人脈構築はまずコントリビューションから

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。最近はイベント続きだったため、ビジネス書の書評はひさびさになってしまいました。

 ということで、最近は本は読んでいるけど、アウトプットしてない状態が続いています。読書には3つのステップがあります。

STEP1:読む(インプット)
 フォトリーディングで読むと、一気にさらっと読むことができます。でもここで終えると、あっという間に記憶から消えていきます。

STEP2:マインドマップを描く(記憶の定着と思考の整理)
 読みながらマインドマップを描くのが一番効率が良いですが、なかなかできていません。気に入った本については、記憶に残しておくことも兼ねて後から描くようにしています。
 また、マインドマップを描きながら思考を整理するのもポイントです。描きながらいろんな気づきが出てきます。

STEP3:ブログに残す(アウトプット)
 そして3つ目がブログに書くこと。これはアウトプットとしての作業になりますが、私はアウトプットというよりも、気づいたことを記録しておくメモのような目的を兼ねています。そして記事には過去の内容を振り返って、関連したものを掘り起こすようにしています。そうすると、

「あ、そういえばこんなこと考えていたな。」

 というようなフィードバックがかかってきます。

 さて、今日紹介したい本は本田直之さんのレバレッジシリーズです。この本は書店の駐車場を利用したときに、駐車料金割引を利用したいという不純な動機で、さくっと選んで買ったものです。買ってから1ヶ月以上経っていましたが、読んでみると、とっても気に入りました。
 レバレッジシリーズの中でも一番のお気に入りです。

フォトリーNo.47
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

商品詳細を見る

労力のレバレッジ


 本書では、労力、時間、知識、人脈のレバレッジについて書かれています。
 まず労力のレバレッジからは、「行動」に関してインパクトをもらいました。

「人間の行動の95%は無意識で行われている」

 ということです。つまり、残りの5%が意識的に行動できる領域というわけです。ここにレバレッジをかけるポイントがあるんですね。
 チェックリストなどのツールを利用して、習慣化を心がけることで、5%だった意識的な領域を拡大していくことが可能です。
 私もこのブログをひとつのツールとして、習慣化を心がけています。これがなかったら、きっと思うような行動がとれないと思います。

時間の投資を比較する


 次に時間のレバレッジです。ここでは、スポーツ選手とビジネスパーソンの時間の投資を比較しています。これがまた、大いにインパクトを受けました。

・プロスポーツ選手の時間投資
  トレーニング:80%
  試合:20%
 これはごくあたりまえのように感じます。試合で成功をつかむために、練習にはげむ。その練習量は当然試合の時間よりも4倍以上をかけてることになります。

・ビジネスパーソンの時間投資
  自己投資:1%
  仕事:99%
 一方ビジネスパーソンは、こんなひとがほとんどじゃないでしょうか。仕事に追われて、自己投資の時間がほとんど取れない。そんな人に限って

「忙しくて、勉強する時間なんてない!」

 と嘆いています。ここにレバレッジをかけるポイントがあるんですね。24時間は万人に共通に与えられたもの。でもその使い方は千差万別。時間は創り出せるんです。
 スポーツ選手ほどでなくとも、自己投資1%という状態は脱出したいですよね。じゃないと先のセリフからは逃れられません。

 本書では自己投資の時間を天引きせよとあります。つまり時間割を決めておくということです。レバレッジシンキングの基本思想は

「DMWL=Doing More With Less」

 です。労力は少なく、成果は大きく。なのでプライベートを楽しむことも削りません。理想的な生活ですね。

 私もプライベートの時間割について考えてみたいと思います。

人脈のレバレッジ


 本書の中で、気に入ったところがこれ。人脈のレバレッジです。人脈を広げるために必要なことは何か?

「まずは、コントリビューションせよ」

 です。相手を知って、相手に貢献すること。これが人脈構築の基本です。貢献とは、人と人をつなげることもその一つ。
 オフ会などのイベントの工夫すべきポイントも紹介されていました。

 ①セグメンテーションを設定する
 ②相手を知る準備をすること(自己紹介の事前告知など)
 ③フィードバック


 これら3つが主催者側で準備されていると参加者にはとても価値ある場になるわけですね。
 私もいつか、このようなイベントを主催してみたいです。

レバレッジシンキング
多ぁ望Map No.0097


関連記事

テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

セミナーレポート1:ファシリテーションスキル | Home | 目標達成度のグラフ化スタート

コメント

Contribution!!!

多ぁ望さん、おはようございます。
いつもステキなシェアありがとうございます。

『時間の投資』と『貢献』大切ですね~。

いろいろと考えさせらることが多そうな本です。早速買ってみようっと。

オフ会についてのヒントもたくさんありそうですね。楽しみです。

2009/08/04 (Tue) 06:28 | KIMUCO #- | URL | 編集
KIMICOさん、コメントありがとうございます。

なかなかよいタイミングで、本書を読みました。まずはコントリビューションなんですね。
きっと良いヒントになると思います。

最近、感じることがあります。ブログのアウトプットの反応ってコメントだけですよね。でもリアルなアウトプットって、相手からのフィードバックがあります。これって想像以上のインプットになるんですよね。

リアルの場のアウトプットって実は大きなインプットのチャンスでもあるんです。今後もリアルなアウトプットをするチャンス見つけていきたいです。

2009/08/04 (Tue) 21:48 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
実行したいことがあります!

②で紹介していただいた、

「相手を知る準備をすること(自己紹介の事前告知など)」

これを次回の渡り鳥ではできる範囲で実行したいと思います。

参加申し込み時に、ブログをやっている方についてブログのアドレスを教えてもらおうかなと考えました。
そして事前にアドレスを公開させてもらい、リアルで会う前に相手のことをブログで知るという流れを作りたいと思います。

まだ思いつきの範囲ですが、今はアイデアをどんどん出して、少しずつまとめていきます!
素晴らしいヒントをいただきありがとうございました(^^)

2009/08/05 (Wed) 00:46 | ユアン #- | URL | 編集
申し込み時からすでにイベントは始まっている

っていうのはいかがですか?
 私はクルマのイベントを毎年主催しているんですが、Web上で申し込みしたときに一覧表示されるような仕組みを作ったことがあります。
 入力フォームに、「自分の夢」とか「貢献できること」なんて項目があったらはじまる前からワクワクできますよね。
 これならブログを持っていなくとも申込者全員のリストを作ることが可能です。他にもいろいろアイデア練ってみますね。

2009/08/05 (Wed) 21:34 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集
ワクワクしますね♪

「申し込み時からすでにイベントは始まっている」
素晴らしいアイデアだと思いました!
どうもありがとうございます(^^)

2009/08/05 (Wed) 22:46 | ユアン #- | URL | 編集
「お前は、すでに死んでいる。」

的な発想でした。古いか。
 せっかくのイベントチャンスです。ユアンさんの思いを形にしてみましょう。オンラインでの協力はいつでもOKです。

2009/08/07 (Fri) 09:00 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する