マインドマップをどこまで活かすか?

 最近、いろんなブログで取り上げられているSMAP=SimpleMappingというもの。私も今年からマインドマップにはまっているひとり。

 でも

今の自分はマインドマップを使いこなしているのか?

 と問いかけてみると、なかなかYesという答えは出せません。

 そこで、松宮さんの「シンプルマッピング」という考え方を参考にしてみました。

 これを読むと「マインドマップ」のルールの殻に閉じこもっていた自分が見えてきました。その殻から飛び出て、様々な応用を提唱しているのがSMAP=SimpleMappingなんですね。

 「マインドマップ」を使っているひとも、ぜひ参考にしてみてください。新しい使い方が見えてくると思います。

たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」
(2008/11/22)
松宮義仁

商品詳細を見る

マインドマップにはまった理由


 まずここで、なぜ自分がマインドマップにはまったのか、考えてみました。
 特に、フォトリーディングの集中講座を受けてから、「手描きマインドマップ」に目覚めています。
 今年のはじめからスタートしたマインドマップ。オープンソースのXmindというソフトを利用したマインドマップを使ってきました。
 もちろん最近でも使っていますが、読書マップは「手描き」、アイデアの整理などは「Xmind」を利用するようにしています。

 では「はまった」理由です。

1.思考を放射状に広げるので考えが広がる
2.思考の整理が早い
3.カラフルで見るのが楽しい
4.手で描くことも楽しい


 さて、現在私が利用しているマインドマップの使い道は次の3つくらい。

①読書マップ(読書メモ)
②アイデアマップ(イベント企画など)
③コンセプトマップ(オリジナルの考えの整理)


 ビジネスでも何度かトライしたことはありますが、本格的には使っていません。実は使い道を閉ざしている殻が存在したんですね。

マインドマップのルールの殻


 トニー・ブザンが開発したマインドマップにはルールがあります。
1.大きな紙に描く
2.カラフルに描く
3.イラストを使う
4.1ワード/1ブランチ


 私が「手描き」するときには、テーブルに10色のペンを用意して、A4のスケッチブックを広げて描き始めます。
 なんか、こう気合いが必要なんですよね。

 また、カラフルでイラストを加えたマインドマップはビジネスではちょっと抵抗があります。これらが「殻」として応用をさまたげていました。

殻を破るとこんな使い方がある


 本書ではそんな「殻」をとっぱらってSMAP=SimpleMappingという形で新たなマインドマップの形を提案しています。マインドマップの本流からは反れるので、マインドマップじゃない!と指摘する方もいるかもしれません。

 でもマインドマップって思考を広げるためのツールです。ルールに従うことではないはず。
 SMAP=SimpleMappingの特徴は次の通り。

1.ペンは1色
2.イラストは不要
3.きれいに描くことも不要
4.とにかくシンプル
6.サイズはA6見開きで十分


 おお。こんなんでいいんだっけ?という疑問がわきますが、それは「殻」のせいです。
 事実、本書でサンプルとして紹介されているSMAPの例は、正直に言って「きちゃない」です。そんなサンプルが、「これでいいんだ。」という印象を与えてくれます。

 この6項目を肯定すると、マインドマップの使い方が広がります。ポケットサイズのノートとペン1本で、マインドマップが使えるってことです。ちょっとしたメモに活用してきたいですね。

これからやりたいこと


 実は、最近、いろんな社外の人脈に出会い、いろんな刺激をもらっています。中にはポケットサイズのノートに、常にカラーボールペンでマインドマップを走り書きするひとなど。
 それぞれにマインドマップを使いこなしているなと思いました。

 マインドマップを楽しんでいる自分にもまだまだ活用すべき用途があると思いました。

 これからやりたいことです。

1.メモはSMAPで!
 ちょっとしたメモはこちらのノートで取っています。ここにすでにマインドマップをつかっちゃいえばいいんです。

  • Try37:メモ帳を携帯し,使いこなそう.
    アイデアは泡みたいなもの.消える前に記録しよう.

  • 2.講義メモもSMAPで!
     セミナーを受講したときのノートは、今までの直線思考になっていました。ココにもSMAPを使うべき!

    3.プレゼン資料作成
     社内でプレゼン資料を作成することが多くあるんですが、資料作成のキーとなるのが目次作りです。ここにマインドマップを活用してみたいと思います。そうすれば目次だけでなく、スライド表現にまで思考を発展させることができそうです。

    関連記事

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    会議のプロフェッショナルを呼ぶ! | Home | セミナーレポート3:コンセンサス・ワーク

    コメント

    ありがとうございます!

    ありがとうございます!
    シンプルマッピング事務局のぱーぱすさいとうです。
    丁寧な記事で取り上げていただいてうれしいです。
    お礼に参りました!
    ありがとうございます!
    事務局ぱーぱす

    2009/08/08 (Sat) 12:37 | シンプルマッピング事務局 #- | URL | 編集
    ぱーぱすさん、コメントありがとうございます。

    事務局さんからコメントいただけるとは光栄です。
     今度は「シンプルマッピング最強ノート術」についても参考にしてみたいと思っています。残念ながら、近所の本屋にはまだ置いてませんでした。

    では。

    2009/08/08 (Sat) 17:06 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する