下る型>
    STEP1:望みをデザインする

    STEP2:ひらめきを得る

    STEP3:ひらめきに従う

    STEP4:格闘から調和へ(うまくいかないことに対処する)

     この4つのステップの中で努力すべきポイントはSTEP1です。STEP1は第2回でレポートします。

     これを従来の坂道を上る型にしてみるとこんな感じになると思います。

    <坂を道上る型>
    STEP1:目標を設定する

    STEP2:目標を達成するための手段を考える

    STEP3:その手段を実践する

    STEP4:目標が実現するまで悪戦苦闘して実践する

     こちらの場合の努力するポイントはSTEP3~4でよね。でもこのSTEP3~4で息切れしてしまいます。

     この2つの型には基本的な物事の判断手法に違いがありました。それは次の3つの自分です。

    1.ひらめき
    2.感情
    3.思考


     この優先順位が大きく違うんです。ここは第3回でレポートしたいと思います。

    格闘から調和へ


     一番にレポートしたかったことは、ココ。「格闘から調和へ」自分の思考、行動を切り替えていこう!ということです。

     何か問題が起きたとき、困難にぶつかったとき、あなたはどう考えるでしょうか?

    ①自分の中のエゴ:避ける、戦う、否定する、不安になる

     きっとこのように反応します。私もそうです。でもこれは自分の中のエゴが反応しているだけなんです。これが坂道上る型のあたりまえの反応です。

     ここで坂道下る型の場合は全く違った受け取り方をします。

    ②本当の自分:そのままを受け入れる、観察する、気にしない、味わう、楽しむ

     つまり「反応」しないんです。「そのままを受け入れる」のです。これが坂道下る型=調和型の対応です。

     これだけだと「そんなことできない」という思いがつのってきますが、ここで大きな気づきを得ることができました。

    「陽陰を受け入れる。どちらもうまくいっている証拠である。」

     そうなんです。人生はストーリーです。山谷がかならずあります。これがなかったら感動のない人生になってしまうんです。そこで得たスキーマがこれだったんです。

  • Scheme84:サクセスストーリーに困難はつきもの。
    困難に出会ったときは、サクセスストーリーの先取りと考えよう。

  •  よく著名な成功者は自分の人生を振り返って、自分がいかに困難な状況を経験してきたか?ということを伝えています。そのときは自分に成功がくることなんて考えられなかったと思います。
     でも坂道下る型のマスターはこう考えることができます。

    「この困難は、自分の成功のためのステップ。極めて順調だ。」

     私は自分の感情コントロールを弱点と考えています。何か自分に不都合な場面にぶつかったとき、イライラっと抑えられない感情があふれてくることがあります。
     そこで4月から「アンガーマネジメント」に関して自分の感情をコントロールできるようトライしています。

  • Try147:アンガーログを実践し、3コラムテクニックで自己分析をする

  •  この本は感情をコントロールする方法論として極めて価値ある内容でした。でも今日学んだ坂道を下る考え方はこのアンガーマネジメントの根底にあるべきものとして腑に落ちました。

     きっと坂道マスターになれたあかつきには、アンガーマネジメントは不要になれそうです。

    私のマスターマインド


     今回得られた私のマスターマインドを紹介します。5名の参加者はそれぞれ目標に向けてがんばってきた人達です。
     みんなで坂道マスターになれるようお互いを高め合っていきたいです。みなさん今後ともよろしくお願いします。そしてここで出会えたことに感謝します。

    ユアンさん:坂道を下りながら目標を達成する

    サチ(伴走コーチ幸子)さん

    あっきーさん

    たけぼうさん

     明日は第2回レポートとして「望みをデザインする」について書きたいと思います。

    1.格闘から調和へ(本日の記事)
    2.望みをデザインする(第2回の記事)
    3.ひらめきに従う(第3回の記事)


  • Task58:坂道下りながら目標実現ワークショップに参加する 8/15完了

  • Scheme85:サクセスストーリーに困難はつきもの。
    困難に出会ったときは、サクセスストーリーの先取りと考えよう。

  • 復習 Try147:アンガーログを実践し、3コラムテクニックで自己分析をする
    関連記事


    theme : 夢を叶える genre : ビジネス

    tag : セミナー受講 マインドマップ

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)