ロジカル・シンキングは難しい?

 9/23に「ロジカル・シンキングの訓練」という記事を書きましたが、そこで紹介した次の本を読み終えました。期待以上の内容でした。
 当初は難しそうな印象をもっていましたが、ロジカル・シンキング専門書ならではのロジカルな説明とわかりやすい図解によって、この難しそうな内容を読者に”なるほど”とわからせてくれます。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
(2001/04)
照屋 華子岡田 恵子

商品詳細を見る

<ロジカルな内容紹介>
目次を見ると、本書の構造がよくわかります。

1章:相手に伝える
 自分しか見えない病、にわか読心術師症候群を避けよう
  確認1:課題(テーマ)を確認する
  確認2:相手に期待する反応を確認する
 この確認を怠ると、相手に自分の言いたいことが伝わりません。

2章:説得力のない答えに共通する欠陥
 1.話の明らかな重複、漏れ、ずれ
    重複は頭の中の混乱中のサイン
    話の漏れは一点突破、全面崩壊
    話のずれはそもそもの目的やテーマから脱線をまねく
 2.話の飛びは相手の理解を拒絶させる

3章 重複、漏れ、ずれを防ぐ技術=MECE
Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive
(相互に重なり無く、漏れがない)
 1,2章ではコミュニケーションを切り口に、言いたいことを伝える要素、そして言いたいことが伝わらない欠陥を解説しています。そして3章からはどうやってその欠陥を出さずにできるのか?という内容に入ります。
 このMECE(ミッシー)という言葉は勝間さんの「新・知的生産術」でも紹介されています。おなじマッキンゼー出身者ならではのテクニックです。(ミッシーという言葉もマッキンゼーが作った概念のようです。)

4章 話の飛びをなくす技術=So What?/Why So?
 So What?(だから?)→ MECEで網羅された要素から何が言えるのか?
 Why So?(なぜそうと言える?)→ 結論に対する根拠は何か?
 この二つの言葉は結論と根拠を結ぶ矢印の方向性が異なるものです。5章の図でよくわかります。

5章 論理の基本構造
 縦の法則:So What? / Why So?
 横の法則:MECE
論理の基本構造
 要件1:結論が課題(テーマ)の答えになっている
 要件2:縦方向に結論を頂点としてSo What?/Why So?の関係が成立
 要件3:横方向に同一階層内の複数の要素がMECEな関係にある

6章 論理パターンをマスターする
 並列型:課題やテーマに対し、十分な理解度を期待できない相手、議論の余地のない相手に全体像を簡潔に伝える
 解説型:相手に自分の結論の妥当性を強調したいとき、助言をもらいたいとき、代替え案の妥当性証明
 最後の章は応用編です。論理パターンはたった二つ。これらを組み合わせて、様々な事例を二つのパターンで分析します。

 以上の構成となっています。課題提示→解決手段→応用という説明で、非常に理解しやすい内容でした。さすがマッキンゼー出身者です。

 上の論理基本構造の図は様々な場面に適用できます。ロジックストーリーにいきづまったときに、絵にしてみるとブレークスルーできると思います。

Try24:論理の基本構造を理解し,その構造図を活用しよう
縦の法則:So What? / Why So? 横の法則:MECE
関連記事

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

システム手帳のシステムアップ報告 | Home | 電話帳の廃止とデジタル化

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する