3色ボールペン術トライ結果

 久々に手帳術の話題提供です。今年も新たな手帳シーズンがやってきました。書店では2010年の手帳コーナーが設置されています。

 雑誌PRESIDENTでは昨年同様「年収2000万円の手帳術」というタイトルで書店に並んでいます。

 今、手帳に満足できてない方、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 いろんな成功者の手帳術を参考にすると、「あ、こんな使い方があったのか」という気づきが得られます。自分にあった手法は、トライ&エラーをやってみないとわからないものです。気になったものはトライしてみましょう。

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 11/2号 [雑誌]PRESIDENT (プレジデント) 2009年 11/2号 [雑誌]
(2009/10/10)
不明

商品詳細を見る


 さて、ひさしく手帳の話題を書いていなかったので今日は、私のトライ結果をレポートします。そのトライとは・・・。

  • Try181:3色ボールペンによる、スケジュールの色分けを実践しよう。書いて消せるボールペンなら、モチベーションもアップ!

  • 3色ボールペン術


     前回の3色ボールペン術では、赤、青、緑についてその区別を紹介しました。その後、私はこの消せるボールペン「フリクションボール」を使い始めて、うまく習慣化することができています。

     現在使っているのは赤、青、黒の3色。この色分けをどんな風に使っているかというと・・・。

    赤:最重要な予定
    青:興味あってやろうとしている予定
    黒:通常の予定


     こんな感じです。あ、あんまり見えませんね。ごめんなさい。

    3色ボールペン術

     そうそう、私は1週間単位でスケジュールを管理するのでこの見開きバーティカルをオリジナルリフィルを作って使っています。

  • Task22:オリジナルリフィルのマンスリースケジュールを作る 3/21完了

  •  最近、もうひとつ工夫しているのが右上のポストイットです。今週の連絡事項などをメモしておきます。自分の予定ならスケジュールに反映できるんですが、部下の仕事のチェック項目などはここにメモして、週末に確認できるようにしています。

    フリクションボールの使い心地


     さて、この消せるボールペン、なかなか気に入っています。その使い心地をレポートしたいと思います。

    パイロット フリクションボール0.5mm 三色セット(ブラック・レッド・ブルー) LFB-60EF-パイロット フリクションボール0.5mm 三色セット(ブラック・レッド・ブルー) LFB-60EF-
    ()
    パイロット

    商品詳細を見る

     使うまでは、「いつかなくしてしまうんじゃないか」という不安がありました。なぜならいつもポケットに入れているシャープペンシルをよくなくしていたからです。

     でも使い始めて4ヶ月。まだなくしていません。きっと、愛着がわいてきたからのような気がします。

     使っていくと、いろいろなメリットに気づくことができました。

    1.紙がよごれない
     鉛筆やシャープペンの場合、リフィルがこすれて真っ黒になってしまいます。それがなくなりました。

    2.躊躇することなく書ける
     ボールペンでは消せないので、気軽に書くことができません。でもフリクションボールなら大丈夫。

    3.消しゴムとは違う消し方
     鉛筆の字を消す場合、消しゴムのかすが出ます。でもフリクションボールならゴミが出ません。摩擦熱で消すからです。

    4.3色がスケジュールの優先度を見える化
     3色に意味をもたせて、予定を書き込んでいくと、その日の予定の優先順位が一目でわかるので行動しやすくなります。

     これらのメリットのおかげで、手放せない存在となってきました。だからなくすこともなくなったんじゃないかと思っています。

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ひどい会議とすごい会議 | Home | 今日のGood&New!

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する